海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >埼玉県川口市安行の紅葉! 興禅院と小林もみじ園、埼玉県 花と緑の振興センター 紅葉の見頃とアクセス情報

埼玉県川口市安行の紅葉! 興禅院と小林もみじ園、埼玉県 花と緑の振興センター 紅葉の見頃とアクセス情報

2019年11月08日

植木の町、安行に佇む興禅院の紅葉

 数ある紅葉スポットから、埼玉県川口市の「知る人ぞ知る」紅葉スポットを紹介します。埼玉県川口市の安行地区は「日本三大植木産地」のひとつで、約400年の歴史を誇る「植木の町」として有名です。その安行地区にあり、地元の人にもあまり知られていないおすすめの紅葉スポット「興禅院」と「小林もみじ園」、「埼玉県 花と緑の振興センター」の紅葉の見頃、アクセス情報などを紹介します。

ひっそりと佇む興禅院と美しい紅葉

ひっそりと佇む興禅院と美しい紅葉

 興禅院は曹洞宗の寺院で、1546年開創という古い寺です。道路に面した参堂の入口から大きなイチョウともみじのトンネルが境内までつづき、とても趣があります。

「紅葉のトンネル」の入口
参道から「紅葉のトンネル」入口方向へ振り返ると・・・・・・
境内から「紅葉のトンネル」入口方向をのぞむ風景

 門をくぐり、来た道を振り返ると美しい光景が。ここ、京都ではなく、川口です。

 興禅院は拝観料が不要で、地元の人々が墓参りなどをするところです。一般の墓地が併設されているので、静かに参拝してください。ゴミのポイ捨てや大声で騒いだり、植木を傷つけたりするようなことは絶対にしないでください。

落ち着いて紅葉鑑賞ができる
墓地が併設されているので、紅葉鑑賞はマナーを守って
赤やオレンジ、紅葉のコントラストが美しい
木が成長して取り囲まれてしまった石のお地蔵様
興禅院周辺の紅葉(2018年12月2日撮影)

 墓地の中にスダジイの大木があり、その根元には高さ30cm程度の石のお地蔵様がいらっしゃいます。ただのお地蔵様ではなく、木が成長して取り囲まれてしまったのです。「抱かれ地蔵」として、訪れた人々を和ませているのだとか。

■興禅院
・住所:〒334-0058 埼玉県川口市安行領家401

世界の紅葉が揃う! 小林もみじ園

無料で紅葉を見ることができる
道路から園内に入る「紅葉トンネル」
「紅葉トンネル」から道路方向をのぞむ
赤とオレンジと黄色と・・・・・・
小林もみじ園(2018年12月2日撮影)

 小林もみじ園は「世界中のもみじが揃う」という「もみじ専門業者」のもみじ園で、興禅院近く(ほぼ目の前)にあります。約400種類のもみじが鑑賞でき、購入することも可能です。入園料は必要ありません。ただ、あくまでも「もみじを販売するための施設」のため、マナーよく鑑賞してください。もみじを折るなどの行為は、絶対にやめてください。

 路線バスの走る道路からもみじ園へ「紅葉のトンネル」をくぐります。中へ進み、入口方向へ振り返ると・・・・・・、絶景です。赤と黄色の世界が広がります。

 メジャーではないものの、こんなにすばらしい紅葉スポットが、日本にはまだまだたくさんあるのです。それも京都ではなく、筆者の地元・川口にです(笑)。

■小林もみじ園
・住所:〒334-0058 埼玉県川口市大字安行領家325


埼玉県 花と緑の振興センターの紅葉

植木の町、安行らしいスポット
入園無料の公園
園内を歩くと甘い香りが漂ってきて
「ロウバイ」の甘い香りに心が和み

 埼玉県立の植物園で、約2000種類以上の植物が揃います。春は梅、秋は紅葉が美しい植物園で、入園無料です。山モミジ、イロハモミジなどが紅葉します。

 この植物園は、路線バスが走る道路を挟んで2つのエリアに分かれています。一方の敷地に、「ロウバイ」が咲いていました。何だか、甘くて、いい香りがするなと思ったら、かわいらしい「ロウバイ」を見つけることができました。透き通るような質感で、ロウ細工のような小さな花びらがかわいらしく、嫌みのない芳香が特徴の「ロウバイ」。きっと、あなたの心を和ませてくれることでしょう。

■埼玉県 花と緑の振興センター
・住所: 〒334-0059 埼玉県川口市安行1015
・URL: https://www.pref.saitama.lg.jp/hana-midori/index.html

川口・安行の紅葉の見頃、アクセス方法は?

小林もみじ園(2018年12月2日撮影)

 埼玉県川口市安行の興禅院、小林もみじ園、埼玉県 花と緑の振興センターの紅葉の見頃は、例年11月下旬~12月上旬となります。有名な紅葉スポットではありませんが、大変おすすめです。

 次に、埼玉県川口市安行の紅葉スポットへのアクセス方法を案内します。最寄り駅は、埼玉高速鉄道(埼玉スタジアム線)戸塚安行駅で、駅からは徒歩約20分。あるいは、戸塚安行駅から路線バスの西川口駅行(JR京浜東北線西川口駅とJR武蔵野線東川口駅を結ぶ国際興業バス。1時間に1本程度の運行本数のため、事前に時刻表を確認したい)で約4分の「花と緑の振興センター」バス停で下車します。そのバス停(Google MAP)の周辺に興禅院、小林もみじ園、埼玉県 花と緑の振興センターと3つの紅葉スポットが隣接しています。なお、自動車での訪問の場合には、埼玉県 花と緑の振興センター、興禅院と小林もみじ園に数台を収容できる駐車場(無料)があります。

 「知る人ぞ知る」「通」向けのディープな紅葉情報を紹介しました。筆者の地元、埼玉県川口市へ、ぜひお越しください。

■国際興業バス
・URL: https://5931bus.com/routebus/


*初回掲載:2018年11月27日


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー