海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >宿泊施設 >日本 >四国 >愛媛 >四万十川の源流、滑床渓谷沿いの隠れ家「水際のロッジ」で五感で自然を感じる!

四万十川の源流、滑床渓谷沿いの隠れ家「水際のロッジ」で五感で自然を感じる!

2020年08月20日

山の中にひっそりと建つ水際のロッジ

“日本最後の清流”四万十川の源流のひとつ、四国・愛媛県は足摺宇和海国立公園の滑床渓谷に、全10室の隠れ家的な宿泊施設「水際のロッジ」が2020年にオープンしました。ロッジの1階にあるイタリアンレストラン「Selvaggio(セルバッジオ)」は、地元や四国の食材をふんだんに使用した焼きたてのピッツアが自慢のお店です。水際のロッジがある足摺宇和海国立公園の紹介と、水際のロッジの詳細、周辺で楽しめるアクティビティの情報をお届けします。

足摺宇和海国立公園

滑床渓谷

1972年に国立公園に指定された足摺宇和海国立公園は、四国南西部の沿岸部と内陸部の標高1000m級の山々からなる、海と山の変化に富んだ地形や景観が特徴的です。

世界最大の暖流、黒潮の影響を受けた沿岸部では、高緯度にもかかわらずサンゴが広がり、多くの魚が生息しています。ここに生育しているサンゴは世界分布のほぼ北限に位置し、温帯に生息するサンゴとしては規模・種類ともに非常に充実しているのだとか。このサンゴの様子は、シュノーケリングや海中展望塔などで観光客でも手軽に観察し楽しむことができます。

足摺宇和海国立公園の内陸部に広がる森には、杉やヒノキをはじめとした巨木が茂っており、豊かな自然を感じることができます。四万十川の源流が流れる滑床渓谷は、花崗岩が水などに浸食されて滑らかになった岩肌が有名です。“日本の滝100選”にも選ばれた「雪輪の滝」では、高さ40mの一枚岩の花崗岩を滑り降りるキャニオニングが観光客に人気。水しぶきを浴びながら自然と一体になって遊ぶことができます。

四万十川源流、森の国「水際のロッジ」

ロッジのロビーラウンジ

滑床渓谷沿いに建つ水際のロッジは、赤い三角屋根がトレードマークの地下1階、地上2階建ての宿泊施設です。周りの自然に溶け込んだクラシックなデザインは、まるで絵本に描かれている建物のよう。入ってすぐのロビーラウンジには暖炉があり、ゆっくりくつろぐことができます。木材を多く使用した館内には木の香りが広がり、窓の外に見える自然の景色と絶妙にマッチして心地よいひとときを過ごせます。

客室は全部で10室。それぞれの部屋はオーク材のフローリングで、室内を裸足で歩くと木のぬくもりを感じられます。すべての部屋に2段ベッドがあり、ひと部屋に4~6人が宿泊できるので、家族旅行はもちろん友人同士や三世代での旅行にも好適。窓を開けると聞こえる川のせせらぎと鳥の声をBGMに、自然の中でゆったり過ごす休暇を満喫できます。

家族旅行にも最適
自然の光で明るい室内

■四万十川源流、森の国「水際のロッジ」
・住所: 愛媛県北宇和郡松野町目黒滑床渓谷
・営業時間: 24時間
・電話番号: 0895-43-0331
・URL: https://morino-kuni.com/

野生のピッツェリア「セルバッジオ」

地元食材をふんだんに使用している

水際のロッジ1階にあるレストラン「セルバッジオ」が提供するのは、地元や四国で生産された食材をふんだんに使用した料理。なかでもピッツアは生地に愛媛県産の小麦を使うこだわりようで、トッピングには地元農家が育てたトマトをはじめ松野町で捕れた鹿や、瀬戸内海で捕れたしらすなどを使用しています。

旅行の楽しみのひとつであり、かつ大きなファクターを占める食事。地元の食材をたくさん使用して作られた料理は、どんな環境で育てられた食材なのかが容易に想像でき安心していただくことができます。自然に囲まれた水際のロッジの食事は格別です。

ピッツァ以外のメニューも楽しめる
料理を監修した岩澤正和氏

セルバッジオで提供される料理を監修した岩澤正和氏は、2006年に「ピッツァ世界コンペティション2006テクニカル部門最優秀賞」を受賞して、世界1位のピッツア職人の称号を得た実力者です。地域の食材を地元で消費する地産地消の考えを基本に、セルバッジオとタッグを組みました。

■セルバッジオ
・営業時間: 11:30~15:00(ラストオーダー14:30)17:30〜21:00(ラストオーダー20:30)
・予約: 要
・URL: https://morino-kuni.com/riverside-lodge/food/

アクティビティ情報

天然のウォータースライダーが楽しめる

滑床渓谷で楽しむことができるアクティビティといえば“キャニオニング”。時間と川の流れに磨かれた滑らかな花崗岩の岩肌が続く滑床渓谷では、水流に身を任せて岩肌を滑ったり滝つぼに飛び込んだりして、まるで子供時代に戻ったかのように体全体で自然を感じながら遊ぶことができます。
なかでも、日本の滝100選に選ばれたこともある雪輪の滝は高さ40mの滑降ポイントで、“日本最大級の天然ウォータースライダー”と称されており、迫力満点の川下りを楽しめます。水際のロッジに宿泊の際はぜひツアーに参加してみましょう。

山奥にひっそりとたたずむ水際のロッジは、まさに知る人ぞ知る穴場。細かいところまでこだわり抜かれた館内のデザインやセルバッジオで食べられる料理の数々は、まさに唯一無二。喧騒を忘れて身も心もリフレッシュできます。一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

>>>>(関連記事)愛媛県久万高原町の体験プログラム「GO! GO! 久万高原-忘れられない夏遊び-」

・・・・・・・・・・・・・・
★最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した各施設においてイベント内容や時間の変更、休業の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年8月18日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース