海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >リゾート >日本 >九州 >大分 >おんせん県おすすめ! 真夏にぴったりの冷た~い温泉(大分県)

おんせん県おすすめ! 真夏にぴったりの冷た~い温泉(大分県)

2019年08月07日

別府地獄めぐり(海地獄)

真夏にぴったりの冷た~い温泉を紹介します。九州・大分県は、日本一の「おんせん県おおいた」の名のとおり、湧出量、源泉数ともに全国1位を誇ります。別府や湯布院といった誰もが知る温泉が有名ですが、実は、別府や湯布院にも勝るとも劣らない「おんせん県おおいた」ならではのユニークな温泉があるのです。13~14度の冷泉やラムネの湯は、知る人ぞ知る、温泉マニア絶賛の名湯です。

冷た~い温泉(1) 寒の地獄温泉

日本で唯一の硫黄の冷鉱泉

「寒の地獄温泉」は、江戸末期に開湯した歴史ある湯どころです。源泉かけ流し温泉で、毎分2トンを超える豊富な湧出量を誇ります。日本で唯一の硫黄の冷鉱泉で、切石風呂に檜風呂、家族湯、源泉13~14度の冷泉など、さまざまな温泉を楽しむことができます。

7月から9月限定の冷泉は、水着のまま入浴できます。入浴後は、身体を拭かずに暖房室で暖を取るのが医学的にも効果があると言われています。

■寒の地獄温泉
・住所:〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野257
・URL:http://kannojigoku.jp/

冷た~い温泉(2) 七里田温泉 下湯

一瞬のうちに大量の泡が身体を覆う

「七里田温泉」の下湯は、濃度が日本一と言われる炭酸泉です。入浴すると一瞬のうちに大量の泡で身体が覆われるラムネの湯として親しまれています。源泉の温度は、36~37度と体温と同じくらいなので、夏の暑い時期でものぼせることなくゆっくりと炭酸泉を体験することができます。

■七里田温泉 下湯
・住所:〒878-0202 大分県竹田市久住町大字有氏4050-1
・URL:https://konoha.sichirida-onsen.com/nihonichi.html

冷た~い温泉の後は「ひまわりフェスタ2019」へ

約160万本のひまわり畑

冷た~い温泉でさっぱりした後は、「ひまわりフェスタ2019」へ行きましょう。大分県国東半島の先端、長崎鼻では、地元の方々によって毎年大切に育てられているひまわりが、8月中旬頃に見ごろを迎えます。

九州では最大級の約160万本のひまわりからなるこの花畑は、海を背景に写真映えするスポットとしても注目です。フェスタ期間中は、ひまわり迷路が登場し、スタンプラリーも開催されます。

また、2019年4月にリニューアルした「長崎鼻ビーチリゾート」では、海が見えるトレーラーハウスに宿泊でき、BBQやSUPヨガ、サンセットヨガが体験できます。8月~9月は、マリンアクティビティーやリラクゼーションの割引特典のあるキャンペーンを実施しています。

■長崎鼻ひまわりフェスタ2019
・住所:〒872-1207 大分県豊後高田市見目4060
・開催期間:2019年8月17日(土)~9月8日(日)
・URL:http://www.nagasakibana-oita.jp/

いかがでしたか。「おんせん県おおいた」がおすすめする真夏にぴったりの冷た~い温泉を紹介しました。うだるような暑さのなか、温泉マニア絶賛の名湯に浸かって、ひんやりと涼んでみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー