海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >2020年「芦ヶ久保(あしがくぼ)の氷柱」の見どころ・アクセス方法!ライトアップ情報も!!

2020年「芦ヶ久保(あしがくぼ)の氷柱」の見どころ・アクセス方法!ライトアップ情報も!!

2020年01月08日

壮大で美しい「あしがくぼの氷柱」

「あしがくぼの氷柱」は、2014年1月から公開がはじまった比較的新しいイベントですが、西武秩父線の芦ヶ久保駅から徒歩で行けるアクセスの良さもあって、注目を集めています。冬の秩父の風物詩となった「秩父路三大氷柱」の「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」、小鹿野の「尾ノ内渓谷氷柱」と「あしがくぼの氷柱」の中では最も「行きやすい」氷柱が「あしがくぼの氷柱」といえます。毎年1月上旬から2月下旬に見頃を迎える「あしがくぼの氷柱」の見どころやライトアップ、アクセス情報などを紹介します。

列車からも見える!幻想的な氷の世界へ

芦ヶ久保駅から徒歩約10分とアクセスしやすい

西武鉄道の池袋駅から西武秩父線(西武池袋線直通)の終点、西武秩父駅のふたつ手前にある芦ヶ久保(あしがくぼ)駅が「氷の世界」の入口となります。1ヵ所だけの駅の改札を出て左へ、看板に沿って緩やかな坂を上り・下り、「あしがくぼの氷柱」アクセスの専用遊歩道を歩くこと約10分で「氷の世界」の入口に到着します。

入口で環境整備協力金300円を支払い、西武秩父線の線路をくぐると、目の前に幻想的な「氷の世界」が広がります。

斜面を登っていくと絶景が!

整備された遊歩道を登る

「あしがくぼの氷柱」は、沢から汲み上げた水をホースやスプリンクラーで散水し、厳寒の気候で凍らせて作り出される氷柱です。約1500平方メートルの山林の斜面に、幅200m、高さ30mの規模を誇る氷柱は、厳寒の気候と地元の人たちに手によって創りだされた芸術といえるでしょう。「三十槌の氷柱」と違って、「人工」的に作られたものです。でも、寒い場所ならではの美しい光景は見るものを圧倒することでしょう。

西武鉄道と氷柱のコラボレーション!

西武線特急「レッドアロー」号が氷の世界を走り抜ける光景は、2020年で終了

「あしがくぼの氷柱」の見どころは、その至近距離を走る西武秩父線とのコラボ写真が撮影できることです。フォトジェニックなタイミングは1時間当たり、おおよそ上下線で特急2本、普通列車4本が通過する時のみとなります。列車本数がそれほど多くないので、事前に時刻表を調べておきたいものです。

また、西武鉄道の特急「レッドアロー(上の画像)」が氷の世界を走り抜ける光景が見られるのは、2020年で最後となります。「レッドアロー」が西武池袋・秩父線から引退し、2019年に登場した新型特急の「ラビュー」に一本化(2020年3月以降)されるからです。

ちなみに、2020年1月5日(日)〜2月24日(月)の開催期間中の金・土・日・祝日は、20時まで夜のライトアップも行われます。青や赤などの光で照らされた幻想的な風景もおすすめです。また、日中とライトアップ時間帯は、この付近を走る一部の西武線の列車が徐行運転を行い、列車内からも氷柱を楽しめるようにしてくれるというにくい演出も。同時に、その演出によって、列車がゆっくりと走ってくれるので、氷柱とのコラボ写真の撮影もしやすいというわけです。

「あしがくぼの氷柱」へのアクセスは?

防寒対策もお忘れなく

遊歩道の頂上付近は、ちょっとした広場となっています。焚き火と地元の「おもてなしレディ(ボランティアの皆さん)」による甘酒あるいは、横瀬産のおいしい紅茶を1杯サービスしてくれます(飲み物のサービスは16時まで)。

氷の幻想的な風景が大変すばらしく、到達難易度の低い「あしがくぼの氷柱」は、「秩父路三大氷柱」の「入門編」としてもおすすめです。

なお、普段は芦ヶ久保駅には西武線の特急列車は停車しないのですが、2020年1月10日から2月24日の金・土・日・祝日には、一部列車が臨時停車するので便利です。停車する臨時特急の時刻表などは、西武鉄道のホームページを確認しましょう。

さらに、芦ヶ久保の駅前には、「道の駅」がありますので、お土産などの購入も可能です。また、付近には「あしがくぼ果樹公園村」があります。1月から5月中旬頃まで「イチゴ狩り」もできますので、あわせて訪問してもいいでしょう。

池袋駅から西武鉄道の特急で約70分の「あしがくぼの氷柱」へ出かけてみませんか。

■あしがくぼの氷柱(歩楽~里よこぜ)
・住所: 〒368-0071 埼玉県秩父郡横瀬町芦ケ久保
・最寄駅: 西武秩父線芦ヶ久保駅
・開催期間: 2020年1月5日(日)〜2月24日(月)9:00~16:00
 ※開催期間中の金・土・日曜・祝日のライトアップ時は、20時まで
・URL: http://www.yokoze.org/

■西武鉄道「あしかくぼの氷柱」特設ページ
・URL: https://www.seiburailway.jp/guide/event-campaign-info/event/ashigakubo-hyoutyuu/index.html

※初回掲載: 2018年1月4日

・・・・・・・・・・・・・・

「あしがくぼの氷柱」の最新情報を確認してください(2020年1月10日加筆)

「あしがくぼの氷柱」は、暖冬の影響で凍った氷柱がほとんど溶けてしまいました(2020年1月9日)。このため、9:00~16:00までは無料開放となっています(「おもてなしレディ(ボランティアの皆さん)」による甘酒あるいは、横瀬産のおいしい紅茶を1杯サービスも停止)。また、それ以外の時間は会場内に立ち入りができず、当面の間はライトアップが行われません。

今後の冷え込みにより、氷柱が「成長」するなどの情勢が変わった場合には、環境整備協力金300円の発生やライトアップが再開される可能性があります。氷柱の状態などの最新情報を確認してください。

■あしがくぼの氷柱(歩楽~里よこぜ)
・URL: http://www.yokoze.org/

・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、小鹿野「尾ノ内渓谷氷柱」と「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」の様子は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、以下の各「詳細記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色い各ボタン「詳細記事はこちら」で確認してください。

つり橋とのコラボが画になる小鹿野「尾ノ内渓谷氷柱」
「天然」の氷柱が見られる「三十槌の氷柱」
お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース