海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >神奈川 >「箱根ナイトミュージアム」 アーティスト高橋匡太氏による光の世界

「箱根ナイトミュージアム」 アーティスト高橋匡太氏による光の世界

2018年11月06日

ライトアップされた彫刻の森美術館

「箱根ナイトミュージアム」が、2018年12月1日(土)から2019年1月6日(日)までの期間、彫刻の森美術館にて開催されます。「箱根ナイトミュージアム」は、屋外展示場と野外彫刻を活かした、光のアーティスト高橋匡太氏によるライトアップイベントです。入館者には、目の前の彫刻や風景に呼応して色が変化する提灯が無料で貸し出されます。入館者の動きによって日ごとに違った演出が楽しめる参加型のライトアップイベントです。

光のアーティスト高橋匡太氏とは

箱根・芦ノ湖から望む富士山 ©iStock

高橋匡太氏(1970年京都府生まれ、京都府在住)は、 照明や映像を巧みに操って光の可能性に挑んでいるアーティストです。越後妻有(新潟)で2011年から毎年開催されている雪アートプロジェクト《Gift for Frozen Village》、参加型のライトアップ《ひかりの実》などから、十和田市現代美術館(2008年)やワコール新京都ビル(2016年)などの常設作品まで、幅広く活躍しています。

●高橋匡太氏によるアーティスト・トーク
アーティスト高橋匡太氏が、 作品の意図やエピソードなどを説明しながら案内します。
・開催日:2018年12月1日(土)
・時間:17:00~(約30分間)
・参加費:無料

■箱根ナイトミュージアム(彫刻の森美術館)
・住所:〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
・開催期間:2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)
・URL:http://www.hakone-oam.or.jp/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事