海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >群馬 >行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10 Part2

行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10 Part2

2019年01月22日

湖面に映える澄んだ冬の青空

旅行情報誌『じゃらん』は、「冬の絶景」についてアンケートを実施し、そのランキングの結果とともに、トップ10に選ばれた都道府県のおすすめスポットを発表しました。Part1では、つなん雪まつりや十和田湖冬物語、木曽路氷雪の灯祭りなど、ランキングの1~5位までを紹介しました。Part2では6~10位までを紹介します。『じゃらん』のランキング結果を参考に、行ってみたい冬の絶景スポットを選んでみてはいかがでしょうか。

6位:宝川温泉 汪泉閣(群馬県)

宝川温泉 汪泉閣の外観

宝川温泉 汪泉閣(群馬県)には、合計470畳にも及ぶ広大な4つの湯船を有する解放感抜群の露天風呂があります。冬になると、趣ある建物、広く眺めのよい温泉、真っ白な雪景色の3拍子が揃い、写真映え間違いありません。海外からの観光客もたくさん訪れます。

7位:貴船神社(京都府)

貴船神社の参道 ©今宮康博

貴船神社(京都府)は、しんしんと雪が降り積もる京の奥座敷で、水の神様を祀る絶景パワースポットです。本宮の参道階段から奥宮の本殿までは、見渡す限りの銀世界が広がります。寒さ厳しいなかでも、体の隅々まで清められるような雪参りができます。「水占いおみくじ」もよく当たると人気です。

8位:兼六園(石川県)

兼六園の様子 写真提供:金沢市

兼六園(石川県)は、日本三名園のひとつである林泉廻遊式の大名庭園です。日本最古といわれる噴水の音や冬鳥の鳴き声を耳に、水墨画のような世界観が広がります。なかでも、唐崎松の雪吊りは、冬の兼六園に欠かせない風物詩となっています。

8位:蒜山高原・レストラン白樺の丘(岡山県)

蒜山高原・レストラン白樺の丘の様子

毎年1月上旬から2月中旬にかけて絶景のスノーリゾートへと変貌する蒜山高原・レストラン白樺の丘(岡山県)では、二夜限りのお祭り「ひるぜん雪恋まつり」が開催されます。約1,000基のミニかまくらによるキャンドルライトアップは、各日16:00から行われ、ミニかまくら作りにも参加できます。

10位:世界遺産 白川郷(岐阜県)

世界遺産 白川郷の様子 写真提供:岐阜県白川村役場

世界遺産 白川郷(岐阜県)は、富山の五箇山とともに、世界遺産に登録される荻町の合掌造り集落です。雪に埋もれる姿は、まるで昔話の情景のようです。長く厳しい冬をいくつも乗り越えてきた、古きよき日本の暮らしを今に伝えてくれます。

いかがでしたか。旅のプロである『じゃらん』が発表した「行ってみたい冬の絶景スポットランキング」を紹介しました。なお、冬の絶景(特に雪景色)は、天候によって観られない場合もあります。最新の気象情報を確認して出かけましょう。

【関連記事】行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10 Part1('18/1/22公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース