海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東北 >秋田 >秋田竿燈まつり 2019年8月3日(土)から8月6日(火)の4日間(秋田県秋田市)

秋田竿燈まつり 2019年8月3日(土)から8月6日(火)の4日間(秋田県秋田市)

2019年08月01日

この記事のもくじ

稲穂のように大きくしなる竿燈

「秋田竿燈まつり」が、2019年8月3日(土)から8月6日(火)の4日間にわたり、秋田県秋田市の竿燈大通り(主会場)にて開催されます。黄金の稲穂のように揺らめく約280本もの竿燈が、秋田の夜空を幽玄に照らします。大きくしなる竿燈を、手のひらや額、肩、腰と絶妙なバランスで次々と移しかえる迫力ある演技は、まさに圧巻のひとことです。

「秋田竿燈まつり」とは!?

米俵型の提灯を下げ、稲穂に見立てた竿燈

「秋田竿燈まつり」は、約270年もの歴史をもち、国重要無形民俗文化財にも指定されている秋田県の伝統行事です。お盆を前に邪気を払い、身を清めるねぶり流し行事として始まったと伝えられています。

「秋田竿燈まつり」では、米俵型の提灯を下げ、稲穂に見立てた竿燈に、五穀豊穣への祈りが込めます。もっとも大きい「大若」は、高さ12メートル、重さ50キログラムにもなります。大きくしなる竿燈を手のひらから額へ、そして、肩、腰と、次々と移しかえる迫力ある演技は、観る者を圧倒します。

昼の妙技会 差し手

夜の本番では、竿燈大通りに約1万個の提灯、約280本の竿燈が集まり、黄金の稲穂が夜空を鮮やかに彩ります。演技終了後に行われるふれあい竿燈では、実際に竿燈に触れることができ、写真撮影も行えます。

なお、昼の妙技会では、夜の華やかな雰囲気とはうって変わって、差し手と囃子方それぞれの技自慢たちが熱戦を繰り広げます。12:30から、ミニ竿燈、幼若の体験をした人に豆絞りがプレゼントされます(先着100名)。

■秋田竿燈まつり
・開催場所:秋田県秋田市竿燈大通り(主会場)
・開催期間:2019年8月3日(土)~8月6日(火)
・URL:http://www.kantou.gr.jp/index.htm

昼の妙技会 囃子方
お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース