海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >九州 >佐賀 >秋空に約100機のバルーン! 「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」(佐賀県佐賀市)

秋空に約100機のバルーン! 「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」(佐賀県佐賀市)

2018年10月27日

青空へ飛び立つ数々の熱気球

佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷で開催される「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」を紹介します。本フェスタは、2018年で39回目を迎える歴史あるバルーンイベントです。世界各国から参加する約100機のバルーンが、嘉瀬川の秋空をカラフルに彩ります。色とりどりのバルーンを観に、「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」とは!?

嘉瀬川上空を悠々と漂う熱気球

佐賀県の秋の風物詩「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が、2018年10月31日(水)から11月4日(日)までの5日間、佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷をメイン会場として開催されます。本フェスタでは、「第32回パシフィック・カップ」や「第35回熱気球日本選手権」などの競技飛行をはじめ、気球教室などのバルーンイベントが催されます。

「バルーンフェスタ in 九州」という小さなイベントから始まった同フェスタは、今回で39回目の開催を迎えます。フェスタ期間中は、JR九州が、会場に隣接する場所に「バルーンさが駅」を臨時に設置し、特急列車や普通列車が停車するようになります。

「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の楽しみ方

熱風を入れて立ち上がる気球に大興奮!

フェスタ期間中は、「第32回パシフィック・カップ」と「第35回熱気球日本選手権」のふたつの競技飛行が開催されます。一流ライダーの熱気球を操る華麗な飛行テクニックは必見です。

また、競技飛行以外にも、熱気球に関するイベントが盛りだくさんです。午前の競技飛行後に開かれる「バルーンファンタジア」では、子供達に人気のアニメのキャラクターや動物たちの巨大バルーンが登場します。昼からは気球教室が開かれ、バーナーで熱風を入れて気球を立ち上げるなど、実際に熱気球の仕組みや特性に触れながら学ぶことができます。

まるで巨大なランタン! 幻想的なバルーンが並ぶ

2018年11月3日(土)、11月4日(日)の18:30からは、幻想的な「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)」が実施されます。バンドの生演奏をバックに、バーナーの炎でライトアップされた数十機の気球が夜空に浮かび上がり、幻想的な光景が広がります。イベントの最後は、花火が打ち上がり、感動的なフィナーレで終了します。

2018年11月1日(木)9:00からは、キッズデーとして子供達がバルーンに触れたり、バルーン内部に入ったりすることができるイベントが開催されます。団体参加の場合は、事前の申し込みが必要です。個人の場合は事前の申し込みが不要です。

熱気球の歴史と国内最大のバルーンフェスタ

多くの観客を魅了する色とりどりの熱気球

熱気球の歴史は古く、1783年、フランス人のモンゴルフィエ兄弟が世界で初めて熱気球の有人飛行に成功したといわれています。日本で熱気球の歴史が始まったのは、1877年からです。西南戦争の際に軍事用として使われたのが始まりといわれています。

国内最大の大会である「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、気球愛好家のみならず、多くの観客を魅了します。2017年のフェスタでは約880,000人が訪れ、世界各国から参加した111機ものバルーンが秋の空を飾りました。本フェスタは、アジアで最大級の大会として、多くの人に親しまれています。

フェスタ期間中、JR九州が臨時駅「バルーンさが駅」を設置

熱風を送り、さらに上空へ

佐賀県の秋の風物詩としてすっかり定着した「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。澄み渡る秋空に約100機のバルーンが一斉に浮かぶ様子は、まさに圧巻です。行楽シーズンにピッタリのイベントですが、期間中は周辺道路や駐車場の渋滞、混雑が予想されます。会場までは、快適で便利なJR九州を利用しましょう。臨時に設置された「バルーンさが駅」で降車すれば、目の前がフェスタ会場になります。

フェスタ期間中は、博多駅から10本、長崎・佐世保方面から4本の特急列車が「バルーンさが駅」に停車することになります。また、期間中は早朝5:04博多発の臨時特急列車(かもめ89号)、および臨時快速列車(バルーンフェスタ号)鳥栖-肥前山口間も運行されます。

フェスタ会場の詳細マップ

「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」では、フェスタの開催と合わせて観光地やイベントを巡ることもできる「佐賀バルーンフリーきっぷ」、「バルーンさが周遊きっぷ」が発売されます。吉野ヶ里公園の散策や佐賀城下秋の骨董市(2018年11月2日(金)~11月4日(日))を同時に楽しむことができます。

■2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
・開催会場:佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷一帯
・開催期間:2018年10月31日(水)~11月4日(日)
・URL:http://www.sibf.jp/

いかがでしたか。佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷で開催される「2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」を紹介しました。秋空をカラフルに染めるパルーンを観に、佐賀県佐賀市の嘉瀬川へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事