海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >東京 >表参道・原宿のイルミネーション2017 シャンパンゴールドのライトアップ!

表参道・原宿のイルミネーション2017 シャンパンゴールドのライトアップ!

2017年12月11日

表参道のイルミネーション

東京・表参道を彩る恒例のイルミネーションが開催されています。2017年は、7年ぶりに表参道全域で点灯されるとのことで、2017年12月6日に訪問しました。シャンパンゴールドの LEDが約90万球、沿道の150本のけやきの木を美しく彩っていました。2017年12月25日まで開催のイルミネーションについて、現地レポートをお届けします。

原宿(明治神宮前)駅付近のイルミネーションは?

原宿(明治神宮前)駅付近の様子

JR山手線の原宿駅(東京メトロ千代田線の明治神宮前駅と隣接)を出ると、緩やかな下り坂の大通りに出ます。ここから明治通りとクロスする神宮前交差点を経て、表参道交差点に至る約1kmの通りがイルミネーションの「会場」となります。
21時ごろに現場に到着しましたが、流石の表参道とはいえ、少し落ち着いた人通りとなっていました。かえって、落ち着いてイルミネーション鑑賞が出来るのではないでしょうか。

ラフォーレ原宿(神宮前交差点)付近のイルミネーションは?

賑わいを見せる神宮前交差点

「ラフォーレ原宿」が目の前にあり、表参道の通りと明治通りが交差する神宮前交差点付近は、この時間でも賑わいを見せています。表参道は、このまま緩やかに下りが続き、交差点を過ぎたあたりを谷に、表参道交差点へ上り道となります。

交差点の中央での撮影は困難・・・

通りのセンターライン付近から、「両岸」にシャンパンゴールドのイルミネーションを撮影したいと誰もが思うところでしょう。ただし、交通量や歩行者の多い表参道ということで、横断歩道上での立ち止まっての撮影はできません。横断歩道の両端に係員が立っていて、「立ち止まらないでくださ~い」と掛け声がかかります。立ち止まらず、歩きながらパチリ。手ブレ画像となりましたこと、ご容赦ください。

神宮前4丁目歩道橋付近のイルミネーションは?

イルミネーション中の歩道橋の利用は禁止・・・

神宮前交差点と表参道交差点の間には、2本の歩道橋があります。横断歩道の上、センターライン付近からイルミネーションを撮影したい!というのも誰もが思うところでしょう。ところが、2本の歩道橋とも、イルミネーション期間中の利用ができないようになっています。確かに、多くの見物客が殺到して、事故に繋がりかねないですから仕方のないことです。よって、「表参道イルミネーション」の公式サイトなどにある「イメージ画像」のような写真の撮影はできません。

「表参道ヒルズ」付近の様子
21:30頃にもなると、歩道も落ち着いた風情に・・・
華やかさを増す「表参道ヒルズ」付近
イルミネーションもまもなく終点

表参道交差点付近のイルミネーションは?

センターライン付近から撮影したかのような場所を発見

21:40、約1kmのイルミネーションをゆっくり歩きながら撮影して、終点の青山通りに接する表参道交差点に着きました。ここでも当然、係員が待機していて、センターライン付近の横断歩道の途中での立ち止まっての撮影はできません。「どうしたものか・・・」。
表参道の通りを背にして、青山通りを渡ったところに、よさそうなスポットがあります。表参道の大通りが片道2車線なのに対し、青山通りを越えると片道1車線の道路となってクロスしています。この1車線分の違い分、歩道が「せり出す」かたちになっているので、上のような画像が撮影できました。ここなら、係員から「立ち止まらないでください!」といわれることはありません。歩道ですから・・・。ただし、青山通りは当然車の交通量が多いので、車に遮られないようにタイミングを見計らう必要があります。

表参道のイルミネーションは、12月25日までです。シャンパンゴールドに輝く、ゴージャスなライトアップへ出かけてみてはいかがでしょうか。


■表参道イルミネーション2017
公式サイト

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事