海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >甲信越 >新潟 >新潟・石打丸山スキー場が「スノーガーデンエリア」を26日にオープン。スマートなアウトドアを提案

新潟・石打丸山スキー場が「スノーガーデンエリア」を26日にオープン。スマートなアウトドアを提案

2020年12月07日

スノーガーデンエリアからは雪国の絶景が一望できる

新潟県南魚沼市の石打丸山スキー場は、新しいスノーアクティビティ・エリアとして2020年12月26日(土)に「スノーガーデンエリア」をオープンします。これまで冬のスキー場は、スキーやスノーボードといったスポーツを主に楽しむ場所でしたが、スキーをしない来訪者もスノーアクティビティや景色などのスキー場ならではの魅力を十二分に満喫できるよう、「スマートなアウトドア」をコンセプトに、新たな滞在方法を提案します。

テラスやドームを備えた中腹のスノーガーデンエリア

石打丸山スキー場

最新鋭のコンビリフトである「サンライズエクスプレス」(※)の終点、石打丸山スキー場の中腹エリアに新たに設置するのが「スノーガーデンエリア」。
雪国・湯沢地域の雄大な山々と魚沼盆地を眺めながらゆったりと流れる時間が過ごせる「スノーテラス」や、まるで雪の中に包まれているかのような「スノードーム」など、リラックスして滞在できるコンテンツを用意します。

大人向けには、サンライズエクスプレスとスノーガーデン利用がセットになった(オリジナルタンブラーとコーヒーワンドリンク付き)お得なプランを設定します。
もちろん、子供も大人も楽しめるそり遊びやスノーチュービングなど「ゆきあそび」コンテンツも充実。今までと違うスキー場体験、スノーアクティビティ体験ができます。

ゴンドラとチェアリフトが同じ索道上を動く

※サンライズエクスプレスについて
2018-19シーズンより石打丸山に登場した、麓から中腹部までを一気につなぐ世界最新鋭のコンビリフトがサンライズエクスプレス。10人乗りのゴンドラキャビンと6人乗りのチェアリフトが同一のライン(ケーブル)で運行される混合型リフトです。
スキーヤーやスノーボーダーが通常のチェアリフトを利用できるほか、ビギナーや雪山観光に来た人は、同じ路線の暖かいゴンドラキャビンで快適に絶景ポイントまでアクセスできます。

10人乗りのゴンドラキャビン

■石打丸山スキー場
・住所: 新潟県南魚沼市石打1655
・アクセス: 電車=上越新幹線でJR東京駅からJR越後湯沢駅まで約80分。無料シャトルバスに乗り継ぎ約10分 車=関越自動車道 塩沢石打I.C.から5分
・電話: 025-783-2222
・URL https://ishiuchi.or.jp/

新スイーツ 絶品「雪山のパンケーキ」

パンケーキの価格は900円(税込)~

地元パティシエ監修のもと、スノーガーデンのオープンに合わせ新たなスイーツを開発しました。ふわふわのパンケーキの上にフルーツを散りばめ粉砂糖を振りかけて、石打丸山スキー場の新たなスノーガーデンを表現。従来のパンケーキとはひと味違う、ワイルドでキュートなパンケーキとなりました。
雪山のパンケーキは900円(税込)~、販売開始は12月26日(土)から。販売場所は石打丸山スキー場のスノーガーデンエリア内、オーストリアスノーハウスにて。

暖炉のあるオーストリアスノーハウス


このところのアウトドア・ブームの好影響でスキー場も進化しています。2020-21スキー・シーズンは石打丸山に出かけてみませんか。

≫≫≫(関連記事)新潟観光に役立つ記事はこちら

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介したスキー場や店舗において、短縮営業などの可能性があります。最新情報は、公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年12月4日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 御朱印シリーズ 34 御朱印でめぐる新潟 佐渡の神社~週末開運さんぽ~

地球の歩き方 御朱印シリーズ 34 御朱印でめぐる新潟 佐渡の神社~週末開運さんぽ~

地球の歩き方編集室
定価:1,430円(税込)
発行年月: 2020年12月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-05-801514-8

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース