海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >リラクゼーション >日本 >甲信越 >新潟 >新潟・貝掛温泉 日帰り入浴可能な雪見露天の秘湯!「目の温泉」とは!? 越後湯沢駅からのアクセス情報も

新潟・貝掛温泉 日帰り入浴可能な雪見露天の秘湯!「目の温泉」とは!? 越後湯沢駅からのアクセス情報も

2018年01月17日

雪見露天の「目の温泉」 ©Booking.com

冬の時期、恋しくなる温泉。それも「雪見露天」や「秘湯」と聞くと何とも言えない憧憬がありませんか。「秘湯」というと、なかなか訪問しにくいイメージがありますが、比較的手軽に行ける新潟県の貝掛温泉をご存知でしょうか。 貝掛温泉は、東京駅から上越新幹線で約80分の越後湯沢駅から路線バスで約20分ほどの簡単アクセスで、「秘湯」で「雪見露天」が味わえるのです。さらに、「目に効く!?」温泉として、全国的にも珍しい、レアな泉質を誇るスポットでもあります。「秘湯」「雪見露天」「レアな泉質」で、しかもアクセスが容易、「日帰り入浴可能」な貝掛温泉の魅力を紹介しましょう。

雪深い貝掛温泉の魅力とは!?

雪深い銀世界に建つ一軒宿 ©Booking.com

上越新幹線の越後湯沢駅から路線バスに揺られてやってきました、貝掛温泉。路線バスの道中は、道路の両側に除雪された雪の巨大な壁の中を通ってくるイメージで、雪国に来たことを実感させてくれます。ずいぶんと遠くに来たようなイメージではありますが、越後湯沢駅から目的地の最寄のバス停までは、約20分です。

雪深いところにある一軒宿、貝掛温泉は秘境ムード満点です。早速、エントランスから館内に入ると、米俵などが置かれ、古民家風の雰囲気に気分が高まります。受付で入浴料1,000円(休日は1,200円。タオルは含まれないので、持参をおススメします)を支払い、温泉へ。

内湯の雰囲気も抜群

憧れの雪見露天が広がります。冷えた身体を温めるべく、早速露天風呂に入ります。
この貝掛温泉は、「目に効く!?」温泉ということで、内湯内には、飲泉や目を洗えるところもあります。ちょっと飲んでみましたが、味はあまりしませんでした。目も洗ってみます。江戸時代から眼病に効くとされ、昭和初期までは目薬として発売もされていたそうです。

しばらく雪見露天を楽しんでいましたが、30分浸かっても、身体がなかなか温まりません。 実は、この温泉、ややぬるいのです。毎分340リットルの湧出量を誇り、泉温35.8度で掛け流し、加水・加温もしていません。 ややぬるくても加温せずに、天然の温泉を大切にしているところに、宿の主人のこだわりを感じます。

でも、露天の一部には、加温した「熱湯」や、内湯もあるので、それらも利用すれば身体は温まりますから心配は要りません。

脱衣所には、床暖房が付いており、古民家風でありながら洗練された宿という印象をもちました。清掃も行き届いていて、快適に過ごすことができるでしょう。

宿泊だけでなく、日帰り入浴も可能な貝掛温泉

国道から宿へ向かう一本道に流れる清津川

東京からこんなに近くなのに、秘湯ムード満点の温泉でリフレッシュすることができました。 日帰り入浴もいいですが、宿泊してゆったり過ごすのもいいでしょう。

温泉から出て、館内の食事どころでランチを注文しました(ランチの時間は13時まで)。「貝掛御膳(2,500円)」の岩魚が大変おいしく、小鉢の味付けも洗練されている印象をもちました。

貝掛温泉へのアクセス方法は!?

越後湯沢駅東口から路線バスを利用

秘湯ムード満点の貝掛温泉へのアクセス方法を紹介します。自動車の場合は、関越自動車道、越後湯沢I.C.より12km(約15分)のところにあります。また、公共交通機関でのアクセス方法は、以下の通りです。

1、越後湯沢駅東口1番乗り場から南越後観光バス(路線バス)の貝掛温泉・苗場スキー場・浅貝・西武クリスタル方面行きに乗車します。

■南越後観光バス
・URL: http://www.minamiechigo.co.jp/


2、貝掛温泉バス停で下車、宿の送迎車を待ちます。
※事前に宿に電話連絡をし、貝掛温泉バス停の到着時刻を伝え、送迎を依頼します。

貝掛温泉バス停の待合所
国道17号線からの狭い一本道が貝掛温泉へのアクセス道

3、(送迎車は)越後湯沢駅方面側の貝掛温泉バス停の待合所から越後湯沢駅寄り右側30mのところに貝掛温泉への一本道があり、それを下ります。
※自家用車の場合は、貝掛温泉へのアクセスを示す看板が、雪に埋もれている可能性もありますので、注意してください。

清津川にかかる細い橋

4、急坂を下り、清津川にかかる車1台が通れるほどの細い橋を渡り終えると貝掛温泉に到着します。送迎車でバス停から約5分です。

貝掛温泉は、越後湯沢駅からのアクセス時間も短く、有名な苗場スキー場も周辺にあります。スキーやスノーボードなどの雪のレジャーの帰りに日帰り温泉として、また1泊して効能豊かな温泉を楽しむのもいいでしょう。「秘湯」「雪見露天」「泉質がレア(目に効く!?)」で、しかもアクセスが容易、「日帰り入浴可能」な貝掛温泉に出かけてみませんか。

■貝掛温泉
・住所: 〒949-6211 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686
・最寄駅: JR上越新幹線越後湯沢駅
・日帰り入浴の営業時間: 11:00~15:00(最終受付は、14:00)
・URL: http://www.kaikake.jp/

貝掛温泉
貝掛温泉と周辺のホテル
湯沢町【中心部から8km】
かぐらスキー場206スキーリフト乗り場から車で10分
※クチコミ人気

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事