海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東海 >愛知 >どれにハメてみる?名古屋テレビ塔で開催中の「顔ハメ展」が楽しい!

どれにハメてみる?名古屋テレビ塔で開催中の「顔ハメ展」が楽しい!

2017年12月26日

全国には数多くの観光地がありますが、その観光地に必ずと言っていいほど置いてあるのが“顔はめパネル”。旅の思い出にと必ず顔をはめてしまう魔法のような看板です。そんな“顔はめパネル”を一堂に集めた「顔ハメ展」を2017年12月23日(土祝)から2018年3月11日(日)の期間、名古屋テレビ塔にて開催しています。ついつい誰かに教えたくなってしまう「顔ハメ展」をご紹介します。

誰もがはめたくなる「顔ハメ展」

実際に顔をはめて写真を撮ることができる体験型イベント

「顔ハメ展」は、2017年12月23日(土祝)から2018年3月11日(日)の期間、名古屋テレビ塔にて開催中の展示会です。さまざまな種類の顔はめパネルを集めた催しで、実際に顔をはめて写真を撮ることができる体験型のイベントです。

顔はめパネルに顔を出して写真を撮ったことはありますか? おそらくほとんどの方が写真を撮ったことがあるのではないでしょうか。それほど日本の観光地ではお馴染みと言ってもいい光景です。「顔ハメ展」では、ついつい顔をはめたくなってしまうパネルをご用意しています。

入場料は、一般500円、小中学生300円です。未就学児は無料です。入場券は、会場となる名古屋テレビ塔の3階にあるチケット販売機でお求めください。前売券はなく、当日券のみの取り扱いとなります。撮影をする人が必要になるので、できるだけ複数人で出かけましょう。


DATA
顔ハメ展
期間:2017年12月23日(土祝)~2018年3月11日(日)
時間:10:00~21:00
※年末年始も営業
※2017年までは22:00まで営業
※入場は閉場の30分前まで
会場:名古屋テレビ塔
住所:愛知県名古屋市中区錦3-6-15先(MAP)
電話:052-243-8600(テレビ愛知事業部)
入場料:一般500円、小中学生300円
※お求め先は名古屋テレビ塔3階チケット販売機
※価格はすべて税込
※未就学児は無料
※チケットは当日券販売のみ
公式サイト

「顔ハメ展」の特徴と見どころ

学生さんたちがデザインした顔はめパネル

今回開催される「顔ハメ展」では、おもしろくて、ちょっと変わった顔はめパネルを集めました。この「顔ハメ展」で展示されている顔はめパネルは、学校法人・日本教育財団HAL名古屋校の学生さんたちがデザインしたものです。

本来は、パネルに開けられた穴から顔を出し、写真撮影を楽しむ顔はめパネル。HAL名古屋校の学生さんたちがデザインしたパネルには、どうやって顔をはめるのかがわからないようなパネルや、そもそも顔をはめない?パネルも登場するのでどうぞご期待ください。

Instagram投稿キャンペーンを実施

ハッシュタグ「#顔ハメ展」をつけて投稿しよう

「顔ハメ展」では、イベントをさらに盛りあげるためにInstagram投稿キャンペーンを実施しています。テレビ愛知事業部の公式Instagram「@tvaichi_event」をフォローして、ハッシュタグ「#顔ハメ展」をつけて撮った写真を投稿しましょう。

投稿された写真の中から、「カワイイ」「楽しい」「おもしろい」写真をテレビ愛知放送のイベント番組や公式ホームページなどで紹介する予定です。応募期間は2017年12月23日(土祝)から2018年1月31日(水)までです。ふるって投稿しましょう。

名古屋テレビ塔へのアクセス

名古屋テレビ塔へは地下鉄を利用すると便利

名古屋テレビ塔には駐車場がありません。そのため、名古屋テレビ塔に行くには車よりも電車の方が便利です。地下鉄名城線、桜通線「久屋大通駅」で下車、4B出口からすぐです。もしくは、地下鉄名城線、東山線「栄駅」で下車、3番または4番出口から徒歩3分です。

SNSで注目を浴びるネタとしても使える顔はめパネル。学生さんたちの斬新なアイディアが詰まった「顔ハメ展」を訪ねてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事