海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >チームラボの作品を体験しよう!埼玉、佐賀、東京、ソウルの展覧会

チームラボの作品を体験しよう!埼玉、佐賀、東京、ソウルの展覧会

2020年07月24日

「自立しつつも呼応する生命 - 液化された光の色, Sunrise and Sunset」

国内外で人気を集める、テクノロジーを用いた作品を発表するアーティスト集団「チームラボ」。埼玉、佐賀、東京、韓国・ソウルで行われる彼らの展覧会を紹介します(佐賀と東京はすでに開催)。幻想的な光に包まれる不思議な空間を体験してみましょう。

埼玉「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」

“ovoid”(卵形体)が森に点在しています

埼玉県所沢市にある「東所沢公園 武蔵野樹林パーク」。同園では、常設展示「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」が2020年8月1日にオープンします。

武蔵野樹林は春から夏にかけては緑の移ろい、秋から初冬にかけては紅葉の移ろいがあり、秋にはたくさんのどんぐりが見られます。
縄文時代の日本には落葉広葉樹林が広がっていました。落葉広葉樹林にはどんぐりの実がなる樹木も数多く生え、その実は縄文人にとって主要な食料でした。縄文時代、多くの人々はどんぐりという食料が豊富にある、明るく住みやすい森とともに生きていたのです。

そうしたことから得た着想によりチームラボは、武蔵野のどんぐりの森が自然の変化や来園者によって変化する光のアート空間を造りあげました。

「呼応する木々」

日の出とともに、“ovoid”(卵形体)は、周りの世界を持ち始めます。人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ、自ら立ち上がります。その周辺のovoidも次々に呼応し、同じ音色を響かせながら連続していくのです。

木々の光はそれぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅しています。

木々の光は、「自立しつつも呼応する生命 - 液化された光の色, Sunrise and Sunset」から伝播してきた光に呼応し、色を変え、色特有の音色を響かせます。その木の光は周辺の木々に次々と伝播し、音色を響かせながら連続していきます。

木々の奥から光が押し寄せてくれば、それは向こうのほうに人がいることを意味します。人々はきっと、同じ空間にいるほかの人々の存在を普段より意識することになるでしょう。

■チームラボ どんぐりの森の呼応する生命
・住所: 埼玉県所沢市東所沢和田3丁目9 東所沢公園内武蔵野樹林パーク
・会期: 2020年8月1日~常設
・開園時間: 12:00~22:00
・休園日: 毎週火曜日(祝日の場合は開園)
・料金: (昼間)月〜木 大人 500円、中高生 400円、小学生 300円、未就学児無料/金土日祝日 大人 600円、中高生 500円、小学生 400円、未就学児無料
(夜間)月〜木 大人 1000円、中高生 700円、小学生 500円、未就学児無料/金土日祝日 大人 1200円、中高生 800円、小学生 600円、未就学児無料
・アクセス: JR武蔵野線「東所沢」駅より徒歩約9分
・URL: https://www.teamlab.art/jp/e/acornforest/
・URL(前売り券販売サイト): https://kadcul.com/park
※最終入園は21:30。メインテナンスのため、夜間の部の開始前に1時間閉園予定。閉園時間は季節により変動します、詳細は公式ウェブサイトを確認してください

佐賀「チームラボ かみさまがすまう森」

「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」

毎年夏から秋にかけて、佐賀にある「九州・武雄温泉 御船山楽園」で行う森のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」と、サウナシュラン2019で日本一のグランプリを獲得したサウナ「らかんの湯」がコラボレーションしました。

「チームラボ かみさまがすまう森(2020)」

300万年続く自然と、1300年の人類の遺産に囲まれた50万平米の森と、庭園に広がるアート――。サウナで五感を呼び覚ますことで、普段の感覚では気がつかない体験を得ることができます。

御船山楽園ホテルや竹林亭の宿泊者は、無料で「らかんの湯」の大浴場を利用できます。また宿泊者以外にも、御船山楽園ホテルの「らかんの湯」の日帰り入浴と「チームラボ かみさまがすまう森」の鑑賞がセットになったチケットを1日40名限定で予約販売しています。

「廃墟の湯屋にあるメガリス」
「森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク、夏の森 」

■チームラボ かみさまがすまう森
・住所: 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100 御船山楽園
・会期: 開催中〜2020年11月8日
・開館時間: 7月22日~9月13日 19:00~22:30/9月14日~10月11日 18:00~22:30/10月12日~11月8日 17:00~22:30
・料金: 平日(8月11日~8月14日を除く)大人 1200円、中高生 800円、小学生 600円/土日祝日および8月11日~8月14日 大人 1400円、中高生 800円、小学生 600円(未就学児は無料)
・「らかんの湯」日帰り入浴とのセット料金: 4850円(大浴場入浴/サウナ利用、「チームラボ かみさまがすまう森」展覧会鑑賞チケット、フェイスタオル付き)
・アクセス: 長崎本線佐世保線「武雄温泉」駅からタクシーで約5分
・URL: https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen/
・URL(らかんの湯): https://www.mifuneyama.co.jp/hotsprings_a.html
※最終入場は22:00まで。「らかんの湯」の利用時間、セットチケットの数量などは公式ウェブサイトを確認してください

東京「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」

「空から降り注ぐ憑依する滝」

東京・豊洲にあるミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」の屋外に、新たにパブリックアート「空から降り注ぐ憑依する滝」が登場しました。

「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング 」

さらに、来場者が裸足になって水の中を歩いて体感する作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」が、今の時期だけ夏の装いに。水面にヒマワリが広がる空間を体験することができます。

「The Infinite Crystal Universe」

■チームラボプラネッツ TOKYO DMM
・住所: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
・会期: 開催中〜2022年末
・開館時間: 平日 10:00〜19:00、土日祝日 9:00〜19:00
・料金: 大人(18歳以上)3200円、大学生・専門学生 2500円、中学生・高校生 2000円、小人(4歳〜12歳)800円、シニア(65歳以上)2400円、障がい者割引 1600円
・アクセス: ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「新豊洲」駅より徒歩約1分
・URL: https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/
・URL(チームラボプラネッツ TOKYO DMM チケットストア): https://teamlabplanets.dmm.com
※最終入場は閉館の30分前まで。料金、開館時間が変更になる可能性があります。詳しくは公式ウェブサイトを確認してください

韓国・ソウル「teamLab: LIFE」

「teamLab: LIFE」に展示される作品

日本だけではなく、ソウルにある東大門デザインプラザ(DDP)でも個展を開催します。“生きる” その連続性の美しさを模索する「teamLab: LIFE」展は、2020年9月18日から2021年3月28日までの開催です。

■teamLab: LIFE
・住所: ソウル市中区乙支路281 東大門デザインプラザ/DDP デザイン展示館
・会期: 2020年9月18日〜2021年3月28日
・アクセス: http://www.ddp.or.kr/jpn/page/1096/detail?menuId=1093
・URL: https://www.teamlab.art/jp/e/ddp/
・URL(東大門デザインプラザ/DDP):   http://www.ddp.or.kr/jpn/main

チームラボのアート作品を体感してみてはいかがですか。

≫≫≫(関連記事)「埼玉県所沢市に「角川武蔵野ミュージアム」がオープン!隈研吾氏の展覧会開催」はこちら

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、オープン日時の変更や短縮営業、休館の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年7月22日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース