海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >宿泊施設 >日本 >関東 >東京 >東京・上野のユニークな「すこし先の宿泊券」と、中野京子さんナビゲートの秋開催の英国王室展

東京・上野のユニークな「すこし先の宿泊券」と、中野京子さんナビゲートの秋開催の英国王室展

2020年04月14日

女性でも安心して利用できるホステル「Q Stay and lounge 上野」

東京・上野の情報をふたつお届け。少し先の旅行計画を立てるのに最適な、上野にあるホステル「Q Stay and lounge 上野」が販売する「すこし先の宿泊券」と、上野の森美術館で2020年10月に開催される英国王朝の肖像画展『KING & QUEEN展』を紹介します。

誠意のこもったおもてなし。Q Stay and lounge 上野の「すこし先の宿泊券」

にぎやかなドミトリーの客室

東京・上野にあるホステル「Q Stay and lounge 上野」では宿泊客の安全を第一に考え、購入者が2020年12月31日までの期間に好きなタイミングで利用できる「すこし先の宿泊券」を販売します。宿泊施設が“今は宿泊客の安全を考えると、来て欲しいとはいえない。でも新型コロナウイルスが終息したら、ぜひ泊まりに来てほしい”という思いを込めて企画しました。
宿泊券は4種類、通常価格より30~54%の割引になっており、朝食も付きます。

カプセルタイプのベッドを備えたドミトリーと個室
清潔で使いやすいパウダールーム

ドミトリー(カプセルタイプの相部屋)を多数備えるQ Stay and lounge 上野は、2020年1月20日にオープン。ドミトリー以外にツインとダブルの個室があります。女性専用のドミトリーもあり、セキュリティボックスも完備しているので女性でも安心して宿泊することができます。また、洗濯乾燥機もあるので長期滞在にも最適です。

カジュアルな「Q Cafe」

1Fにある「Q Cafe」は、Wi-Fiや電源を完備しているのでテレワークも可能。ドリンクやフードもリーズナブルに楽しめます。

「Q Cafe」のテイクアウトコーヒー

今のうちにおトクに宿泊券をゲットして、旅行の計画を立ててみませんか?

■Q Stay and lounge 上野「すこし先の宿泊券」
・販売期間: 2020年4月3日~5月6日
・使用有効期限: 2020年12月31日チェックインまで

【宿泊券、4種】
1. ドミトリー宿泊券・1泊分: 3500円
2. 個室宿泊券・1泊分: 1万1000円
3. ドミトリー回数券・3泊分: 9000円+さらに1泊分無料
4. 個室回数券・3泊分: 2万9000円+さらに1泊分無料
※すべて税込、朝食付き、割引済み価格
※宿泊券1枚につきドミトリーは1名、個室は最大2名、対象の部屋にのみ使用可能。購入者以外へのプレゼントや、回数券については複数名でのシェアや同時利用も可能。

【購入、使用方法】
購入は、下記の特設サイトから。
https://q-stay.stores.jp/
※購入後の宿泊予約はQ Stay and lounge 上野の公式ウェブサイトから行い、発行された電子チケットを、チェックイン時にスタッフに提示

■Q Stay and lounge 上野 (キュー ステイ アンド ラウンジ 上野)
・住所: 東京都台東区東上野2-13-2
・アクセス: 東京メトロ日比谷線、銀座線「上野」駅から徒歩3分/JR線「上野」駅もしくは「御徒町」駅から徒歩8分
・URL: https://www.q-stay.jp
※2020年5月6日までの間に、営業時間の変更と臨時休業期間あり。詳しくはウェブサイト(URL)を確認してください

上野の森美術館で『KING & QUEEN展』が2020年10月に開催

エリザベス2世
Queen Elizabeth II by Dorothy Wilding, hand-coloured by Beatrice Johnson (1952) ©National Portrait Gallery

上野の森美術館で、ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーが所蔵する肖像画を展示する『KING & QUEEN展』が2020年10月に行われることが決定しました。

ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー
©National Portrait Gallery

ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーは英国王朝の最も重要な肖像画を所蔵する美術館です。本展では絵画や写真などの肖像画100点を展示します。

エリザベス1世
Queen Elizabeth I by Unknown English artist (ca.1588) ©National Portrait Gallery
ヘンリー8世
King Henry VIII after Hans Holbein the Younger (probably 17th century, based on a work of 1536) ©National Portrait Gallery

英国王室といえば、2020年4月5日にエリザベス女王が、新型コロナウイルス感染が拡大しているイギリス国民に向けて異例のスピーチを行ったことが記憶に新しいところです。93歳の女王のスピーチは温かく、国民に感動と励ましを与えました。そんなエリザベス2世の肖像画も展示されます。国民から愛される現在のウィンザー朝を含めた5つの王朝を紹介し、英国王室の歴史をひも解きます。

『怖い絵』シリーズで人気の著者・中野京子さん

本展では、肖像画の表情やたたずまい、歴史から読み解かれる物語を、作家でドイツ文学者の中野京子さんがナビゲートします。
中野京子さんは『怖い絵』(朝日出版社)シリーズの著者として知られます。書籍の大ヒットもさることながら、刊行10年を記念して2017年に開催された『怖い絵』展では、68万人を動員しました。解説されなければただの美しい絵で終わってしまうような絵画が、知れば知るほど怖くなります。今回も中野さんの考察により、背筋がゾッとする体験があるのか? 期待してしまいます。

■『ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING & QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―』
・会期: 2020年10月開幕(会期の詳細は、決定次第発表)
・会場: 東京都台東区上野公園1-2 上野の森美術館
・URL: http://www.kingandqueen.jp/

未来の予定に期待を膨らませながら過ごしてみるのはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、オープン日時の変更や短縮営業、休館の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年4月13日現在のものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース