海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >ショッピング >ハワイ >ハワイ >オアフ島(ハワイ) >ハワイ土産におすすめ!ショッピングスポット&ショッピング後に行きたいスパ情報

ハワイ土産におすすめ!ショッピングスポット&ショッピング後に行きたいスパ情報

2018年09月06日

ハワイならではのアイテムが揃うおすすめのショッピングスポット

旅に付きものなのが、家族や友人、会社などへのお土産選び。何を買おうか悩むのも楽しい旅の1シーンではありますが、せっかくなら旅先の雰囲気も伝わる、センスの良いものを渡したいですよね。今回は、ハワイならではのアイテムが揃うおすすめのショッピングスポットと、ショッピングで疲れた後に行きたい、とっておきのスパ、さらにショッピングがもっと楽しくなるハワイ旅行必携の一枚を紹介します。

1. パイナップル型が可愛い!ハワイ感たっぷりのクッキー

<「ホノルル・クッキー・カンパニー」>

「ホノルル・クッキー・カンパニー(Honolulu Cookie Company)」では、南の島のイメージにピッタリなパイナップル型をしたプレミアム・ショートブレッド・クッキーが手に入ります。化学調味料や保存料を一切使わず、ハワイの高品質な材料のみを使用し、毎日ホノルルの工場で焼き上げられるクッキーは絶品です。

<一つずつ選ぶこともできる種類豊富なフレーバー>

フレーバーはパイナップルやマンゴー、グアバなどのフルーツ系や、ココナッツ、ちょっと大人なコナ・コーヒーなどさまざま。おすすめフレーバーのパッケージや、好みのフレーバーを一つずつ選ぶこともできます。店内では自由に試食ができるので、お気に入りのフレーバーを見つけてみるのも楽しいでしょう。

<店内の試食スペース>

パッケージも可愛らしいものが揃い、パイナップル形のギフト・ボックスや、ハイビスカスのような花の形のパッケージは特に女性に人気とか。パッケージの中では新鮮さを保つため一つ一つ個別包装されているので、大人数に配りたい時にもピッタリです。

<ハイビスカスをモチーフにしたパッケージ>

ワイキキ中心部のワイキキ・ビーチ・ウォークやロイヤル・ハワイアン・センターをはじめ、アラモアナセンターなどオアフ島だけでも10店舗展開しているので、宿泊先からアクセスしやすい店舗を気軽に訪れられるのも嬉しいですね。

■ホノルル・クッキー・カンパニー(Honolulu Cookie Company)
所在地(ワイキキ・ビーチ・ウォーク店):227 Lewers St, Honolulu, HI 96815
営業時間:9:00~23:00
定休日:無休
https://www.honolulucookie.co.jp/

2. シェルマークが目印!ハワイ産カカオを使用したチョコレート

<マリエカイ・チョコレート>

ロイヤル・ハワイアン・センター1階にある「マリエカイ・チョコレート(Malie Kai Chocolates)」は、オアフ島ノースショア産のカカオを使用し、数々の賞を受賞しているチョコレート店です。サンフランシスコ・チョコレートサロンで優勝したミルクチョコレートや、入賞したハワイ産カカオニブ(カカオ豆の胚乳)入りミルクチョコレートを含んだ8種類のシグネチャー・フレーバーが揃うチョコレートバーは濃厚ながら甘さ控えめで、大人にもおすすめです。お土産にも丁度良いサイズなのも嬉しいポイント。

<チョコレートバー>

好きなフレーバー24本を選ぶと料金がおトクになり、さらにトートバッグやポーチが付くパッケージも利用できるのでまとめ買いもおすすめです。

<お土産用にも、普段使いにも◎なトートバッグ>

チョコレートバー以外にも、ハワイ産のリキュールを使用した大人な味わいのトリュフ、ココナッツやリリコイフレーバーのキャラメルのほか、シェルマークのロゴがプリントされたトートバッグなどの雑貨も購入できます。トートバッグはランチトートにピッタリのレギュラーと、お土産がたっぷり入るラージの2サイズで、季節に応じて限定カラーも登場するので目が離せませんね。

■マリエカイ・チョコレート(Malie Kai Chocolates)
所在地:2301 Kalakaua Ave., Royal Hawaiian Center Building C-1, Honolulu, HI 96815(「ロイヤル・ハワイアン・センター」C館1階)
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
http://www.maliekai.com/

3. ローカルな雰囲気が気軽に楽しめるファーマーズ・マーケット

<ワイキキ・ファーマーズ・マーケット>

専門店でのショッピングも良いですが、ハワイのローカルフードやハンドメイドアイテム等が揃うファーマーズ・マーケットもおすすめです。「ワイキキ・ファーマーズ・マーケット(Waikiki Farmer’s Market)」はワイキキの「ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ アンド スパ(Hyatt Regency Waikiki Beach Resort & Spa)」で行われるため、ショッピングのついでに気軽に訪れる事ができます。

