海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >甲信越 >新潟 >まだ間に合う!? 庭園を彩る新潟県新潟市の紅葉スポット3選

まだ間に合う!? 庭園を彩る新潟県新潟市の紅葉スポット3選

2018年11月13日

旧斎藤家別邸

まだ間に合う!? 新潟県新潟市の紅葉スポットを3ヵ所紹介します。新潟市内のあちらこちらでモミジが色づきはじめ、11月中旬ごろにかけて紅葉が見ごろを迎えるといいます。由緒ある大邸宅で紅葉狩りが楽しめるほか、紅葉のライトアップも行われます。また、紅葉スポットのひとつ「北方文化博物館」へは、無料シャトルバスが期間限定で運行されています。秋の行楽シーズンは、新潟県新潟市で紅葉狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(1)北方文化博物館

北方文化博物館のライトアップ

北方文化博物館は、越後随一の大地主となった伊藤文吉の邸宅が改修されてできた博物館で、美術工芸品や考古資料などが展示されています。館内の100畳敷の大広間から眺める回遊式庭園は、紅葉に彩られ、見事のひとこと。2018年10月20日(土)~12月9日(日)までの土・日曜、祝日は、無料シャトルバス(JR新潟駅発着)が運行されています。

紅葉の見ごろ:11月中旬

■北方文化博物館
・住所:〒950-0205 新潟県新潟市江南区沢海2-15-25
・URL:http://hoppou-bunka.com/

(2)中野邸記念館

中野邸記念館のモミジ

中野邸記念館は、日本の石油王と呼ばれた中野貫一、忠太郎の親子二代が建てた庭園邸宅です。50年の歳月をかけて造庭された広大な庭園は、「泉恵園(旧もみじ園)」と呼ばれ、12,000坪もある敷地には約130種2,000本ものモミジが植栽されています。

紅葉の見ごろ:11月中旬

■中野邸記念館
・住所:〒956-0845 新潟県新潟市秋葉区金津598
・URL:http://www.nakanotei-muse.com/

(3)旧齋藤家別邸

旧齋藤家別邸のライトアップ

旧齋藤家別邸は、新潟三大財閥人のひとり、齋藤喜十郎が建てた敷地面積1,300坪を誇る別荘です。庭園は、日本遺産にも認定されている国指定名勝です。池泉を中心に大小多数のモミジが植えられ、それを取り囲むように老松がそびえます。2018年11月10日(土)~11月18日(日)までは、開館時間が延長され、紅葉のライトアップが行われています。

紅葉の見ごろ:11月上旬~下旬

■旧齋藤家別邸
・住所:〒951-8104 新潟県新潟市中央区西大畑町576
・URL:http://saitouke.jp/

いかがでしたか。新潟県新潟市の紅葉スポットを3ヵ所紹介しました。秋の行楽シーズンは、新潟県新潟市へ紅葉狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。なお、紅葉の見ごろは、今後の天候によって変動しますので、最新情報を確認して出かけましょう。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース