海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >近畿 >兵庫 >六甲高山植物園で「ミズバショウまつり」開催(兵庫県神戸市)

六甲高山植物園で「ミズバショウまつり」開催(兵庫県神戸市)

2019年03月05日

六甲高山植物園のミズバショウ

六甲高山植物園では、2019年4月6日(土)から4月14日(日)までの期間、春の目玉であるミズバショウの開花を記念して、「ミズバショウまつり」が開催されます。北海道や東北地方などの北国では、春を告げる花はサクラではなく、ミズバショウやコブシの花といわれています。北海道南部の気候に相当する六甲山では、例年4月の上旬よりミズバショウが次々と開花し、春の訪れを告げます。

六甲高山植物園の「ミズバショウまつり」とは!?

春の訪れを告げるミズバショウ

六甲高山植物園で開催される「ミズバショウまつり」では、ミズバショウの花はもちろんのこと、屋台の出店や音楽ライブ、苗販売などのイベントが楽しめます。

●600株のミズバショウの植栽展示(毎日開催)
「ミズバショウまつり」の期間中、六甲高山植物園では、西入口前をはじめとする園内各所にミズバショウが咲き誇ります。

●珍しい花の苗の販売(毎日開催)出店時間10:00~16:30
六甲高山植物園のショップ・アルピコラにて、この時期だけの限定苗の販売が行われます。

●芋煮や豚まんの屋台出店(土・日曜のみ開催)出店時間11:00~16:00
六甲高山植物園のミズバショウの故郷、山形県の名物である芋煮や神戸南京町の豚まんの屋台が週末に出店されます。それぞれ売切れ次第終了となります。

●音楽の生演奏(土・日曜のみ開催)演奏時間12:00~/13:00~
「ミズバショウまつり」の期間中の週末には、ミズバショウの群落前でストリートライブが開催されます。美しい歌声が園内に響きわたります。出演:米倉百

ミズバショウ(サトイモ科)とは!?

白い部分は葉が変形したもの

唱歌『夏の思い出』で有名なミズバショウ。尾瀬では初夏に見ごろを迎えますが、北海道南部の気候に相当する六甲山では、春を告げる花として人気を博しています。もっとも目立つ白い部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉が変形したもので、そのなかに包まれるように咲く黄色い部分が花の集まりです。

六甲高山植物園では、例年4月上旬から中旬ごろまで、湿生区に広がる白く華やかな景色を楽しめます。なお、ミズバショウの見ごろは、今後の天候によって変動しますので、最新情報を確認して出かけましょう。

■六甲高山植物園
・住所:〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
・URL:https://www.rokkosan.com/hana/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事