海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >九州 >大分 >流しのはっちゃんとめぐるディープな夜の別府「竹瓦・夜の路地裏散歩」(大分県別府市)

流しのはっちゃんとめぐるディープな夜の別府「竹瓦・夜の路地裏散歩」(大分県別府市)

2019年03月23日

流しのギタリスト「はっちゃん」とめぐる夜の別府

歓楽街が広がる大分県別府市の別府駅周辺。昔ながらの温泉地の面影を色濃く残す街並みは、日が暮れると日中とはまた違った表情を見せます。特に別府のシンボル、竹瓦温泉の周辺は、入り組んだ路地にスナックなどが密集し、怪しげな雰囲気がただようエリア。近年、多くの温泉地がおしゃれで高級志向な街並みに再開発されていくなかで、ひと昔前の雑多な面影を残す竹瓦温泉界隈は、ほかの土地にはない魅力にあふれています。今回は別府のディープスポットを、流しのギターの伴奏でめぐる「竹瓦(たけがわら)・夜の路地裏散歩」を紹介します。

第2・第4金曜日開催、20時30分スタート

夜の竹瓦温泉

「竹瓦(たけがわら)・夜の路地裏散歩」は、毎月第2・第4金曜の夜に開催されている、約1時間30分のツアーです。集合場所は竹瓦温泉前。20:30という遅い開始時間ですが、スナックが多い夜の別府は、これぐらいの時間から街に活気がでてきます。

ギターを弾くはっちゃんと、法被姿の案内役・平野さん

散策には、別府で唯一の流しのギタリスト「はっちゃん」こと矢野さんが、ギターを奏でながら同行します。案内役は、別府温泉宣伝協会代表の平野さんです。

初代はっちゃん・ぶんちゃん

「竹瓦・夜の路地裏散歩」が始まったのは、2000(平成12)年。前年にスタートした昼間の路地裏散歩が好評でしたので、それとは違った切り口の街歩きツアーができないかと思案していた案内役の平野さんは、ある日、流しを引退して5年目の初代はっちゃんと偶然知り合いました。

当時、流しはすでにカラオケの普及に押され別府から姿を消していましたが、平野さんははっちゃんとの出会いをきっかけに、昔ながらの夜の別府の風情を感じてもらおうと、流しの演奏付きナイトウォークを企画しました。

はっちゃんもそれに賛同し、現役時代に実際コンビを組んでいたアコーディオン奏者のぶんちゃんに声をかけて、夜の路地裏散歩がスタートしたのだそうです。

三代目はっちゃんこと矢野さん

その後、初代のはっちゃん・ぶんちゃんは他界、二代目は体の不調などで引退。現在は三代目はっちゃんが活躍しています。

日本最古の木造アーケード、竹瓦小路

風情あるアーケード街の電飾看板

最初のスポットは、竹瓦温泉の向かいにある竹瓦小路です。この竹瓦小路は、距離にして約70メートルほどの小さなアーケード街で、スナックや中華料理店など数軒が営業しています。

日中の竹瓦小路

木造ガラス張りのアーケードが完成したのは、1921(大正10)年。旧別府港から観光客を竹瓦温泉に誘導するために造られたといわれ、日本に現存する最古のアーケードとして2009年に近代産業遺産に認定されました。

「はっちゃ〜ん!」のかけ声と共に登場するはっちゃん

はっちゃんの衣装は、港町の別府で粋とされていた船乗りのファッションをモチーフにしています。

昼間とは違ったディープな夜の別府を垣間見るツアー

スナックや風俗店が密集する路地を進む

竹瓦小路を後に、路地を進みます。一人だと通過することもはばかられる雰囲気の通りですが、はっちゃんと平野さんがいれば安心です。

今となっては珍しい木造三階建ての「三十八萬石」

ここ(上の写真)は、平野さんが代表を務める共同浴場「梅園温泉」の前の路地です。波止場神社の参道にあたることから、ほかの通りと違い立派な石畳が敷かれています。

梅園温泉の向かいにある居酒屋「二十八萬石」が入っている建物は、今は珍しい3階建ての木造建築。漠然と歩いているとただの飲み屋街にしか見えない通りも、解説付きでめぐると随所に歴史を感じる造形が残されていることがわかります。

スナックビルの内部を通過

昭和の香りただようスナックビルの内部を通過。男性客がメインの夜の別府は、女性には未知の世界です。今まで知らなかった夜の歓楽街の様子を知ることができると、「竹瓦・夜の路地裏散歩」は女性に特に好評なのだそうです。

「和風スナック満月」の現役のママと

美人ママのいる店に詳しい平野さんの案内で、路地裏散歩に協力している「和風スナック満月」の現役のママと記念撮影。

スナックや屋台が並ぶ飲食店街、八坂通り

八坂通り入り口のアーチ

こちら(上の写真)は、居酒屋や屋台が建ち並ぶ八坂通り。かつて「八坂ホテル」という大きな建物が建っていたエリアが、現在は飲食店街になっています。

飲食店街になっている八坂通り
寿司やもつ鍋の屋台が建ち並ぶエリア
なつかしいスナックの電飾看板

夜の歓楽街を象徴するスナックの電飾看板など、かつては観光地でよく見られた光景も、今となっては貴重な存在となりました。

はっちゃんと一緒にいるととにかく目立つ!

ソルパセオ銀座を歩くツアーご一行様。はっちゃんはどこにいても注目の的です。

「平野資料館」にてミニライブ! リクエストで即興の演奏も

平野さんが運営する「平野資料館」

最後に、平野さんが運営している「平野資料館」にてはっちゃんのミニライブ。「平野資料館」には、平野さんが個人で集めた別府にゆかりの品々が展示されています。

はっちゃんが即興で演奏できる曲は3,000曲以上!

先代のはっちゃん・ぶんちゃんのオリジナルソングや、別府にちなんだ楽曲、歌謡曲など、約3,000曲ものレパートリーのなかからリクエストして演奏してもらえます。ただし「最近の曲はちょっと苦手」とのこと。

■竹瓦(たけがわら)・夜の路地裏散歩
・実施日:毎月第2・4金曜(お盆・年末年始除外あり)
・出発時間:20:30
・集合場所:竹瓦温泉前
・所要時間:約1時間30分(距離にして1キロメートル程度)
・費用:大人1,000円(レトロ絵葉書セット付)
・問合せ、予約:別府八湯竹瓦倶楽部
※はっちゃん・ぶんちゃんのガイドは現在お休み中。三代目流しのはっちゃんによる街歩きを行なっています
・URL:http://walk.beppu-navi.jp/walk/post-1.html

いかがでしたか。別府では、「竹瓦・夜の路地裏散歩」のほかにも、市内各地でさまざまな街歩きのイベントが開催されています。別府駅前のエリアだけでも8つのコースがありますので、「別府八湯ウォーク」のなかから興味のあるテーマのツアーを見つけて、参加してみてください。ただ観光するだけでは得られない、新たな発見がありますよ!

▼別府八湯ウォーク
・URL:http://walk.beppu-navi.jp/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース