海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >栃木 >あしかがフラワーパーク光の花の庭 全国イルミネーション部門2年連続第1位!

あしかがフラワーパーク光の花の庭 全国イルミネーション部門2年連続第1位!

2017年12月28日

花のイルミネーション

全国イルミネーション部門2年連続第1位になったあしかがフラワーパーク。今年はフラワーファンタジー2017。期間は10/21~2/4。夜の部は15:30~入場料は900円。大変混雑するので下記情報を。車の場合【東北自動車道より】◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行【北関東自動車道より】◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行★通常なら近隣のICから20分ぐらいですが、渋滞してるので早めに来園をおすすめします。渋滞を避ける方法は残念ながらありません。臨時駐車場(無料)が開放されてますので少々遠くても迷わず停めましょう。電車の場合。JR両毛線「富田」駅から徒歩15分。東武伊勢崎線「足利市」駅からシャトルバス(土日祝日のみ)が15:00~20:00まで1時間に一本運行してます。※特別運行日 12/25(月)、29(金)、1/2(火)、3(水)※12/25(月)、29(金)、1/2(火)、3(水)は21:30まで営業。東日本最大級の400万球を使用したイルミネーションは必見です!

光の輪を通って各エリアへ

各エリアに光の輪があります。

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしたようです。

【奇蹟の大藤】
藤色の花房をイメージした電飾が咲き広がるストーリーを演出

藤の花房をイメージした電飾
生命力!

あしかがフラワーパークのシンボルである大藤は(当時樹齢130年)前例の無い移植をし、常識を超えた日本で初めての成功例となったようです。

水辺に写る大藤

各エリアがストーリーになっている

ほのぼのとしたイルミ
みんなの地球
新スポット
フラワーキャッスル

各エリアにフォトスポットが存在し、綺麗な写真を撮る事が出来ます。
カップルで家族で皆で記念に撮影しましょう。


ピラミッドのイルミネーション

水鏡とピラミッド

フラワーパークならではの花のイルミネーション

水鏡と花のイルミ
ハピネスガーデン

やっぱりクリスマスツリー!

大きなクリスマスツリー

虹のイルミネーション

遠くから撮影

栃木県はかなり寒い・・氷点下まで下がります。防寒着は必須となります。
また、パークにはフード施設やお土産、化粧室など各施設が揃ってるので安心して見る事が出来ます。暗いのでお子さんが迷子にならないよう気を付けて下さいね。

今回の記事は一部です。
今は時期的にクリスマスですが、あしかがフラワーパークのイルミネーションの魅力は時期によりテーマが変わる事。いつ行っても楽しめるようになってます。
光の花の庭は見逃せませんね!


■あしかがフラワーパーク
〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
TEL.0284-91-4939 FAX.0284-91-4587

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事