海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >茨城 >120年以上続く「水戸の梅まつり」 偕楽園に春の訪れ(茨城県水戸市)

120年以上続く「水戸の梅まつり」 偕楽園に春の訪れ(茨城県水戸市)

2019年02月14日

この記事のもくじ

梅の名所、偕楽園

茨城県水戸市の偕楽園で開催される「水戸の梅まつり」を紹介します。120年以上の歴史がある「水戸の梅まつり」。会場となる偕楽園は、石川県金沢市の兼六園、岡山県岡山市の後楽園とともに、日本三名園のひとつに数えられる梅の名所です。広大な園内には、約100品種、約3,000本もの梅が植えられており、早咲き、中咲き、遅咲きと、長い期間にわたって観梅を楽しむことができます。

「水戸の梅まつり」とは!?

風流な野点茶会

茨城県水戸市にある偕楽園では、2019年2月16日(土)から3月31日(日)までの期間、「水戸の梅まつり」が開催されます。偕楽園では、例年、2月下旬から3月にかけて行われる「水戸の梅まつり」を皮切りに、桜、つつじ、秋には萩、初冬には二季咲桜と、たくさんの花々が季節を届けてくれます。

「水戸の梅まつり」の開催期間中は、偕楽園の雰囲気にぴったりな野点茶会をはじめ、幻想的なライトアップ、花火大会など、趣向を凝らしたさまざまなイベントが催されます。なお、偕楽園は、2015年には「近世日本の教育遺産群 -学ぶ心・礼節の本源-」として、日本の文化・伝統を守る日本遺産に認定されています。

■水戸の梅まつり
・住所:〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目
・開催期間:2019年2月16日(土)~3月31日(日)
・URL:https://www.ibarakiguide.jp/kairakuen.html

ライトアップされた偕楽園
お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース