海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >群馬 >圧巻の巨大ねぎま作り! 「下仁田ねぎ祭り2019」(群馬県甘楽郡下仁田町)

圧巻の巨大ねぎま作り! 「下仁田ねぎ祭り2019」(群馬県甘楽郡下仁田町)

2019年10月16日

毎年恒例の巨大ねぎま作り!

「下仁田ねぎ」は、群馬県甘楽郡下仁田町を中心に栽培されているブランドねぎです。太い白根が特徴で、加熱するとトロトロとした柔らかさに。鍋料理に最適なのはもちろんのこと、炒め物や天ぷらなど、筆者はスープや味噌汁、パスタの具として使用するのがお気に入りです。「下仁田ねぎ祭り」と近くのおすすめスポット「道の駅 しもにた」を紹介します。

「下仁田ねぎ祭り」とは!?

2018年の「下仁田ねぎ祭り」の様子

群馬県を代表する地域伝統野菜の「下仁田ねぎ」は、手間と時間を惜しまず地元農家たちの手によって育てられています。旬は12月ということで、最高の時期に味わえる「下仁田ねぎ祭り」には、毎年多くの人たちが訪れます。

祭り当日は、新鮮な「下仁田ねぎ」をはじめとした農産物の直売や地元の料理の販売などが行われ、焼き肉試食会やこんにゃく手作り体験など、楽しい内容が盛りだくさん。また、2019年もお笑いや音楽ライブなどのステージイベントが開催予定となっています。

「下仁田ねぎ祭り」の楽しみ方

参加者が作り焼く、巨大ねぎま作り

「下仁田ねぎ祭り」のメインイベントとして恒例の「巨大ねぎま作り」。抽選で選ばれた参加者が、およそ全長25mの長さを誇る巨大なねぎまを作るのです。参加者は横一列に並び、鶏肉と「下仁田ねぎ」を交互に刺して巨大ねぎまを作っていきます。炭火でじっくりと焼き上げたねぎまは、格別のおいしさと評判です。

ほかにも「下仁田ねぎ」をシンプルに焼いた「大名焼き」は、素材そのものの味を堪能できるのでおすすめ。ぜいたくなできたてのねぎ料理を、この機会にぜひ味わってみましょう!

■下仁田ねぎ祭り2019
・開催場所: 下仁田町こんにゃく手作り体験道場(〒370-2601群馬県甘楽郡下仁田町大字下仁田390)前広場、仲町通り
・開催日時: 2019年11月23日(土・祝)9:00〜15:00
※雨天決行、荒天中止

下仁田の名産品が充実の「道の駅 しもにた」

休憩にも立ち寄りたい「道の駅 しもにた」
新鮮な野菜が豊富に揃う店内

上信越自動車道の下仁田インターチェンジを降り、国道254号を佐久市・軽井沢方面へ車で約2分のところに位置する「道の駅 しもにた」。「下仁田ねぎ祭り」の会場からもたいへん近い場所なので、行き、または帰りに立ち寄りたい道の駅です。

2018年1月にリニューアルオープンし、販売施設やフードコートを備えて、一段と快適に過ごせるようになりました。池袋駅と別所温泉を結ぶ高速バス停留所も併設されていますので、県外から訪れる際も便利と評判です。

圧倒的な支持を誇る「神津牧場」の乳製品

どれも見逃せないものばかり♡

日本最古の洋式牧場「神津牧場」の乳製品は、「道の駅 しもにた」を訪れた際にチェックしたい逸品です。ジャージー牛から搾った貴重なミルクを使用したソフトクリーム(ミルク・モカ・ミックス)は、思わず笑顔になるおいしさ。至福のひとときを感じられることでしょう。

脂肪分・無脂固形分の高品質な「神津ジャージー牛乳」は、芳醇で濃厚な深い味わいです。ほかにも、すっきりとした後味が爽快な「神津ジャージー飲むヨーグルト」に、チーズやバターなども取り揃えています。お土産にいかがでしょうか。

■道の駅 しもにた
・住所: 〒370-2603 群馬県甘楽郡下仁田町大字馬山3766-11
・URL: http://michinoeki-shimonita.com/

いかがでしたか。一度味わうと忘れられない、印象に残るおいしさの「下仁田ねぎ」。旬の極上の味わいを確かめに、「下仁田ねぎ祭り2019」と「道の駅 しもにた」へでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー