海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >神奈川 >キャンディーといちごを味わうあま〜い1ヶ月!『CANDY SWEETS STRAWBERRY』開催!

キャンディーといちごを味わうあま〜い1ヶ月!『CANDY SWEETS STRAWBERRY』開催!

2019年02月21日

数量限定スイーツや期間限定イベントが盛りだくさん

神奈川県横浜市鶴見区の東京ストロベリーパークは、都心からもほど近く、一年中いちご狩りを楽しむことができる日本初の施設です。そんなストロベリーパークで2019年2月23日(土)から3月17日(日)の20日間に、キャンディーといちごを主役とした期間限定イベント「CANDY SWEET STRAWBERRY」が開催されます。「スイーツ作り体験」だけではなく、「ビュッフェメニュー」にもキャンディーを使用したメニューが登場するほか、いちごキャンディー掴み取り、ロリポップキャンディー型のフォトプロップス作りなど「CANDY SWEET STRAWBERRY」開催期間中だけの特別な催しが行われるのだとか。「CANDY SWEET STRAWBERRY」について紹介します。

土曜日限定 カラフル型抜きクッキー体験(ステンドグラスクッキー)

ステンドグラスクッキーは写真映えも◎

東京ストロベリーパーク内にある「STUDiO SWiTCH」では、クッキング体験を楽しむことができます。通常は形やトッピングを選んで自分だけのクッキーを作ることができますが、『CANDY SWEETS STRAWBERRY』開催中の週末はいつもとは少し違ったクッキー作りを体験することができます。

「カラフル型抜きクッキー体験」のデコレーションが「ステンドグラスクッキー作り体験」に変更するのは土曜日限定。日曜日には、いちご型のデコレーションクッキー体験がキャンディーイベント仕様のデコレーションとなるとのこと。

◆ 土曜日 カラフル型抜きクッキー体験(ステンドグラスクッキー)
◆ 日曜日 いちご型デコレーションクッキー体験(キャンディーデコレーション)
所要時間 約45分 1,000円/人(税込)

※料理体験は、ホームページでの予約者優先。

イベント期間中の限定ビュッフェ

キャンディーコットン(綿あめ)でスイーツをかわいく飾り付け

ビュッフェメニューもイベントの開催期間限定で、「特別感」が。通常のビュッフェメニューにカラフルなキャンディーコットン(綿あめ)や飴が追加されるのです。これらをフルーツポンチなどのデザートメニューに入れたり、お皿にキャンディーを添えたりすれば、写真映え抜群です。また、甘酸っぱいフルーツと、キャンディーコットンの2種類の甘みの組み合わせを楽しめます。

◆平日 11:00〜14:30入店まで
大人:2,100円 / 小学生以下:1,100円 / 3歳以下:無料
◆土日祝日  10:00〜16:30入店まで
大人:2,500円 / 小学生以下:1,300円 / 3歳以下:無料

※すべて、税込。

いちごの魅力と美味しさを研究する「ICHIGO LAB. MEETS CACAO」

たっぷり盛られたいちごを思う存分堪能できます

ガラス張りのキッチンでスイーツが生み出される様子を見ることができる「ICHIGO LAB. MEETS CACAO」は、いちごに秘められた魅力とおいしさを日々研究するラボラトリー(研究所)です。ここでは、いちごをたっぷり(約15粒分!)使用したスイーツが数量限定で登場。その名も「いちごの宝石箱(1,500円、税込)」。さくさくクッキーとキャラメルソースが味と食感の良いアクセントになっています。
※テイクアウト不可

さらに、いちごに甘いキャンディーをコーティングした「いちご飴(1粒150円、税込)」も販売されます。フルーツ感覚として、お菓子でも楽しめるリッチな一品です。

また、「イチゴキャンディー掴み取り(小学生まで無料。中学生以上は1回200円)」やオリジナルのいちごシールなどで可愛く飾り付ける「オリジナルフォトプロップス作り(参加費無料)」なども開催。なお、これらは1日1回限り参加できるとのこと。


■東京ストロベリーパーク
・住所:〒230-0053 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1
・URL: https://tokyo-strawberry-park.jp/

東京ストロベリーパークへのアクセス方法です。JR鶴見駅東口あるいは、京急鶴見駅から横浜市営バス「横浜さとうのふるさと(181系統)」行きで約15分です。

いかがでしたか。だんだん暖かい日も多くなりお出掛けに最適なこれからの季節、見た目にも華やかでおいしいキャンディーやいちごを食べに行きませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー