海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >埼玉県川口市・安行の紅葉!「興禅院」と「小林もみじ園」

埼玉県川口市・安行の紅葉!「興禅院」と「小林もみじ園」

2017年11月18日

植木の街、安行に佇む興禅院の紅葉

 数ある紅葉スポットから、かなりディープな情報になりますが、埼玉県川口市に「知る人ぞ知る」紅葉スポットがありますので紹介します。 東京に隣接する埼玉県川口市の安行地区は、「日本三大植木産地」のひとつとして、約400年の歴史を誇る「植木の町」として有名です。その安行地区にあり、地元の人にもあまり知られていないオススメ紅葉スポットの「興禅院」と「小林もみじ園」の紅葉が見ごろとなっています。

ひっそりと佇む興禅院と美しい紅葉

ひっそりと佇む興禅院と美しい紅葉

 興禅院は、曹洞宗の寺院で、1546年開創という古いお寺です。道路に面した参堂の入口から大きなイチョウの木と紅葉のトンネルが境内までつづき、とても趣があります。

「紅葉のトンネル」の入口
境内から「紅葉のトンネル」入口方向を望む風景
落ち着いて紅葉鑑賞が出来ます
墓地が併設されているので、紅葉鑑賞はマナーを守って

 門をくぐり、来た道を振り返ると、これもまた美しい・・・。ここ、京都ではなく、川口です。拝観料の無い、地元の人々がお墓参りなどをするところです。一般の墓地が併設されていますので、静かに参拝してください。ゴミのポイ捨てや大声で騒いだり、植木を傷つけたりするようなことは絶対にしないでください。

■DATA
・興禅院
住所:〒334-0058 埼玉県川口市安行領家401

赤やオレンジの紅葉のコントラストが美しい

世界の紅葉が揃う!小林もみじ園

無料で紅葉を見ることができます
道路から園内に入る「紅葉トンネル」
「紅葉トンネル」から道路方向をのぞみます
赤とオレンジと黄色と・・・

 「世界中のもみじが揃う」という、「もみじ専門業者」のもみじ園が興禅院近く(ほぼ目の前)にあります。約400種類のもみじが鑑賞でき、購入することも可能です。園内に入るのに、入園料は必要ありません。ただ、あくまでも「もみじを販売するための施設」ですから、マナーよく鑑賞してください。もみじを折るなどの行為は、絶対にやめてください。

 路線バスの走る道路から、もみじ園へ「紅葉のトンネル」をくぐっていきましょう。その入口から中へ進み、入口方向へ振り返ると・・・、そこも絶景です。赤と黄色の世界が広がります。
 メジャーではないものの、こんないい紅葉スポットが、日本にはまだまだたくさんあることでしょう。何度も言いますが、京都じゃないですよ、筆者の地元・川口です(笑)。

■DATA
・小林もみじ園
住所:〒334-0058 埼玉県川口市大字安行領家325


埼玉県 花と緑の振興センター

植木の街、安行らしいスポット
入園無料の公園です
園内を歩くと甘い香りが漂ってきて・・・
「ロウバイ」の甘い香りに心が和みます

 埼玉県立の植物園で、約2000種類以上の植物が揃います。春は梅、秋は紅葉が美しい植物園で、入園無料です。山モミジ、イロハモミジなどが紅葉します。
 この植物園は、路線バスが走る道路を挟んで2つのエリアに分かれています。一方の敷地に、「ロウバイ」が咲いていました。何だか、甘い、いい香りがするなと思ったら、可愛らしいロウバイを見つけることが出来ました。透き通るような質感のロウ細工のような小さな花びらが可愛らしく、嫌みのない芳香が特徴です。きっと、心を和ませてくれることでしょう。

■DATA
・埼玉県 花と緑の振興センター
住所:〒334-0059 埼玉県川口市安行1015

 11月中旬~11月下旬が紅葉の見頃となります。有名な紅葉スポットではありませんが、大変おススメです。「知る人ぞ知る」「通」向けのディープな紅葉情報でした。筆者の地元、埼玉県川口市へ、ぜひお越しください!

■アクセス方法
埼玉高速鉄道戸塚安行駅から徒歩15分、あるいは、戸塚安行駅から路線バス(国際興業バス)西川口駅行きで約3分の「花と緑の振興センター振興センター」バス停下車


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事