海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >四国 >香川 >お庭の国宝・栗林公園が光のアート空間に変わる!「チームラボ 栗林公園 光の祭」開催

お庭の国宝・栗林公園が光のアート空間に変わる!「チームラボ 栗林公園 光の祭」開催

2020年01月26日

浮遊する呼応するランプ - ワンストローク / Floating Resonating Lamps - One Stroke
teamLab, 2019, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

変化に富んだ美しさを持つ日本庭園・栗林公園(りつりんこうえん)を舞台に「チームラボ 栗林公園 光の祭」が開催されます。歴史ある名勝が、インタラクティブな光のアート空間に生まれ変わる驚きの本展は必見です! 「光の祭」を彩る注目の作品を紹介します。

「チームラボ 栗林公園 光の祭」

増殖する生命の石壁 - 紫雲山 / Ever Blossoming Life Rock Wall - Mt. Shiun
teamLab, 2020, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

香川県高松市にある栗林公園にて「チームラボ 栗林公園 光の祭」が、2020年1月25日(土)から3月8日(日)まで開催されます。栗林公園は国の特別名勝に指定された、江戸初期(17世紀)の回遊式庭園です。6つの池や13の築山を有し“一歩歩みを進めるごとに風景が変わる”といわれるほど多彩な景色を楽しむことができます。
そんな400年の歴史が息づく庭園が、本展ではチームラボによってインタラクティブな光のアート空間に。一歩一景といわれる栗林公園の敷地内で、チームラボの8作品が自然と融合するかたちで展開されます。

■チームラボ
アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索するアート集団。ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、北京など世界各地で常設展およびアート展を開催。日本では、2018年に開館した東京・お台場のミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」が人気スポットとなり、年間来館者数(2018年調べ)は単独のアーティストの美術館としては世界最大規模となっています。

・展覧会詳細:https://www.teamlab.art/jp/e/ritsuringarden


展示作品『浮遊する呼応するランプ - ワンストローク』

浮遊する呼応するランプ - ワンストローク / Floating Resonating Lamps - One Stroke
teamLab, 2019, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

本展で公開される8作品の中から、注目作品を紹介しましょう。
池を舞台に幻想的な空間を創り出すのが『浮遊する呼応するランプ - ワンストローク / Floating Resonating Lamps - One Stroke』です。日本庭園の池の水面にそれぞれ自律したランプが浮遊します。鑑賞者が近くで立ち止まったり、風に吹かれて傾くと、ランプは強く輝き音色を響かせます。ランプの光は隣のランプに次々と伝播し、音色を響かせながら連続していきます。すべてのランプに伝播すると、池の中央に浮かぶ島の別の作品につながっていきます。
同じランプが起点となって輝き始めても光の経路は刻々と変わっていくため、情景は変化し続けます。飽きることなく、ずっと眺めていたい作品です。

展示作品『自立しつつも呼応する生命の森』

自立しつつも呼応する生命の森 / Forest of Autonomous Resonating Life
teamLab, 2018, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

空間は、光のovoid(卵形体)によって埋め尽くされます。鑑賞者は光のovoidをかき分け、空間の中に入っていくことになります。光のovoidは鑑賞者が衝撃を与えると色を変化させ、色特有の音色を響かせます。その周りのovoidは近くのovoidと連続的に呼応し、同じ色になり同じ音色を響かせます。
自分の動きから派生した光がどこかへと向かっていき、誰かから始まった光がこちらへと押し寄せてくる、そんな変化を通して同じ空間にいる人々とつながるような感覚を味わえるかもしれません。

展示作品『呼応する木々』

呼応する木々 / Resonating Trees
teamLab, 2014, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

非日常感漂う光り輝く木々の姿に、鑑賞者は目を奪われることでしょう。木々の光はそれぞれ自律していて、ゆっくりと明滅しています。木々の光は、近くで展開している別作品から伝播してきた光に呼応したもので、色を変え、色特有の音色を響かせます。周辺の木々に次々と伝播し音色を響かせながら連続していく光の中を歩くと、体験したことのない不思議な感覚が味わえるでしょう。


インタラクティブな光のアートと、日本が誇る一歩一景の庭園の共演によって創り出される「チームラボ 栗林公園 光の祭」。息をのむような幻想的な美や驚きを体験するべく、栗林公園に足を運んでみませんか。

■開催概要
チームラボ 栗林公園 光の祭
https://www.teamlab.art/jp/e/ritsuringarden

・会期: 2020年1月25日(土)~2020年3月8日(日)
・時間: 18:30~21:30  ※最終入園21:00
・定休日: 水曜日
・会場: 香川県・栗林公園
・アクセス: 
JR高松駅から 車で約7分
JR栗林駅から 徒歩20分
JR栗林公園北口駅から 徒歩3分
ことでん栗林公園駅から 徒歩10分
栗林公園前バス停から 徒歩1分
栗林公園前高速バス停から 徒歩1分
※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
※付近の道路への違法駐車・近隣商業施設への駐車など、近隣の迷惑になる行為は絶対におやめください。

・チケット:
チームラボ公式チケットサイト
https://ritsurin.teamlabticket.com/#/?lang=ja
eプラス
https://eplus.jp/ritsuringarden/
セブン-イレブン
http://7ticket.jp/s/082088
ローソン
https://l-tike.com/ritsurin-garden
上記、その他で販売 ※会期中は会場でも販売

・入場料:
大人(18歳以上):1,500円
小学生、中学生、高校生:500円
未就学児:無料

(注意事項)
・会場内には階段や段差があり、未舗装も場所もあります。お体の不自由な方や車椅子、ベビーカーなどでの観覧ができないエリアがありますことをご了承ください。
・泥酔などの来場者の迷惑となる場合や、他のお客様の観覧などに支障を及ぼす可能性がある場合は来場をお断りすることがあります。
・悪天候などの場合は開催を中止する場合があります。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース