海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アフリカ >モロッコ >フェズ >ベストシーズンは秋! モロッコの雄大な世界遺産を見に行こう

ベストシーズンは秋! モロッコの雄大な世界遺産を見に行こう

2018年10月26日

フェズの旧市街

モロッコは現在、9つの世界文化遺産を擁しています。旧市街や古都、考古遺跡など、いずれもこの国の歴史と文化を象徴する貴重なスポットであり、多くの観光客が目指す憧れの地でもあります。しかし、位置するのはアフリカ大陸。夏は猛烈に暑く、冬は指先まで凍るほどの寒さで観光するには気合いが必要(!?)。世界遺産をじっくり見るなら、ちょうど今の時期、10~11月くらいがおすすめなのです。ここでは、9つの遺産のうち、特におすすめの3スポットをご紹介します。

中世のまま、時が止まったかのようなフェズの旧市街

なだらかな丘にへばりつくように並ぶ建物。よく見るとカラフル

モロッコ北部の街フェズには、旧市街(9世紀にできたフェズ・エル・バリ、13世紀にできたフェズ・エル・ジュディドをあわせてこう呼ぶ)と、フランス保護領時代にできた新市街とがあります。このうち、世界文化遺産に登録されているフェズ・エル・バリは最も歴史の深い地区で、城壁門をくぐって入るとまるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥るほど。細い路地が縦横無尽に張り巡らされ、飛び交う店の呼び込み、色とりどりの布やバブーシュ、立ち込めるスパイスの匂いが五感に突き刺さります。

緑の野原に突如現れる、古代ローマの考古遺跡ヴォルビリス

ヴォルビリスの一部。どことなく、某ジブリ映画を思わせる風景

こちらもモロッコ北部、見渡すかぎりの草原地帯のなかに佇む遺跡です。この場所は、紀元前1世紀頃にローマ帝国属州の州都が置かれたところ。全盛期には2万人もの人々が生活していたといわれています。当時の人々の暮らしを物語る家々や浴場のほか、全属州の自由民にローマ市民権を発布してくれたカラカラ帝への感謝をこめて建造されたといわれる凱旋門なども残っています。
ヴォルビリス遺跡への公共交通機関はないため、メクネスからグランタクシーをチャーターするのが一般的。アクセス詳細やおすすめの回り方は、aruco14『モロッコ』地球の歩き方ガイドブックE07『モロッコ』に掲載されています。


■ ヴォルビリスの考古遺跡(1997年 世界文化遺産登録)
・アクセス: メクネスからグランタクシーで約50分
・見学時間: 8:00~日暮れ(クローズ時刻は季節により16:45~20:00の間で変動)
・定休日: 無休
・料金: 10Dh

まるで映画の世界! レンガ色の村アイト・ベン・ハッドゥ

茶色いカスバ(要塞)が並んでいるだけなのに、この絶景!

数々の映画のロケ地にも採用されている、モロッコで最も美しいといわれる村のひとつ。丘の斜面に沿って、日干しレンガ造りの要塞が並んでいます。色は一面赤茶色、ほかには何もない風景なのに、見る者をはっとさせる圧倒的な迫力をもつ世界遺産。アクセスのよい場所ではないにもかかわらず、「ここを見たくてモロッコを訪れた」という人が後を絶ちません。完全な観光地ではなく、今でもベルベル人の5~6家族が生活している暮らしの場でもあります。


■ アイト・ベン・ハッドゥ(1987年登録 世界文化遺産登録)
・アクセス: ワルザザート市内からグランタクシーで約30分
・見学時間: 特に定められていません
・料金: 無料(アイト・ベン・ハッドゥから向かって右側のベルベル人の住居から入ると10Dh)
※現在も修復作業中



aruco編集部 保理江ゆり
写真:istock

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 aruco 14 モロッコ 2019年~2020年版

地球の歩き方 aruco 14 モロッコ 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,400円+税
発行年月: 2018年10月
判型/造本:A5変並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-82245-6

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事