海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >北米 >アメリカ >カールスバッド(カリフォルニア) >5月中旬まで!期間限定カールスバッドのお花畑 ザ・フラワー・フィールズ(アメリカ)

5月中旬まで!期間限定カールスバッドのお花畑 ザ・フラワー・フィールズ(アメリカ)

2018年04月23日

カールスバッドのお花畑 ザ・フラワー・フィールズ(アメリカ)

ロサンゼルスのダウンタウンから車でおよそ1時間30分南下した海沿いに、カールスバッドという小さな町があります。自然が豊かで、ゆったりしたリゾートの空気が漂うこの町には、観光客が楽しめる隠れたアトラクションがたくさんあります。ロサンゼルスとサンディエゴを結ぶ国道5号の途中、お花畑 ザ・フラワー・フィールズにちょっと立ち寄ってみませんか。

キンポウゲ(ラナンキュラス)のお花畑

お花畑の先にはヤシの木と海が見える

カールスバッドのお花畑は、その名もずばり、ザ・フラワー・フィールズ(The Flower Fields at Carlsbad Ranch)です。毎年3月から5月中旬までの期間限定で、お花畑が一般に公開されています。広さ50エーカー、東京ドームおよそ5個分の敷地一面に花が咲き、まるで花の絨毯のようです。

なだらかな傾斜に色別に植えられた花は、可憐な姿のキンポウゲ(ラナンキュラス)。秋に種が蒔かれてから6ヵ月を経て、美しい花を咲かせるそうです。下記写真は4月上旬のピーク時に撮ったもので、80パーセント以上が開花していました。

改良が重ねられたキンポウゲ

最初は花弁が5枚だったキンポウゲが、改良を重ねられ、何重にも花弁が重なる大きな花となったそうです。

大きな花が咲き誇るキンポウゲのお花畑

観賞の仕方(1)散策しながらフォトジェニックスポットへ

園内でもらえるガイドマップ

園内の造りは、いたってシンプルですが、入り口でマップがもらえます。大きなお花畑の下側がメインの通りになっていて、各庭園、特設ブース、飲食物の販売、トイレなどが並んでいます。

キンポウゲのお花畑は、ブロックごとに緑のテープが張ってあり、入ることはできませんが、テープの外の道沿いは自由に散策できます。また、写真撮影用に立ち入ることができるスポットが設けてあります。360度、どこにカメラを向けても絵になる写真が撮れます。

フォトジェニックな撮影スポット

観賞の仕方(2)園内一周はトラクターでらくちん

ピーク時には行列ができるトラックツアーの出発地点

この広い敷地を歩いて回るのはちょっと、という方にはトラックツアー「アンティーク・トラクター・ワゴン・ライド」(大人5ドル、子供3ドル)がおすすめです。トラックの荷台に座って、スピーカーから流れるガイドを聞きながら、20分ぐらいかけて園内をぐるっと一周します。

途中いくつかの停留所がありますので、下車して写真を撮ったりすることもできます。何度でも乗り降り自由で、たくさんのトラクターが巡回していますので、のんびりと自分のペースで景色を楽しむことができます。

トラックの荷台に座ってお花畑を観賞

観賞の仕方(3)お弁当持参でピクニックエリアへ

特設ステージではバンドによる生演奏が

ピクニックエリアでお弁当を食べながら、お花畑を眺めるのもおすすめです。ピクニックエリアのメイン通りには売店があり、ホットドックなどの軽食がとれます。また、食べ物と飲み物は持ち込み可ですので、持参したお弁当を食べることができます。屋台ではレモネード、ポップコーン、アイスクリームなども売っています。

なお、週末になると、特設ステージではバンドによる生演奏や、子供たちが参加できる工作コーナーなどのイベントが催されます。公式サイトや園内でもらえるガイドマップに詳細が記載されています(一部有料イベントあり)。

ほかには、スイトピー迷路がおすすめです。迷路を造っているスイトピーの背は、それほど高くはないのですが、赤やピンクの花からとてもいい香りが漂います。小さなお子さんは、森の中に迷い込んだ気分になるかもしれません。

スイトピー迷路からはいい香りが
小さなお子さんに人気のスイトピー迷路
ポインセチアの豪華なディスプレイ
バラ園に咲く淡ピンクのバラ
ランの温室にはたくさんの種類が
鳥小屋から聞こえるさえずりも心地いい

ザ・フラワー・フィールズを訪れる時の服装や持ち物

日影が少ないので日差しには注意!

ザ・フラワー・フィールズを訪れる時は、歩きやすい靴は必須です。また、カリフォルニアでは日差しが強くなりますので、帽子、日焼け止め、サングラスなどの日焼け対策はしていきましょう。

海沿いのため、朝夕は冷えるかもしれませんので、上着があると安心です。花粉症の方は、薬やティッシュなどもお忘れなく。アメリカでは日傘やマスクの使用はあまり一般的ではありません。とにかく、どこを撮っても絵になる景色ですので、カメラの容量(フィルム、メモリ、バッテリーなど)は充分に用意していきましょう。

ザ・フラワー・フィールズ近辺のアトラクション

シンプルながらも手入れの行き届いたお花畑

ザ・フラワー・フィールズのすぐ隣には、プレミアムアウトレットがあります。アメリカのアウトレットとしては中規模ですが、プレミアムアウトレット系列で期待できるブランドは一通り入っていますし、日本人に馴染みのブランドもあります。また、レゴ®をテーマとしたテーマパーク、レゴランド®も隣にあります。

ザ・フラワー・フィールズのお花畑を見下ろすホテル、グランド・パシフィック・パリセーズ・リゾート&ホテル(Grand Pacific Palisades Resort & Hotel)に泊まれば、これら3ヵ所を巡るのに便利かもしれません。

■グランド・パシフィック・パリセーズ・リゾート&ホテル
・住所:5805 Armada Dr, Carlsbad, CA 92008 U.S.A.
・URL:http://www.grandpacificpalisades.com/

ザ・フラワー・フィールズの開園時間と入場料

なだらかな斜面に咲くキンポウゲ

ザ・フラワー・フィールズの一般公開は、2018年3月1日(木)から5月13日(日)までです。開園時間は9:00から18:00までです。入園券の料金は、大人16ドル、60歳以上14ドル、3~10歳8ドルです。入園券は、オンラインで事前購入もできますが、手数料がかかります。なお、ザ・フラワー・フィールズには、無料の駐車場があります。

■ザ・フラワー・フィールズ(The Flower Fields at Carlsbad Ranch)
・住所:5704 Paseo Del Norte Carlsbad, CA 92008 U.S.A.
・開催期間:2018年3月1日(木)~5月13日(日)
・URL:http://www.theflowerfields.com

海風に揺れるザ・フラワー・フィールズの花々

いかがでしたか。青い空の下、色鮮やかな花は息をのむ美しさです。ザ・フラワー・フィールズは期間限定のお花畑ですから、チャンスのある方はぜひ足を運んでみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事