海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >神奈川 >【フェスレポート】GREENROOM FESTIVALから見たヨコハマの「今」

【フェスレポート】GREENROOM FESTIVALから見たヨコハマの「今」

2019年06月12日

会場のエントランスもおしゃれ

5月25日・26日に横浜で開催され、大盛況で幕を閉じた「GREENROOM FESTIVAL’19」。サーフカルチャーをルーツに持ち、2005年よりスタートした ミュージック・アート・フィルムを融合させた野外フェスティバルです。今年は15回目を迎え、2日間で約12万人を動員させた(!)フェスをレポートします。

SNSでも話題! Tom Misch(トム・ミッシュ)他豪華ラインナップ

© GREENROOM FESTIVAL’19

このフェスティバルの魅力は毎年豪華なラインナップなこと。ジャズ、エレクトロニカ、ソウル、ヒップホップを融合させたスタイルで各界から高い評価を受け、世界が注目する大型新人のTom Misch(トム・ミッシュ)が2日目のトリで話題をさらいました。ここ最近、SNSで彼の名前を見ない日はないと言っても過言ではありません!今の旬のアーティストが毎年揃うのはグルーンルームフェスならでは。海の見える広々とした会場で気持ちよくライブが楽しめます。

出店ブースや来場者のファッションから横浜のトレンドが楽しめる!

赤レンガ付近でカメラを向けるとピースサインをしてくれる人多数

驚いたのは、赤レンガ付近でたくさんの出店ブースがあったこと。写真を撮るスポットも多数点在し、音楽をBGMに楽しみながらアクティビティに参加することが出来ました。ファミリーやカップルでフェスに参加している姿や、地元の仲間と一緒に思い思いの形で楽しんでいるところを見ていると、こちらまで和やかに。ファッションも海の近くの会場だからか、サーフスタイルやカラフルなワンピースを素敵に着こなしている人が多かったです。

都内のフェスでは味わえない?!伝統とモダンが融合した会場

開催日2日目の夕焼けは幻想的。SNS映えするライト照明も◎

会場内は優しいライト所々にあり、やさしく辺りを照らします。見渡すと赤レンガ倉庫や客船が見えてどこかノスタルジックな雰囲気。
都内からのアクセスも抜群で、会場近くの駅周辺は伝統的なカフェやお店もあります。来年もきっと、素晴らしいフェスの姿を見せてくれるに違いありません!

■GREENROOM FESTIVAL’19 開催概要
【イベント名】GREENROOM FESTIVAL’19   
【会場】横浜赤レンガ地区野外特設会場         
【日程】2019年 5月25日(土)・26日(日)                   
【主催・企画・制作】グリーンルームフェスティバル実行委員会
【後援】横浜市文化観光局、横浜港運協会、(⼀社)横浜港振興協会
SPACE SHOWER TV、J-WAVE、FMヨコハマ、InterFM897、TOKYO FM  
【HP】https://greenroom.jp
【SNS】Facebook : https://www.facebook.com/GreenroomFestival/
Twitter : https://twitter.com/GreenroomFes
Instagram : https://www.instagram.com/greenroomfestival/

撮影協力:北村翔子

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー