海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >歴史上の人物 >北米 >アメリカ >ニューヨーク(ニューヨーク) >【図鑑シリーズ】コロナ禍でリーダーシップを発揮する“世界の指導者”について学ぼう!

【図鑑シリーズ】コロナ禍でリーダーシップを発揮する“世界の指導者”について学ぼう!

2021年04月12日

海外に行けない今こそ世界の知識をたくわえたい

コロナ前まで、自由に世界を行き来できていた頃が夢のように感じるほど、すっかりリアルに海外の空気に触れる機会が減ってしまいました。そんななか、海外のニュースで気になるのは、コロナ禍でリーダーシップを発揮する世界の指導者たち。2021年3月に発売となった『世界の指導者図鑑 2021~2022年版』より、本書で取り上げている3名のリーダーをご紹介します。

第46代アメリカ合衆国大統領 ジョー・バイデン

ジョー・バイデン大統領

ジョー・バイデンは、29歳の若さで上院議員に当選して以来36年にわたり務めた後、2009年からオバマ政権で8年間副大統領として活躍しました。2020年にトランプ前大統領との大統領選を制し、史上最高齢となる78歳でアメリカ大統領に就任したのは記憶に新しいところ。私生活においては上院議員当選直後に、交通事故で妻と娘を失い、息子ふたりが重体となる悲劇に見舞われています。子供と過ごすために、議会のあるワシントンDCには移り住まず、地元ウィルミントンからアムトラック(全米鉄道旅客会社)で片道1時間半かけて列車通勤を続けたため、アムトラック・ジョーというあだ名がつけられました。コロナ対策ではマスク着用やスピーディーなワクチン接種など、トランプ前大統領の対応を就任直後に転換しました。

ウィルミントン駅は2011年、ジョセフRバイデンJr駅に改名

第40代ニュージーランド首相 ジャシンダ・アーダーン

ジャシンダ・アーダーン首相

17歳で労働党に入党したジャシンダ・アーダーンは、大学卒業後に女性首相のヘレン・クラークの事務所や、イギリスのブレア首相の事務所での勤務を経て、2008年に国会議員に初当選。2017年に労働党党首に就任すると、その年の総選挙で勝利し、史上最年少の37歳3ヵ月で首相に就任しました。就任後の2018年に出産し、現役首相として世界で初めて在任中の育児休暇を取得しています。新型コロナウイルス対策では、出入国禁止措置のほか、都市封鎖や感染者の追跡などをいち早く実行し、早い段階での封じ込めに成功。テレビに出演し状況や対策をわかりやすい言葉で話しかけ、国民から支持されました。

ウェリントンにある国会議事堂。通称ビーハイブ(蜂の巣)ビル

第8代ドイツ連邦共和国首相 アンゲラ・メルケル

アンゲラ・メルケル首相

アンゲラ・メルケルは1954年西ドイツのハンブルク生まれ。生後すぐに牧師の父親が東ドイツへ赴任することになり、家族で西ドイツから東ドイツへと移住しました。大学では物理学を専攻し、卒業後は科学アカデミーに勤めるなど、学者としてのキャリアを歩みますが、1989年のベルリンの壁の崩壊を機に政治家への転身を決意。東西ドイツ統一後初の連邦選挙で当選し、コール内閣で即入閣。2005年にドイツ史上初の女性首相になっています。理路整然と話す一方で、生活は庶民的でサッカー好きと、国民からムッティー(お母さん)と呼ばれて親しまれています。コロナ禍では、ときに感情をあらわにしながら、国民の気持ちに寄り添った演説を行い、多くの人を感動させました。

ライトアップされた連邦議事堂

地球の歩き方の図鑑シリーズに『世界の指導者図鑑』が登場

各国情勢を現役指導者の経歴から読み解く一冊

地球の歩き方の図鑑シリーズとして、『世界の指導者図鑑2021〜2022』が2021年3月に発売となりました。この本では208の国と地域のリーダーについて経歴やエピソードを解説しています。ニュースではあまり伝えられないエピソードやその国にまつわる雑学も満載です。海外に飛び立てるその日が来るまで、世界についてしっかり学びながら、旅の下準備をしておきましょう!

■世界の指導者図鑑 2021~2022年版 208の国と地域のリーダーを経歴とともに解説
・URL: https://hon.gakken.jp/book/2080160400

TEXT: どんぐり・はうす
PHOTO: ©地球堂、©iStock
ILLUSTRATION: よしのももえ


≫≫≫(関連記事)
旅ができる――その時に絶対行きたい!世界の絶景奇岩と巨石の記事はこちら
世界の都市をいろんな角度から見てみると、これまで知らなかった新たな一面が見えてくる!の記事はこちら
HISのオンライン海外ツアー6選!世界一周やハワイ買い物代行などの記事はこちら


※当記事は、2021年4月5日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年4月5日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 W  世界の指導者図鑑 2021~2022年版 208の国と地域のリーダーを経歴とともに解説

地球の歩き方 W 世界の指導者図鑑 2021~2022年版 208の国と地域のリーダーを経歴とともに解説

地球の歩き方編集室(編)
定価:本体1,650円
発行年月: 2021年03月
判型/造本:A5
頁数:160
ISBN:978-4-05-801604-6

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース