海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >神奈川 >TOWERS Milight 横浜みなとみらい21地区のオフィスビルが全館点灯する一夜

TOWERS Milight 横浜みなとみらい21地区のオフィスビルが全館点灯する一夜

2017年12月15日

街のイルミネーションが美しい時季になりました。クリスマスムードも手伝って、人はワクワク、街はきらびやかな光に包まれています。聖夜を間近に控え、夜景の美しい街、横浜みなとみらい21が今年で21回目を迎える光のイベントを開催します。2017年12月22日(金)に開催される「TOWERS Milight」をご紹介します。

今年で21回目を迎える「TOWERS Milight」

21回目を迎える伝統あるイベント

横浜みなとみらい21地区で開催される光のイベントは、正式名称を「TOWERS Milight(タワーズミライト)~みなとみらい21オフィス全館ライトアップ~」と言い、クリスマス直前の2017年12月22日(金)に開催されるイベントです。

1996年から実施されているこの光のイベントは、今年で21回目を迎える伝統あるイベントです。みなとみらい21地区にあるオフィスビルが全館を点灯させるという大規模なイベントで、この日だけしか観ることのできない特別な横浜の一夜が出現します。

帆船「日本丸」もライトアップ


DATA
「TOWERS Milight ~みなとみらい21オフィス全館ライトアップ~ 」
日程:2017年12月22日(金)
時間:16:30~21:30
場所:みなとみらい21地区
公式サイト

ライトアップにはグリーン電力を導入

電気の一部にこのグリーン電力を使用

21地区にあるオフィスビルが全館点灯するのにも驚きですが、このイベントでぜひともお伝えしておきたいのが「グリーン電力」です。「TOWERS Milight」は、グリーン電力を使って夜に輝くイルミネーションを演出します。

グリーン電力とは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどの自然の力を電力に変える再生可能エネルギーです。「TOWERS Milight」では使用する電気の一部にこのグリーン電力を用い、温室効果ガスの排出量を抑えています。

「西区キャンドルアート2017」は今年で10周年

地元の小学生が描いたキャンドルスタンド

「TOWERS Milight」の開催にあわせてみなとみらい21地区ではほかにもイルミネーションイベントを企画しています。今年で10周年を迎える「西区キャンドルアート2017」は、地元の小学生が描いたキャンドルスタンドが野外会場をやわらかく照らすイベントです。

みなとみらい3 横浜美術館前のグランモール公園美術の広場にて行われるこのイベントは、当日参加(先着100名)でき、観るだけでなくキャンドルスタンドを実際に設置することもできます。キャンドルスタンドにイラストやメッセージを書いて、光のツリーを完成させましょう。


DATA
西区キャンドルアート2017
日時:2017年12月23日(土) 17:00~20:00
屋外会場:グランモール公園 美術の広場
屋内会場:MARK IS みなとみらいグランドガレリア
公式サイト

ボランティアイベント「横濱キャンドルカフェ2017」

揺らめくキャンドルが幻想的

もうひとつご紹介したいのが、「横濱キャンドルカフェ2017」です。2006年から始まったこのイベントは、市民ボランティアが中心となって運営しています。揺らめく一つひとつのキャンドルが幻想的な雰囲気を作り出し、観る人の心をじんわりとあたためてくれるイベントです。


DATA
横濱キャンドルカフェ2017
日時:2017年12月22日(金)、23日(土祝)、24日(日)16:30~20:30
場所:運河パークおよびナビオス横浜周辺
公式サイト

今年のクリスマスは横浜みなとみらい21で過ごしてみてはいかがでしょうか。オフィスビルが全館点灯する「TOWERS Milight」が聖なる夜を盛りあげてくれます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事