海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東海 >岐阜 >「第26回美濃和紙あかりアート展」~幻想的なあかりの世界へタイムスリップ(岐阜県美濃市)

「第26回美濃和紙あかりアート展」~幻想的なあかりの世界へタイムスリップ(岐阜県美濃市)

2019年09月27日

「うだつの上がる町並み」に幻想的な光を放つ「美濃和紙あかりアート展」

「美濃和紙あかりアート展」は、2019年10月12日(土)から10月13日(日)の2日間、岐阜県美濃市の「うだつの上がる町並み」で開催されます。江戸時代の情緒が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された歴史的風致の町に、美濃和紙で彩られた幻想的なあかりのアートが並びます。

全国から寄せられたアート作品がやさしい光を放つ

心あたたまるやさしい光

「美濃和紙あかりアート展」には、毎年全国から約500点ものあかりのアート作品が出展され、国内外から約8万人の人が訪れます。美濃和紙を重ねたり、ねじったり、幾何学的に折り曲げたりと、独創的なアートが「うだつの上がる町並み」にやさしい光を放ちます。

「うだつの上がる町並み」とは、国の伝統的建造物群保存地区に選定された岐阜県美濃市の一角です。「うだつ」とは、屋根の両端を高くして、延焼を防ぐために造られた防火壁です。美濃市には、この「うだつ」が多く残っています。「うだつ」は、制作に相当な費用がかかり、当時は裕福な家でしか造ることができませんでした。「うだつが上がらない」という慣用句の起源は、ここから来ていると言われます(諸説あり)。

「美濃和紙あかりアート展」では、美濃和紙アートの展示をはじめ、街角コンサート、臨時売店による美濃市の特産品やお土産品の販売、さらに、美濃市の伝統芸能「美濃流し仁輪加」の上演など、さまざまな催しが行われます。

メインステージ(番屋前)で行われるイベント
●2019年10月12日(土)
・地元中学校吹奏楽 16:00~16:30
・地元中学校合唱 18:00~18:30
・美濃流し仁輪加 19:00~20:00

●2019年10月13日(日)
・横田良子コンサート 19:30~20:30

あたかも江戸時代にタイムスリップしたかのよう

多くの人でにぎわう通り

「美濃和紙あかりアート展」は、1300年の歴史を誇る「美濃和紙」の再生と後に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された「うだつの上がる町並み」の活性化、ブランド化を目的とし、1994年に始まりました。

2008年には、第1回ティファニー財団賞を受賞しました。また、2010年には、天皇・皇后両陛下(現在の上皇陛下・上皇后陛下)が、2015年には、皇太子殿下(今上陛下)が「美濃和紙あかりアート館」を視察されました。2019年で四半世紀を超え、26回目の開催を迎えます。

「美濃和紙あかりアート展」が開催された翌週の土・日曜の夜には、その年の入賞作品が旧今井家住宅周辺に並べられます。また、11月末日まで、約80点のあかりアート作品が、透明のアクリルのケースに入れられて常設展示されます。11月末日までの16時から21時まで点灯され、雨の日もあかりを楽しむことができます。

江戸時代からの情緒を残す「うだつの上がる町並み」と美しく灯る幻想的な光。江戸時代にタイムスリップしたつもりで、ゆっくりと町歩きをしてみてください。

■美濃和紙あかりアート展
・開催場所: うだつの上がる町並み(岐阜県美濃市)
・開催期間: 2019年10月12日(土)~10月13日(日)
・URL: https://www.akariart.jp/

「うだつの上がる町並み」の見どころ(1)「旧今井家住宅」

築290年の和紙問屋「旧今井家住宅」
「旧今井家住宅」の美しい音色が聞ける水琴窟

「うだつの上がる町並み」には、ランドマーク的な建造物として、18世紀末に建てられた和紙問屋「旧今井家住宅」があります。

住居や奥座敷、中庭、蔵の重厚な佇まいから当時の豪商ぶりがうかがえます。また、奥座敷から臨む中庭には、環境省選定の「日本の音風景100選」に名を記す日本で唯一の水琴窟が設えてあります。この水琴窟の音を楽しもうと、国内外から多くの人が来館します。

■旧今井家住宅
・住所: 〒501-3729 岐阜県美濃市泉町1883
・URL: http://www.city.mino.gifu.jp/pages/2068

「うだつの上がる町並み」の見どころ(2)「美濃和紙あかりアート館」

美濃和紙あかりアート館
これまでの入賞作品が展示されている

「美濃和紙あかりアート館」は、「美濃和紙あかりアート展」を再現したミュージアムです。「美濃和紙あかりアート展」のこれまでの入賞作品が、常時80点ほど展示されています。1941年に建てられた美濃町産業会館をリノベーションしたノスタルジックな建物は、国の登録有形文化財に指定されています。

■美濃和紙あかりアート館
・住所: 〒501-3728 岐阜県美濃市本住町1901-3
・URL: http://www.mino-city.jp/jp/tourist/history02.html

いかがでしたか。岐阜県美濃市で開催される「美濃和紙あかりアート展」を紹介しました。美濃和紙で彩られた幻想的なあかりのアートを観に、「うだつの上がる町並み」の岐阜県美濃市へでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース