海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >近畿 >京都 >2018年冬に観ておきたい京都のイルミネーション4選

2018年冬に観ておきたい京都のイルミネーション4選

2018年12月05日

「シナスタジアヒルズ」のクリスタルレイク

京都府でぜひとも訪れてほしい2018年冬のイルミネーションを紹介します。クリスマスシーズンが目前に迫ってきました。街中を見渡すと、冬を彩る光の芸術、イルミネーションが美しく輝いています。2018年冬、京都府では、さまざまな体感型イルミネーションイベントが開催されています。最新テクノロジーを駆使したイルミネーションを観に、京都府に出かけてみてはいかがでしょうか。

(1)シナスタジアヒルズ

メインイルミネーション「シナスタジアヒルズ」

京都府南丹市のレジャー施設「京都るり渓温泉」に、いつでも楽しめるナイトスポットとして「シナスタジアヒルズ」が、2018年10月1日(月)にオープンしました。「シナスタジアヒルズ」では、“音に色を感じる”など、通常とは異なる感覚が生じる知覚現象「共感覚(シナスタジア)」をコンセプトに、天気や気温などと連動する新感覚の光の世界が楽しめます。

なかでも一番の注目は、丘の頂上へと続くメインイルミネーション「シナスタジアヒルズ」です。登り道では呼応する光に導かれ、頂上には美しく圧倒的な光の世界が広がります。今まで光を感じていた自分自身が、まるで光と一体になったような感覚を抱きます。最新テクノロジーを駆使した光の演出に感動すること間違いありません。

■シナスタジアヒルズ
・住所:〒622-0065 京都府南丹市園部町大河内広谷1-14
・URL:http://www.synesthesia-hills.jp/

「シナスタジアヒルズ」のスパイラルライトトンネル

(2)京都府立植物園

ライトアップされた日本最古の公立総合植物園

1924年に開園した「京都府立植物園」は、日本最古の公立総合植物園です。広大な大芝生地、桜林、ばら園、植物生態園などがあり、日本最大級の回遊式観覧温室もあります。本動植物園では、2018年12月15日(土)より期間限定でイルミネーションが施され、“音楽”と“イルミネーション”の融合を体感できるロマンチックな空間が出現します。

イベント期間中は、正門からは、観覧温室のイルミネーション、そして、くすのき並木からは、北山門にかかる園路沿いと植物園会館前のイルミネーションを観ることができます。なかでも、光のアーティスト・高橋匡太氏によってプロデュースされた植物園のシンボル「くすのき並木」の音楽と光による演出は必見です。また、観覧温室が夜間オープンされ、普段とは違う植物園も楽しめます。

■京都府立植物園
・住所:〒606-0823 京都府京都市左京区下鴨半木町
・URL:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

子供が喜ぶファンタジーなイルミネーション

(3)丹後王国「食のみやこ」

フォトスポット「TANGO・メモリアル・ハート」

日本海に囲まれた丹後半島は、豊穣の地であり、豊かな海と山と人々が、古来より美味しい食材を育んでいる食と文化が密接につながった地域です。そんな丹後半島に位置する丹後王国「食のみやこ」は、甲子園球場約8個分という西日本最大級を誇る広大な敷地で、食事やアクティビティ、宿泊まで楽しめるスポットです。

施設内には、幸福感溢れるフォトスポット「TANGO・メモリアル・ハート」やライトアップされた木が並ぶ「光の並木道」など、彩り豊かなイルミネーションが満載です。また、新鮮な野菜や加工品を取り扱う直売所、地元丹後地域の食材を使ったレストラン、自家製のクラフトビールなどがあり、グルメとイルミネーションを同時に楽しめます。

■丹後王国「食のみやこ」
・住所:〒627-0133 京都府京丹後市弥栄町鳥取123
・URL:https://tango-kingdom.com/

ライトアップされた木が並ぶ「光の並木道」

(4)光のページェントTWINKLE JOYO 2018

SNS映え確実なフォトジェニックスポット

イルミネーション「光のページェント TWINKLE JOYO」は、京都府城陽市の冬風物詩として「ジョミナリエ」という名前でも親しまれているイベントです。文化パルク城陽をはじめ、市内のコミュニティセンターや「ぱれっとJOYO」、各商店街にも装飾の輪が広がっています。2017年には、約160,000人もの来場者が訪れるなど人気のイルミネーションスポットのひとつとなっています。

2018年は、「レボリューション」をテーマにしています。城陽市を照らすように、約800,000球もの電飾が総合運動公園のレクリエーションゾーン一帯を彩り、冬の夜を楽しませてくれます。また、青色に輝く60メートルもの光のトンネルや、白く淡く光る3本のトンネルが登場します。さらに、約5,000球の電飾を施した高さ10メートルのシンボルツリーは、圧巻の輝きです。

■光のページェントTWINKLE JOYO 2018
・住所:〒610-0121 京都府城陽市寺田奥山1
・URL:http://xn--6oqz6c35b6zh48ipn2e0ys.jp/irumi/2018/index.html

いかがでしたか。京都府でぜひとも訪れてほしい2018年冬のイルミネーションを紹介しました。古都の風情と最新テクノロジーがミックスしたイルミネーションを観に、京都府に出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事