海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >ショッピング >日本 >関東 >千葉 >房総のイワシにこだわった名産品がズラリ! 海の食処「なむら」(千葉県南房総市)

房総のイワシにこだわった名産品がズラリ! 海の食処「なむら」(千葉県南房総市)

2019年11月15日

海の食処「なむら」の外観

(有)アルガマリーナの食品工場兼直営食堂、海の食処「なむら」を紹介します。千葉県鴨川市に本社を置く(有)アルガマリーナでは、千葉県産の魚、特に食品としての利用度の低いカタクチイワシや小型のゴマサバなどの活用をコンセプトに、カタクチイワシの押し寿司をはじめ、加工品を製造しています。アルガマリーナが直営する海の食処「なむら」では、カタクチイワシの押し寿司や漬け丼定食などを味わうことができます。

海の食処「なむら」の入口

金高 武夫社長いわく、「アルガマリーナは、漁師だった私の夢を実現した食品会社です」とのこと。 地元で水揚げされた新鮮な水産物を材料に、おいしい製品作りを目指しているそうです。

さまざまな種類の水産物が水揚げされますが、アルガマリーナがメインに取り扱っているのが、一般的に利用度が低いと言われるカタクチイワシやゴマサバ、海藻のアラメなど。それぞれの水産物の付加価値向上を図ると共に、地域活性化を目指しているのだとか。

アルガマリーナの製品は、品評会で数々の賞を受賞しています。

海の食処「なむら」の店内

こだわりの定食メニューを直営食堂で!

「イワシ漬け定食」

海の食処「なむら」は、席数18席(テーブル3卓14席、カウンター4席) のこぢんまりとした港町の食堂です。イワシ漬け定食(1,100円)をはじめ、ひしこ押し寿司定食(1,200円)や漁師メンチ定食(1,000円)、海の餃子定食(900円)など、アルガマリーナの水産品を使った定食が味わえます。

食欲をそそる「イワシ漬け定食」

品評会などで各賞を受賞した名産品がズラリ!

これまでに受賞した品評会の賞状など
名産品が並ぶ商品棚
品評会などで各賞を受賞した名産品

アルガマリーナが、これまでに受賞した名産品を挙げましょう。内房旅行のおみやげにぴったりです。鯖燻アヒージョ(1,200円)や贅沢いわしフィレ/ゆず(540円)、鯖の甘露煮(500円)は人気です。店頭に並んだときは、迷わず即購入することをおすすめします。

●鯖燻アヒージョ
 ・第3回南房総名品グランプリ/準グランプリ 受賞(2019年)

●鯖の甘露煮
 ・「にっぽんの宝物」世界大会/最優秀賞 受賞(2016年)
 ・第61回全国水産加工たべもの展品評会/大阪府知事賞 受賞(2012年)

●房州オイルサーディン・フィレ/オリーブオイル
 ・「食のちばの逸品」/奨励賞 受賞(2015年)

●贅沢いわしフィレ/ゆず
 ・「食のちばの逸品」/1位 入賞(2013年)
 ・第22回水産加工品総合品質審査会/農林水産大臣賞 受賞(2011年)
 ・JAL国際線ファーストクラスのメニューに採用(2011年)

●漁師メンチ
 ・第24回全国水産加工品総合品質審査会/主婦大賞 受賞(2013年)

●ひしこ押し寿司
・第19回全国水産加工品総合品質審査会(2008)/ 全水加工連会長賞 受賞

アルガマリーナのおすすめの名産品

「ひしこ押し寿司」

筆者のおすすめを5品紹介しましょう。

ひとつ目は、ひしこ押し寿司です。ひしこ押し寿司は、カタクチイワシの押し寿司です。ひとくちサイズになった押し寿司は食べやすい大きさで、子供から年配者まで気軽に食べられます。2008年の第19回全国水産加工品総合品質審査会で、全水加工連会長賞を受賞した至極の一品です。

「漁師メンチ」

ふたつ目は、漁師メンチです。漁師メンチは、地元で獲れた新鮮なサバを原料に、誰もが安心して食べられるように、骨取り、骨切りがされているのが特徴です。サイコロ状に裁断して、食感をよくしたアイデア商品でもあります。2013年、第24回全国水産加工品総合品質審査会で主婦大賞を受賞しています。

「海の餃子」

3つ目は、海の餃子です。海の餃子は、カタクチイワシの身をはじめ、食物繊維の多いアラメ(ワカメやコンブと同じ褐藻類の海藻)を具材に使った、一風変わった餃子です。磯の香りがするとても斬新な餃子として、地元でも評判です。

「鯖燻アヒージョ」

4つ目は、鯖燻アヒージョです。スペインの伝統的な小皿料理として知られるアヒージョ。鯖燻アヒージョは、元漁師が千葉産の鯖を燻製にして、一つひとつていねいに作りあげたアヒージョです。2019年、第3回南房総名品グランプリで準グランプリを受賞しています。

「贅沢いわしフィレ/ゆず」

5つ目は、贅沢いわしフィレ/ゆずです。贅沢いわしフィレ/ゆずは、新鮮なカタクチイワシを手作業でていねいに三枚におろし、フィレにして食べやすくした一品です。香り高い生ゆずを添えた上品な味わいが人気です。2013年に食のちばの逸品で1位入賞、2011年に第22回水産加工品総合品質審査会で農林水産大臣賞など、数々の受賞歴があります。

海の食処「なむら」へのアクセス情報

海の食処「なむら」の店内

海の食処「なむら」へのアクセス方法を紹介しましょう。

海の食処「なむら」の最寄り駅は、JR内房線南三原駅です。南三原駅から海の食処「なむら」までは、徒歩約20分。または、南三原駅からタクシーを使えば約5分で到着します。

自動車でアクセスする場合、館山自動車道・君津インターチェンジを利用すると便利です。君津インターチェンジから県道君津鴨川線 (県道92号)と国道410号を経由して、約45kmのところにあります。海の食処「なむら」には、駐車場が6台あります。

■海の食処「なむら」
・住所: 〒299-2712 千葉県南房総市和田町海発196-1
・営業時間: 11:00~16:00(テイクアウトは18:00まで)
・休業日: 水曜日
・URL: https://www.algamarina.jp/

海の食処「なむら」の店内

いかがでしたか。(有)アルガマリーナの食品工場兼直営食堂、海の食処「なむら」を紹介しました。千葉県産の新鮮な海の幸を食べに、海の食処「なむら」へ出かけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース