海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >九州 >佐賀 >「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」開催(佐賀県有田町)

「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」開催(佐賀県有田町)

2019年03月01日

有田焼の雛人形(七段飾り)

佐賀県有田町で開催される「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」を紹介します。本祭りでは、つややかな白磁の肌に精巧な着物の絵付けが美しい、有田焼の雛人形を鑑賞することができます。期間中、それぞれの陶磁器店には、有田を代表する窯元の雛人形が飾られ、内山地区の歴史ある町屋ではその家に代々伝わる雛人形も展示されます。有田焼の雛人形を観に、佐賀県有田町へ出かけてみてはいかがでしょうか。

「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」とは!?

町中を華やかにしてくれる雛飾り

「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」が、2019年2月9日(土)から3月17日(日)までの期間、有田焼の産地、佐賀県有田町にて開催されます。イベント期間中、やきものの雛人形が町内に飾られ、春の訪れを町民総出でにぎやかにお祝いします。また、町内25のお食事処では、雛祭り気分をおいしく満たしてくれる「ひいなランチ」が提供されます。

しん窯:世界最大の磁器製座りびな七段飾り

しん窯が制作した磁器製座りびな七段飾り

磁器製座りびな七段飾りは、有田町の窯元・しん窯で、3年がかりで制作された七段飾りです。人形だけでなく、ぼんぼりや道具まですべて有田焼で作られています。高さ2.7メートルという大きさと精巧な絵付けの文様に注目です。展示場所は、「アリタセラ ギャラリー青磁」です。

柿右衛門窯&マイセン磁器製作所:雛人形

柿右衛門窯が制作した雛人形
マイセン磁器製陶所が制作した雛人形

有田町を代表する窯元・柿右衛門窯と姉妹都市ドイツ・マイセンのマイセン磁器製作所の雛人形が展示されます。400年受け継がれてきた技術で作られた有田焼のお雛さまとヨーロッパで作られたお雛さま。ぜひ、見比べながら鑑賞してください。展示場所は、「伝統文化の交流プラザ 有田館」の1階です。

香蘭社:世界最大の磁器製ひな人形二段飾り

香蘭社が制作した磁器製ひな人形二段飾り

磁器製ひな人形二段飾りは、香蘭社が制作した磁器製の雛人形(二段飾り)です。繊細に描かれた高貴な衣装文様や細部にまでこだわって制作された道具など、磁器製ならではの輝きと艶やかさは見ものです。展示場所は、「伝統文化の交流プラザ 有田館」の1階です。

町内各所でさまざまな雛人形を展示

磁器でできた雛人形

「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」では、世界最大の立ち雛や磁器製のミニ雛人形七段飾りなど、町内の各商店にはさまざまな雛人形が飾られます。また、雛人形が描かれた有田焼の皿や小物なども合わせて販売されており、お買い物も楽しめます。

また、町内には、「陶ひなコンテスト in 有田」の歴代最優秀作品が展示されています。個性溢れる顔の雛人形がずらりと並びます。さらに、町内26ヵ所のお店を巡る「おひなめぐりスタンプラリー」が実施されます。本スタンプラリーに参加すると、抽選ですてきな有田焼や有田の小物が当たります。

「陶ひなコンテスト in 有田」の歴代最優秀作品のひとつ

桃の節句を祝う「ひいなランチ」

「ひいなランチ」和食
「ひいなランチ」パンケーキ

有田町にある25の食事処では、旬の食材を使った雛祭り期間限定のメニュー「ひいなランチ」がそれぞれ提供されます。有田焼の器に盛られたおいしい料理に舌鼓を打ちながら、ひと足早い春を感じてみましょう。「ひいなランチ」の提供期間は、2019年2月9日(土)から3月17日(日)までです。

■第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり
・開催場所:佐賀県有田町内各所
・開催期間:2019年2月9日(土)~3月17日(日)
・URL:https://www.arita.jp/event/hinamatsuri/

いかがでしたか。佐賀県有田町で開催される「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」を紹介しました。やきものの雛人形を観に、佐賀県有田町へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事