<マラサダやマフィンなどのスイーツも豊富>

毎週火・木曜日の16:00から20:00まで開催され、フレッシュな果物や野菜のほか、ハワイの定番スイーツ「マラサダ」(発祥はポルトガル)やアクセサリーなどバラエティー豊かな品揃えです。ジューススタンドでは目の前でフルーツを絞ってくれたりと、マーケットならではの体験ができます。

<フレッシュな果物を使ったジューススタンド>

■ワイキキ・ファーマーズ・マーケット(Waikiki Farmer’s Market)
開催地:2424 Kalakaua Ave ,Honolulu, HI
開催日時:毎週火・木曜日の16:00~20:00
https://mahikufarmersmarket.com/

4. マリンテイストのアイテムが揃う人気雑貨ショップ

<サンドピープル>

ハワイらしいマリンテイストのアイテムが揃う人気雑貨ショップ「サンドピープル(Sand People)」。マグカップやお皿などの食器をはじめ、ステーショナリーやアクセサリー、バスグッズ、インテリアグッズなど多岐に渡る品揃えです。ワイキキにも店舗はありますが、広くて品揃えも豊富なハレイワの店舗まで足を伸ばしてみるのもおすすめです。

<豊富な品揃えの店内>

ビーチやマーメイド、海の生き物たちをモチーフにした洗練されたアイテムの数々は、店内を眺めているだけでも飽きないほど。大切な誰かにプレゼントするのはもちろん、お気に入りを自分用のお土産にしてみてはいかがでしょうか。

<特別なプレゼントにピッタリのアイテム>

■サンドピープル(Sand People)
所在地(ハレイワ店):66-249 Kamehameha Hwy, Hale'iwa, HI 96712
営業時間:10:00~18:00
https://www.sandpeople.com/

6. ショッピングの後は本格的なロミロミでしっかりリラックス!

<モアナ ラニ スパ >

ショッピングでたくさん歩きまわったら、ハワイならではのマッサージ「ロミロミ」でリフレッシュするのがおすすめ。「モアナ ラニ スパ ~ヘブンリー スパ バイ ウェスティン~(Moana Lani Spa, A Heavenly Spa by Westin)」では、他のホテルスパにはない、本格的なロミロミの施術が受けられます。

<ストレスや心配事はハワイアンソルトと共に封じ込め海へ流す>

マッサージ学校で習うロミロミだけではなく、ハワイのロミロミ師匠の下で修行をしたセラピストだけが施術出来るロミロミなど、ハワイアンの方達に代々受け継がれた伝統のロミロミが体験できます。ハワイ伝統のロミロミのテクニックを取り入れ、腕のひじ下、手、ひじを駆使して筋肉をほぐし、深いリラクゼーションへと導く「ロミ・ホオキパ」は女性に人気のメニューです。

<カップル向けトリートメント用スイート>

「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa)」内にあるスパの施設は、ワイキキ唯一のオーシャンフロントに位置し、施術中も心地よい波の音を聞きながら穏やかな気分に浸ることができます。

<オーシャンフロントのジャグジー>

男女別室のリラクゼーションラウンジからもビーチが一望できるほか、ドライサウナ、スチームルーム、ジャグジーなどのサービスが揃い、施術前後もたっぷり楽しむことができます。

■モアナ ラニ スパ ~ヘブンリー スパ バイ ウェスティン~
(Moana Lani Spa, A Heavenly Spa by Westin)
所在地:2365 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
営業時間:8:00~21:00(スパ施設へのアクセスは~20:00)
http://jp.moanalanispa.com/

7. 手数料が割安!ハワイ旅行必携の一枚

<日本最安(※)の海外プリペイドカード「マネパカード」>

日本最安(※)の海外プリペイドカード「マネパカード」なら、この手数料がとても割安です!例えばドルなら実質半額でご利用できます。発行手数料や年会費はかからないうえに、クレジットカードのような入会時の与信審査がないので、試しに使ってみる、なんてことも気軽にできます。

<マスターカードマークのある店舗ならどこでも使用可能>

使い方は簡単で、専用の口座に日本円を振り込んだ後、スマートフォンからもアクセス可能なマイページで使いたい通貨に両替し、使いたい金額をチャージするだけ。チャージ後は、マスターカードマークがある店舗ならクレジットカードと同じように使用することができます。今回紹介したショッピングスポットとスパでももちろん使用できます。ファーマーズ・マーケットのみ、店舗によって現金支払いのみの場合もありますが、ATMでの現金引き出しもマネパカードなら利息などの無駄なコストを払うこと無く、気軽に利用できます。

<1タップで利用停止や再開ができるので安心>

また、ショッピングに夢中になりすぎて、万が一カードを紛失してしまったという場合でも、スマートフォンから簡単に利用停止や再開ができ、また、カードで購入した商品はカードショッピング保険で総額50万円まで補償されるので、安心して利用することができます。

(※ 平成29年5月矢野経済研究所調べ。海外ショッピング利用時において。詳しい調査結果はこちら。)

マネパカードの詳細・申し込みはこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事