海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >東京 >【速報】今が見頃!大田黒公園の紅葉ライトアップ2017(東京都杉並区)

【速報】今が見頃!大田黒公園の紅葉ライトアップ2017(東京都杉並区)

2017年11月30日

ライトアップの紅葉が水鏡に・・・

 東京都杉並区の荻窪にある「大田黒公園」の2017年11月27日(水)時点の紅葉をレポートします。前日の11月26日にテレビ朝日系『報道ステーション』でライトアップの中継が放映された影響もあってか、多くの紅葉狩り客で賑わっておりました。日本庭園周辺を中心に、紅葉がちょうど見頃を迎えていました。12月3日(日)あたりまで見頃かと思われます。JR中央線・東京メトロ丸の内線荻窪駅の南口から徒歩10分、閑静な住宅地にある庭園です。フォトジェニックな紅葉で、ライトアップ時の訪問がおススメです。

大田黒公園の園内に入ると・・・

目の前に日本庭園と紅葉の赤が艶やかに
順路に沿って歩いていくと
水鏡の紅葉
通路に紅葉の陰が・・・
『報道ステーション』で森川アナウンサーが中継した橋・・・

入口から管理事務所棟を背にして、池の方向に順路に沿って歩いていきましょう。混雑のため一方通行になっている通路を進むと、池に流れ込むせせらぎがあります。緩いながらも高低差を利用した流れが庭園内に取り入れられています。

メインの池周辺と「あずま屋」からの絶景!

園内には60本の紅葉が・・・
紅葉にのみ光が当たるような絶妙な光加減です

 メインイベントとなる大きめの池にセリ出すように、「あずま屋」が建っています。そこから池を眺めると、水面に背後の紅葉が映る絶景が広がっていました。前日の『報道ステーション』では、メインキャスターの富川悠太アナウンサーが、お天気コーナーの森川夕貴アナウンサーに「池に小石を投げてみてください。波紋が広がるのが好きなので」と言っていましたが、私は、波紋のない、くっきりとした水鏡が好きです。ただ、小石を投げなくても水面に波紋が広がることがあります。池の鯉が呼吸をしたり、飛び跳ねたりするからです。この日は暖かで、風もなく、コイの邪魔が入りながらも美しい水鏡を見ることができました。

池のコイの邪魔が入って、水面に波紋が・・・
「あずま屋」横の紅葉は、黄色
池側から管理事務所方向の紅葉
池の方向から「記念館」の方向へ歩いていくと・・・

管理棟と記念館は?

管理棟には、自動販売機とトイレがあります
生前の大田黒氏が愛用したピアノが置かれた洋間はガラス越しに
枯山水と紅葉と・・・

 この庭園は、音楽評論家の大田黒元雄氏(1910-1979年)の屋敷があったところです。大田黒氏は、86歳でなくなるまで、この屋敷で音楽活動をされていました。この公園は、敷地の3割を公園にしてほしいという遺言で、ご遺族から杉並区に寄付されたものです。数寄屋造りの茶室や氏の仕事部屋が記念館として保存されています。昭和8年に建築されたという記念館は、西洋風で、室内にはスタインウェイ社のピアノなどが展示されていますので、窓越しに見学することができます。
 また、中庭には枯山水と灯篭と紅葉という、フォトジェニックな光景も見ることができます。

大田黒公園へのアクセスは?

入口からは70mの銀杏並木がお出迎え

 大田黒公園は、JR中央線・東京メトロ丸の内線の荻窪駅南口から商店街や住宅地を抜けたところにあります。駅から徒歩10分ほどです。
 正門は、総檜の切妻づくりで、閑静な住宅地の中の大木がしげるところにひっそりと、でも凛とした佇まいです。その入口から紅葉の見られる池方向につづく70mの通路の両端は、銀杏並木となっていて、こちらも黄色が綺麗にライトアップされています。まるで、違う世界に入っていくような厳粛な雰囲気もあります。

 はじめて訪問しましたが、こんなにすばらしいところがあることに驚きました。入園料が無料というのも驚きです。昼間に訪問していないのですが、ライトアップの紅葉が「絶品」でした。今後の天候次第ですが、今週末まで見頃がつづくと思われますので、今シーズン最終盤の紅葉狩りはいかがでしょうか。おススメです。


■DATA
・杉並区立大田黒公園
公式サイト

■あわせて読みたい
【速報】今が見頃!新宿御苑の紅葉2017(東京都新宿区)

【速報】今が見頃!大山寺・大山阿夫利神社下社の紅葉2017(神奈川県)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事