海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >オセアニア >オーストラリア >パース >西オーストラリア州に広がる大自然!地球の歴史と営みを感じる旅【ワイルドフラワー編】

西オーストラリア州に広がる大自然!地球の歴史と営みを感じる旅【ワイルドフラワー編】

2020年08月13日

まるで花のカーペットのよう

大昔の地殻変動によって他の大陸から完全に独立したオーストラリアには、姿形がユニークなものが多い“ワイルドフラワー”と呼ばれる草花が約1万2000種類以上存在します。州内に11のワイルドフラワーのトレイル(街道)がある西オーストラリア州では、7月の開花シーズンから12月にかけて徐々に南下していく“ワイルドフラワー前線”があり、各エリアで咲き誇る花々を鑑賞できます。カンガルーの前足に似た形が特徴の「レッドアンドグリーンカンガルーポー」は西オーストラリア州の州花で、代表的なワイルドフラワーのひとつ。そのほかにも形がボトルを洗うブラシに似ている「ボトルブラシ」や南十字星の形をした「サザンクロス」などユニークなワイルドフラワーがたくさん。州内のワイルドフラワーの名所を紹介します。

【はじめに】2020年8月11日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。

世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

キングスパーク

パースの中心部でもワイルドフラワーを見られる

パースの町を丘の上から眺められるキングスパークは、都市にある公園としては世界最大規模です。ボタニックガーデンでは約1700種類のオーストラリア固有の植物を見ることができます。
毎年9月に開催される「キングス・パーク・フェスティバル」の時期には、ボタニックガーデンの花が咲き乱れるので、来場者は市街地の中にもかかわらず自然を感じることができます。園内にはBBQ用の施設や公共トイレ、遊び場があるので子供連れで訪れる地元ファミリーも多いのだとか。


エバー・ラスティングトレイル

おとぎの国に迷い込んだような可憐な景色

パースからインド洋沿いに北上している「ブランドハイウェイ」や内陸に向かって伸びる「グレートノーザンハイウェイ」をドライブしていると、いたるところでトレイルの名前にもなっているエバーラスティングの群生を見ることができます。なかでもコールシーム自然保護区やムレワでは、色とりどりのエバーラスティングが咲き誇りまるでカラフルなフラワーカーペットのようになっており、その景色は圧巻です。

ウェーブロック

岩の波とワイルドフラワーのコラボレーション

長さ約110m、高さ約15mの石でできた巨大な波のような形をした石はウェーブロックと呼ばれる花崗岩の一枚岩です。27億年以上の長い年月をかけて風化や浸食され独特の形になりました。
そんなウェーブロックの周辺では約2500種以上の蘭やフェザーフラワー、マラマラなどのワイルドフラワーを見ることができます。近くのムカルズ・ケーブではアボリジニが描いたとされる450以上の古代の岩絵を見ることもできるので、自然が作った芸術を見るとともに、オーストラリアの歴史にも浸ることができます。

ジャラランド・トレイル

インド洋とワイルドフラワーのコラボレーション

ジャラランド・トレイルで見ることができるのは、オーストラリアが原産のユーカリの仲間が形成する森の道です。数十メートルの高さにもなるユーカリの木々の根元には可憐な花が咲いており、ユーカリのさわやかな香りが漂っている森でのウォーキングでは心身ともにリフレッシュすることができます。
ナチュラリステ岬からルーウィン岬まで海沿いに続くトレッキングルートではインド洋の絶景を見ることができ、足元に咲き誇るワイルドフラワーとのコラボレーションを楽しめます。

西オーストラリアのワイルドフラワーの見頃は毎年7月~12月頃です。日本からパースへの直行便もあり(現在運航停止中)アクセスも便利な西オーストラリア州。近い将来訪れてみてはいかがでしょうか。

■西オーストラリア州政府観光局(日本語ウェブサイト)
・URL: http://www.nonbiri-perth.com/

≫≫≫(関連記事)オーストラリア旅行に役立つ記事はこちら

※本記事の観光関連情報は2020年8月5日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2020年8月11日現在、オーストラリアへの日本からの観光目的の渡航はできません。渡航についての最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL:  https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック C11 オーストラリア 2021年~2022年版

地球の歩き方 ガイドブック C11 オーストラリア 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:本体2,090円
発行年月: 2020年07月
判型/造本:A5変並製
頁数:688
ISBN:978-4-05-801333-5

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース