海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >北米 >アメリカ >アメリカ その他の都市 >世界のクリスマスマーケットを楽しむ旅行先6選

世界のクリスマスマーケットを楽しむ旅行先6選

2018年12月09日

伝統的なヴィピテーノ(イタリア)のクリスマスマーケット

12月に入り、冬も本番を迎える今日この頃。この時期になると話題に上がるのが、クリスマス! そんなクリスマスシーズンの高まりを受け、世界最大級のオンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」は、世界中の旅行者からのおすすめ情報をもとに「世界のクリスマスマーケットを楽しむ旅行先6選」を発表しました。ホワイトクリスマスを謳歌したい人にぴったりなクリスマスマーケットを紹介します。

フランケンムース(アメリカ・ミシガン州)

フランケンムース(アメリカ)のクリスマスマーケット

アメリカ・ミシガン州で毎年12月の最初の週末に開催されるフランケンムース・ファーマーズ・マーケットは、たくさんの商人が集まり、新鮮なマロンや手作りのガーランド、出来立てのアップルサイダーなどが販売されます。

クリスマスマーケットのほかにも、年間を通して営業しているブロナーズ・クリスマス・ワンダーランドは、約100,000平方メートルの広さを誇る世界最大のクリスマス用品店です。毎年2,000,000人もの人が訪れており、一年中クリスマス気分を楽しむことができます。

街中がクリスマスのオブジェでいっぱい

ヴィピテーノ(イタリア)

ヴィピテーノ(イタリア)のクリスマスマーケット

北イタリアのヴィピテーノでは、シュトレン(クリスマス菓子)を雪景色のなかで楽しむことができる山の中のクリスマスマーケットがあります。海抜約1,000メートルの高地に位置するヴィピテーノでは、毎年クリスマスの時期になると、冬のおとぎ話のような雰囲気を感じることができます。

2018年のクリスマスマーケットは、11月23日(金)から翌年1月6日(日)まで開催され、地元の商店街では、パチパチと音をたてる暖炉やイルミネーションで飾り付けられたクリスマスツリーを背に、焼きたてのシュトレンなどが販売されます。

おとぎ話のような幻想的な雰囲気

エッセン(ドイツ)

エッセン(ドイツ)のクリスマスマーケット

ドイツ・エッセンのクリスマスマーケットは、450,000個の電飾で形作られた屋根の下に、クリスマスギフトやグルメの屋台が250軒以上並ぶマーケットです。2018年11月16日(金)から12月23日(日)までフラックス広場で開催され、訪れた人に中世の世界観を感じさせてくれます。

こちらのクリスマスマーケットでは、手作りの石鹸やお香、陶器に毛皮などの買い物ができるほか、昔ながらのレシピを元に作られた中世のスイーツも味わうことができます。

屋台にはクリスマスギフトが山のように

台北(台湾)

台北の衛星都市・新北のクリスマスイルミネーション

毎年、台湾の台北には、活気ある家族向けのクリスマスランドが出現します。なかでも台北の衛星都市・新北のクリスマスイルミネーションは必見です。パフォーマンスにゲーム、食べ物や地元のお店の手作りスイーツまで楽しめる、まさに冬のワンダーランドです。

台北および周辺都市のクリスマスイベントは、数週間にわたって開催され、過去にはライトアップやイルミネーション、巨大なクリスマスマーケットにキャロルシンガーなど、さまざまな演出で多くの人を楽しませてくれます。

台北101周辺のライトアップ

ミュルーズ(フランス)

ミュルーズ(フランス)のクリスマスマーケット

フランス・ミュルーズのクリスマスマーケットは、2018年11月24日(土)から12月23日(日)までの間、街でもっとも有名なラ・レユニオン広場で開催されます。このクリスマスマーケットは伝統的なクリスマスカラーである赤と緑だけではなく、カラフルな色でクリスマスをお祝いし、地元の人からも「もっともカラフルなマーケット」と称されています。

織物産業の街として栄えたミュルーズは、その伝統を継承して毎年お祝いの織物を作製し、クリスマスマーケットに並ぶ100軒以上の小屋を色鮮やかに飾ります。また、地元の職人がふるまうフォアグラやジンジャーブレッド、クリスマスクッキーを味わうことができます。

世界一(?)カラフルなクリスマスマーケット

ファルケンブルグ(オランダ)

ファルケンブルグ(オランダ)のクリスマスマーケット

ユニークなクリスマスマーケットなら、オランダ・ファルケンブルグのベルベット洞窟がおすすめです。2018年で21周年を迎えるこのクリスマスマーケットでは、毎年、素朴な地下の空間にクリスマスギフトを販売する屋台が並びます。

また、ファルケンブルグのベルベット洞窟では、美しい壁画や彫刻、印象的な18世紀の礼拝堂を巡るツアーも開催されています。クリスマスマーケットのほかにも、一般公開されている城跡を訪れるのもおすすめです。

洞窟のなかにクリスマスのオブジェ

いかがでしたか。世界最大のオンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が発表した「世界のクリスマスマーケットを楽しむ旅行先6選」を紹介しました。ホワイトクリスマスは、どの都市のクリスマスマーケットで過ごしたいですか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー