海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >東京 >ホテル龍名館東京、新元号「令和」が名前に付く人に「平成福袋」贈呈!平成最後の日限定プラン登場

ホテル龍名館東京、新元号「令和」が名前に付く人に「平成福袋」贈呈!平成最後の日限定プラン登場

2019年04月01日

「令和」刻印入り升と、日本酒の特典

2019年4月1日、本日は日本中が注目していた新元号発表の日でした。「平成」に次ぐ248番目の元号は、万葉集の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文を典拠とした「令和」(れいわ)になりました。菅義偉内閣官房長官からの発表をもって、この新元号を記念したイベントが各地でおこなわれる模様。この度、ホテル運営の老舗「龍名館」が運営する東京駅前の、ミシュラン掲載ホテル「ホテル龍名館東京」がいち早く記念プランを実施します。

ホテル龍名館東京の外観
ホテル龍名館東京15Fロビー

ホテル運営の老舗「龍名館」が運営する東京駅前の、ミシュラン掲載ホテル「ホテル龍名館東京」は、新元号「令和」をホテルで迎える方向けの、特典付き宿泊プランを販売。

平成にブームを起こした文房具の詰め合わせ

新プランでは、本日4月1日に決定した新しい元号「令和」の漢字が、1文字でも名字や名前に入る方に、“平成福袋”をプレゼントするという内容。平成にブームを起こした、今もなお愛され続ける文房具の詰め合わせ。またプランの予約者全員の客室に、新元号を刻印したヒノキの升と、オリジナル日本酒が用意されます。

「令和」刻印入り升と、日本酒の特典

中身は、本体を上下に振って芯を出す“フレフレ機能”が話題となった平成3年発売の「ドクターグリップシャープペン」や、カドが28個あるユニークな形で使い続けても消しやすさが持続する消しゴム「カドケシ」(平成15年発売)、研究開発に30年かかった消えるボールペン「フリクションボール」(同19年発売)、針なしで紙を留めるホチキス「ハリナックス」(同21年発売)、切り離して貼れる付箋紙「ココサス」(同25年発売)の計5点です。

対象宿泊日は、平成最後の日となる4月30日(火)~「令和」の初日5月1日(水)の1泊限定。“福袋”と升、龍名館オリジナルの日本酒「一八九九」(180ml)とともに、新元号の祝杯をあげてはいかがでしょうか。

■ホテル龍名館東京
URL:http://www.ryumeikan-tokyo.jp/
住所:東京都中央区八重洲1-3-22
電話:03-3271-0971

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー