海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >北陸 >富山 >見頃終盤!まだ間に合う!?「立山黒部アルペンルート」の紅葉スポット3選(富山県立山町)

見頃終盤!まだ間に合う!?「立山黒部アルペンルート」の紅葉スポット3選(富山県立山町)

2018年10月29日

立山黒部アルペンルートから眺める紅葉

富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」では、標高1,000メートル付近の美女平、称名滝で紅葉の絶景を楽しむことができます。また、映画『黒部の太陽』の舞台となった関電トンネル(建設当時の名称:大町トンネル)を走行する関電トンネルトロリーバスが、2018年シーズン限りでラストラン運行となるなど、紅葉の訪れとともに注目されています。絶景の紅葉を観に、「立山黒部アルペンルート」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

立山黒部アルペンルートとは!?

赤、黄、橙、緑のコントラストが美しい

立山黒部アルペンルートは、標高3,000メートル級の峰々が連なる北アルプスを貫く、総延長37.2キロメートル、最大高低差1,975メートルの山岳観光ルートです。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。

立山黒部アルペンルートでは、秋になると、平坦な道をゆっくりとトレッキングを楽しみながら、眼前に広がる色とりどりの紅葉を満喫することができます。これらの紅葉スポットの周辺には遊歩道が整備されており、ウォーキングやトレッキングの初心者、カメラ好きの方は、気軽に自然散策を楽しむことができます。

なお、2018年11月12日(月)以降、立山ケーブルカー(立山駅・美女平間)は、線路工事のため運休となります。立山駅から室堂間は、立山高原バスの直通運行となり、途中の停留所には停車しませんので注意してください。




 

紅葉の見どころ(1)美女平 ~縁結びの美女杉伝説~

木々が隆々と茂る立山黒部アルペンルート

立山ケーブルカーの美女平駅の駅舎の前にそびえる立山杉のことを、地元では美女杉と呼んでいます。この杉の根元には時代不明の石仏が安置されており、その石仏を守っているかのような姿が心を癒してくれます。

なぜ美女杉と呼ばれるようになったのか諸説あるそうです。なかでも、縁結び、恋愛成就のご利益がある伝説が有名です。立山開山の佐伯有頼の許嫁が、「美しき御山の杉よ 心あらば わがひそかなる祈り ききしや」と杉の木に向かって3回唱えたそうです。その後二人は無事結ばれたと伝えられています。

この美女杉のある辺り一帯を美女平と呼び、標高約1,000メートルに森閑とした森が広がっています。樹齢200~300年を経た立山杉やブナの原生林の巨木が、隆々と生い茂っています。美女平は森林浴の森100選にも選ばれ、遊歩道を歩けば、気軽に森林浴や野鳥観察、幹周り6メートル以上の巨木を眺めながらの散策が楽しめます。

<紅葉の見ごろ>2018年10月下旬~11月上旬

紅葉の見どころ(2)称名滝 ~念仏を唱える滝 落差日本一の名瀑~

落差日本一の名瀑、称名滝

約100,000年前に立山火山が噴火し、膨大な量の火山噴出物によって、弥陀ヶ原高原が誕生したといわれています。雄山と浄土山に源を発する浄土川が、まわりの山々の水を集めながら称名川となり、弥陀ヶ原高原を深くV字形に侵食して称名峡谷が造りだされました。それが日本一の落差350メートルの称名滝となり、4段に渡って大岩壁から一気に滝水を吐き出しています。

称名滝の名前の由来については、おもしろい説があります。立山開山の佐伯有頼が、山を登っている最中、たびたび称名念仏の声に励まされたのだそうですが、実はこれが滝の音だったというのです。流れ落ちる水量は、毎秒2トン、多い時で10トンにもなるといいます。この豪快な大瀑布が、深さ6メートル、直径60メートルもの滝壷を形成します。

称名滝は、日本の滝100選にも選定されています。滝の荘厳な姿は、竜を思い起こさせたことから、この界隈に竜が住むという民間伝承もあるといいます。また、かつては「人は近付いてはならない」といわれており、神聖な滝であったとの記録も残っています。

<紅葉の見ごろ>2018年10月下旬~11月中旬

紅葉の見どころ(3)悪城の壁 ~砦のように人を寄せ付けない崖~

高さ500メートルの絶壁

称名滝へ行く途中の称名川沿いには、長さ2キロメートル、高さ500メートルにもおよぶ溶結凝灰岩の岩壁「悪城の壁(あくしろのかべ)」があります。一枚岩盤としては日本一の大きさを誇る奇岩です。

称名滝が現在の場所に位置するまでに、約100,000年の時を要したそうです。12キロメートル以上の岩盤を削り取って後退しながら、今の姿が形成されたといわれています。悪城の壁は、"すごく恐ろしく、砦のように人を寄せ付けない崖"という意味があり、確かに堅固な城壁に見えてきます。

<紅葉の見ごろ>2018年10月下旬~11月中旬

■立山黒部アルペンルート
・URL:https://www.alpen-route.com/index.php

色づいた黒部峡谷と赤い山彦橋

いかがでしたか。世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の紅葉スポットを紹介しました。山岳に映える絶景の紅葉を観に、「立山黒部アルペンルート」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事