海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >東京 >「旅」を切り口にキャリアアップ!話題のプロジェクトを紹介

「旅」を切り口にキャリアアップ!話題のプロジェクトを紹介

2019年04月18日

「旅」を切り口にグローバル人材を育成するプロジェクト「POOLO」

旅行イベントなどを展開するTABIPPOは「旅」を切り口にグローバル人材を育成するプロジェクト「POOLO」を立ち上げました。第1期生として若年層の男女200人を集めてコミュニティーを立ち上げて、6月から育成プログラムを開始します。今回は4月上旬に開催された説明会の様子をお届け。

「旅」を切り口にグローバル人材を育成するプロジェクト「POOLO」

「POOLO」の説明をする株式会社TABIPPOの清水直哉さん

「POOLO」とは、株式会社TABIPPOがスタートしたマーケティングや観光立国論、起業に向けた活動など32項目のカリキュラムを用意し、受講者には好きな講義を受けてもらい、キャリアアップをはかるというプロジェクト。「旅」を切り口に若者からグローバル人材を育成することを狙いとしています。
参加資格は、18歳から34歳の学生または社会人で、5カ国以上の海外渡航経験があることが条件とされていて、まさに「旅好き」しか参加できないキャリアアッププロジェクトになっています。

バラエティ豊かな講師陣が多岐にわたるテーマの講義を開講

ハワイ州観光局のミツエ・ヴァーレイさんが観光業の面白さを熱弁

講義テーマは「旅の価値考察」「大変革時代の働き方」「21世紀型リーダーシップ」「観光立国論」「アウトバウンドツーリズム」「海外を舞台にするグローバルキャリア」「起業のコンセプト」など多岐に渡ります。

POOLO講師

バラエティ豊かな講師陣(「POOLO」公式サイトより)

講師陣も『地球の歩き方 LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』の著者である四角大輔さん、絶景プロデューサーの詩歩さん、リーマントラベラー東松 寛文さん、観光学系の大学教授陣などバラエティが豊か。

※公式ホームページ「MENTOR(講師)」を参照
▶URL: https://poolo.tabippo.net/mentor/

「旅」を切り口に仕事、価値観、行き方に触れられる

応募者の社会人と学生の比率は半々ということ

POOLOは4月から受講者の応募を開始していますが、すでに募集人数の200人を上回る応募者が集まっているということ。応募者の中から選考が行われ、第1期生のプロジェクトスタートは6月から。「自分の好きな『旅』を切り口にステップアップしたい」という方は、チェックしてみては?
詳しくはホームページをチェック。

■ プロジェクト名:POOLO(ポーロ)
・運営団体: 株式会社TABIPPO
・第1期生募集期間: 2019年3月26日〜2019年5月20日
・公式HP: https://poolo.tabippo.net/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 BOOKS  LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

地球の歩き方 BOOKS LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

四角 大輔 著
定価:本体1,600円+税
発行年月: 2018年09月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-478-82237-1

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー