海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東海 >静岡 >10,000株のアジサイ!三島スカイウォークのKicoroの森に初夏の薫り(静岡県・三島市)

10,000株のアジサイ!三島スカイウォークのKicoroの森に初夏の薫り(静岡県・三島市)

2018年05月31日

アジサイの先には日本一長い歩行者専用吊橋

静岡県三島市の観光スポット、三島スカイウォークのアジサイを紹介します。全長400メートル、日本一長い歩行者専用吊橋として有名な三島スカイウォーク。その北側に広がるKicoroの森では、まもなくアジサイが見ごろを迎えます。170品種、約10,000株のアジサイが咲き誇り、新たに改良された3種類の新品種のアジサイを観賞することができます。彩り豊かなアジサイを観に、三島スカイウォークへ出かけてみてはいかがでしょうか。

三島スカイウォークのアジサイとは!?

170品種、約10,000株のアジサイ

静岡県三島市にある三島スカイウォークのKicoroの森では、6月中旬頃から、初夏の風物詩であるアジサイが咲き始めます。今年は新たに5,000株のアジサイが植栽され、Kicoroの森に足を踏み入れた瞬間に、辺りを覆う170品種、約10,000株のアジサイに目を奪われることでしょう。

また、三島スカイウォークのKicoroの森でしか観ることができない新品種(3種類)のアジサイが登場します。品種改良により新たに開発されたアジサイです。新品種の開発を記念して、その内の1品種の品種名を公募するそうです。施設内に設置されたアンケートボックスから応募してみましょう。

白い花べんが珍しい新品種のアジサイ
名前が公募される新品種のアジサイ

三島スカイウォークのアトラクション(1)セグウェイ

オフロードタイプのセグウェイ!

三島スカイウォークでは、アジサイ観賞のほかにもたくさんのアトラクションが企画されています。2018年6月1日(金)には、全長約2.5キロメートルのセグウェイコースがオープンします。最新鋭のセグウェイを使って、箱根西麓の木漏れ日に包まれながら、颯爽と野山を駆け巡ることができます。

セグウェイコースの最大のポイントは、コースの途中に設けられたオフロードエリアです。オフロードエリアには砕石が敷かれており、障害物を乗り越えるために低圧タイヤが装着されたオフロードタイプのセグウェイを存分に楽しめます。

セグウェイの乗車中、同行するインストラクターから、セグウェイの操作方法をはじめ、三島スカイウォークの完成までの秘話や、この土地の自然や歴史についてレクチャーを受けることができます。

三島スカイウォークのアトラクション(2)映画上映会

夜景を眺めながら映画鑑賞

三島スカイウォークでは、2018年7月14日(土)から7月16日(月)までの3日間、「夜空と交差する空の上映会」と銘打って、野外映画祭が開催されます。

上空には満天の星空が広がり、眼下には静岡県三島市の美しい夜景を収めながら、珠玉の映画を楽しむことができます。上映内容は次のとおりです。
・2018年7月14日(土)『スタンド・バイ・ミー』ほか中短編1本
・2018年7月15日(日)『バーフバリ 王の凱旋』ほか中短編1本
・2018年7月16日(月)『ザ・ウォーク』ほか中短編1本

三島スカイウォークへのアクセス方法

日本一長い歩行者専用吊橋、三島スカイウォーク

Kicoroの森が広がる三島スカイウォークへ行くには、電車やバスなどの公共交通機関を利用すると便利です。三島スカイウォークの最寄りとなる駅は、JR東海道新幹線、伊豆箱根鉄道線三島駅です。三島駅から三島スカイウォークまでは路線バスが運行されています。バスの所要時間は約25分(天候、交通事情による)です。

自動車で三島スカイウォークへ行くには、東名高速道路・沼津インターチェンジ、または新東名高速道路・長泉沼津インターチェンジを利用すると便利です。三島スカイウォークには、普通車400台分の駐車場(無料)があります。

■三島スカイウォーク
・住所:〒411-0012 静岡県三島市笹原新田313
・最寄駅:JR東海道新幹線、伊豆箱根鉄道線三島駅
・URL:http://mishima-skywalk.jp/

170品種、約10,000株のアジサイが咲き誇る三島スカイウォーク。彩り豊かに山道を覆いつくすアジサイを観に、日本一長い歩行者専用吊橋へ出かけてみませんか。

【関連記事】小田急・新型ロマンスカー「GSE」で行く!箱根と絶景の富士山を望む「三島スカイウォーク」を巡る旅('18/3/17公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事