海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >「ラブ ジャパン」プロジェクト。ポテトチップスで楽しむ「地元ならではの味」

「ラブ ジャパン」プロジェクト。ポテトチップスで楽しむ「地元ならではの味」

2019年03月07日

「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクト

16道県の「地元ならではの味」を再現したポテトチップスが、2019年3月4日から販売されたという話題を紹介します。これは、カルビーによる2018年度「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトの第3弾として行われたものです。数量限定・期間限定の商品ばかり。たとえば、埼玉県の謎の豚肉料理「やきとり味」、ポテトチップスなのにビスケット味?インパクト大な高知県の「ミレービスケット味」、どこか懐かしさを感じる岩手県の「ひっつみ汁味」など注目の「地元ならではの味」を一部紹介します。

「ラブ ジャパン」プロジェクトとは?

2018年度第3弾は16道県が大集合です

2018年度の開催で2年目になる「♥ JPN(ラブ ジャパン)」は、1年間で47都道府県の「地元ならではの味」を、第1弾から第3弾までに分けて商品を開発化するというものです。

2018年度の第3弾では、16道県(北海道・岩手・宮城・茨城・埼玉・神奈川・石川・長野・三重・滋賀・兵庫・島根・徳島・高知・佐賀・宮崎)の「地元の味」が販売されています。手に入る味は都道府県のエリアによって異なるので、他のエリアに出張や旅行で行ったときのお土産にも良いかもしれません。

スーパーやコンビニはもちろん、遠方に出向くのは難しいという方には、カルビー直営店やアンテナショップでも数量限定・期間限定で販売しています。

埼玉県 鳥料理ではない?「やきとり味」

埼玉県知事の上田氏と(中央)と埼玉県のマスコット「コバトン」

パッケージには「やきとり味」と書いていますが、パッケージに書かれている説明文は「豚のかしら肉」と書かれています。矛盾しているようですが、埼玉県東松山市では豚のかしら肉の串焼きに辛い味噌だれをつけた料理のことを「やきとり」と呼ぶそうです。

豚肉のうまみと炭火の香ばしい香りが相まって大人気の「やきとり」は、東松山の駅周辺だけでも50店舗近くのお店で提供されていて、まさに地元住民のソウルフードです。

高知県 ビスケット味のポテトチップス?「ミレービスケット味」

高知県知事の尾崎氏(左から2番目)と「ミレーちゃん」

高知県民にはお馴染みのミレービスケットは、昭和30年頃から販売されています。
通常は焼いて作られることが多いビスケットですが、ミレービスケットは油で揚げて作るのが特徴です。塩気と甘味と香ばしさの3拍子が人気のロングセラー商品です。

カルビーの開発担当者は油で揚げたやさしい風味と、絶妙な塩気のバランスをとるのに苦労したそうです。

岩手県 鶏肉と根菜の旨味たっぷり「ひっつみ汁味」

岩手県知事の達増氏(右から3番目)

「ひっつみ」とは、岩手県の方言で「手で引きちぎる」と言う意味。ひっつみ汁はこねた小麦粉を薄くのばしたものを手でちぎり、季節の野菜と鶏肉と共にだしで煮込んだ料理を表すそうです。

商品開発の際には、野菜の旨味とだしの優しい味わいを意識して作られた商品です。パッケージには、囲炉裏でひっつみ汁を作っているおばあさんのイラストが描かれていて、ほっこりとした気持ちになります。

■「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクト
・URL:https://www.calbee47cp.jp/?corp_ban=top20190304

いかがでしたか。2019年3月4日から販売が開始された、「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクト第3弾のポテトチップスの一部を紹介しました。地元の慣れ親しんだ味はもちろん、普段食べる機会の少ない他県の「地元ならではの味」も挑戦してみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー