海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >宿泊施設 >アジア >インドネシア >バリ島 >「星のやバリ」に「空中ガゼボ朝食」が新登場(インドネシア・バリ島)

「星のやバリ」に「空中ガゼボ朝食」が新登場(インドネシア・バリ島)

2019年03月04日

大自然のなか、朝日と共に味わう「空中ガゼボ朝食」

インドネシア・バリ島ウブドの「星のやバリ」が提供する新サービス「空中ガゼボ朝食」を紹介します。「星のやバリ」では、朝日が差し込む新鮮な空気のなか、ジャングルを見下ろす「カフェ・ガゼボ」で、バリの郷土食「テラン・ブラン」をアレンジした朝食を食べることができます。まるで宙に浮いているような感覚と「星のやバリ」でしか食べることができないオリジナルメニューで非日常感あふれる朝の時間を楽しんでみませんか。

「星のやバリ」の「空中ガゼボ朝食」とは

ピクニックスタイルで楽しめる「空中ガゼボ朝食」

「星のやバリ」の「空中ガゼボ朝食」は、宙に浮いているような気分を味わえる「カフェ・ガゼボ」で、優雅な朝の時間を楽しめる新サービスです。バリの郷土食をアレンジしたパンケーキをメインに、バスケットに入ったサラダやフルーツをピクニックスタイルで食べることができます。

<「空中ガゼボ朝食」の内容>
サラダ、フルーツ、テラン・ブラン(フレッシュチーズのクリーム、マンゴーソース、グアバのコンフィチュール)、ハーブティ、コーヒーまたは紅茶

バリ人が愛する郷土食「テラン・ブラン」をアレンジ

「もっちり感」は残しつつ、朝の身体にもやさしい味わい

「テラン・ブラン(TerangBulan )」は、インドネシアの郷土食です。丸型に焼いた生地に、黒米やココナッツ、パームシュガーを乗せて半分に折ったお菓子です。熱帯モンスーン気候に属し、平均気温が高いバリ島では、十分なエナジーチャージを兼ねて食事と食事の間にお菓子をよく食べます。

「テラン・ブラン」はそんなお菓子のひとつ。はっきりした甘さとバターの濃厚な味、もっちりした食感がクセになるおいしさで、バリの人々に愛されています。

「星のやバリ」では、日本とインドネシアに根付く米食文化にちなんで「もっちり感」は残しつつ、朝の身体にもやさしい、あっさりした一品に仕上っています。ほどよい酸味と軽い口当たりが特徴のフレッシュチーズのクリームやマンゴーソース、グアバのコンフィチュールが添えてあります。

サラダやフルーツが入ったバスケットをかたわらに、清々しい空間でピクニック気分と共に味わいましょう。

朝日が差し込むジャングルを見下ろす特等席

木々の隙間から朝日が差し込む「カフェ・ガゼボ」

「星のやバリ」の「カフェ・ガゼボ」は、渓谷沿いに建つバリ風の東屋のようです。四方は豊かな自然に囲まれ、目の前には深さ170メートル以上もある渓谷に沿ってジャングルが広がっており、まるで宙に浮いているような気分を味わえます。

夜が明けると、木々の隙間から差し込む朝日が「カフェ・ガゼボ」をオレンジ色に染め、目の前には朝日を受けてキラキラと輝くジャングルが広がります。鳥のさえずりや水の音も心地よい、自然に包まれた空間で、優雅な朝の時間を堪能できます。

「空中ガゼボ朝食」の申込方法と料金

バリ建築の技法で造られたヴィラ

「空中ガゼボ朝食」を楽しむには、「星のやバリ」の公式サイトから前日の22:00までに申し込みます。「空中ガゼボ朝食」の料金は、250,000Rp(ルピア)/人(税金10%、サービス料10%、宿泊料別)です。当日に取り消した場合、キャンセル料は100%となります。

「星のやバリ」とは!?

「星のやバリ」の外観

「星のや」ブランドの海外1軒目の施設である「星のやバリ」は、ウブドの東側に位置し、平らかな土地が急激に深く谷底の渓流へと切れ込むバリらしい地形に広がります。約3ヘクタールの敷地は、運河を模したプール、渓谷に浮かぶガゼボ、渓谷を臨むダイニング、バリ建築の技法で仕上げたヴィラなど、ウブドの大自然や文化を感じられる空間で構成されています。

■星のやバリ
・住所:Br. Pengembungan, Desa Pejeng Kangin, Kecamatan, Tampaksiring, Gianyar 80552 Bali
・URL:https://hoshinoya.com/bali/

いかがでしたか。「星のやバリ」が提供する新サービス「空中ガゼボ朝食」を紹介しました。大自然に囲まれた「カフェ・ガゼボ」で、「空中ガゼボ朝食」を食べながら優雅な朝のひとときを過ごしてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事