海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >香港 >ホンコン(香港) >カラフルな香港に夢中♪旬の町角アート&人気グルメを制覇する最強プラン!

カラフルな香港に夢中♪旬の町角アート&人気グルメを制覇する最強プラン!

2018年09月21日

青空に映えるレインボーカラーの団地とバスケットコート

カメラを向けるのが楽しいステキな町角風景に、安くておいしいローカルグルメが豊富な香港は、行くだけで元気をもらえるパワフルタウン。2018年9月に編集スタッフが訪れた、いま香港で行くべきおすすめスポットを、モデルプランとともに、リアルレポートします!

8:00 朝食に「金華冰廳」でパイナップルパンとミルクティー

ふわふわのパンの甘みとコクのあるバターがベストマッチ!

「金華冰廳」は旺角(ウォンコッ)という活気ある下町エリアにある昔ながらのローカル食堂。ここで人気の菠蘿油(パイナップルパン)は朝食におすすめの逸品。日本で言うメロンパンのようなパンで、フワフワのパンの上の、サックリとしたクッキーの食感がたまりません。パンの間に挟んだバターが濃厚な味わいをプラス!香港ならではの濃い目に淹れた奶茶(ミルクティー)がよく合います。

■金華冰廳 Kam Wah Cafe
aruco香港2018~2019』P.146に掲載中

9:30 人気のSNS映えスポット「彩虹邨」へ!

カラフルなテニスコートと団地

近頃インスタをにぎわすフォトジェニックな集合住宅「彩虹邨」。MTR(地下鉄)で簡単にアクセスでき、彩虹駅から徒歩約2分と近いので、晴れたら立ち寄ってみて。テニスコートやバスケットコートで思い思いのポーズを撮る訪問者たち。編集部が訪れたときはウェディング撮影までやっていました!

立体駐車場の屋上部分に作られたコートで、階段を上がって、パッと景色が開けて色鮮やかな団地が目に飛び込んでくると、テンションが上がりますよ♪

■彩虹邨 Choi Hung Estate
地球の歩き方 D09 香港 マカオ 深圳 2018~2019』P.14に掲載中

10:30 ランタンがかわいい「黄大仙」でお参りして開運!

彩虹邨があるMTR彩虹駅から、2駅の黄大仙駅へ。そこには香港屈指のパワースポットの寺院「嗇色園黄大仙祠」があり、地元の方から観光客まで、多くの参拝客でにぎわいます。

最初に線香を手に入れて、順路に従ってお参りをスタート。線香は正門近くの売店で購入するか、賽銭箱にお金を入れていただくものもあります。①~③という番号とともに、わかりやすく示してある順路に沿って、丁寧にお願いごとをしましょう。

■嗇色園黄大仙祠 Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple
aruco香港2018~2019』P.40に掲載中

12:00 香港好きも太鼓判の「麥文記麺家」でエビワンタン麺

意外と小ぶりなので、2杯目もいけちゃいそう!?

1957年に屋台からスタートしたという老舗「麥文記麺家」。期待を裏切らないプリプリのエビワンタン入りの絶品麺は、何度も香港に通うリピーターたちも揃っておすすめする人気のローカル食。麺の下に隠れたワンタンをお箸ですくい上げながらパクリっ。味わい深いスープと一緒に、アツアツをいただきましょう!

■麥文記麺家 Mak Man Kee Noodle Shop
aruco香港2018~2019』P.40に掲載中

13:30 中環~上環のステキなアートスポット巡り

週末の午後は特ににぎわうハリウッド・ロード

ランチを食べたら中環へ移動し、ハリウッド・ロード(荷季活道)を目指しましょう。歩けばストリートアートに当たる、というくらいに壁画がいっぱい!

人気のアートスポットを巡るルート
*2018年3月に香取慎吾さんが描いた「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」
 ↓
*雑貨店「G.O.D.」の壁に描かれた香港の集合住宅
 ↓
*「ホテル・マデラ・ハリウッド」の壁に描かれたハリウッドスター
 ↓
*ブラジル料理店「ウマ・ノータ」の壁に描かれた花飾りを付けた笑顔の女性
 ↓
*韓国風軽食店「SEOUL BROS」の壁に描かれたセピア色のアート
 ↓
*ブルース・リーの壁画

■中環・上環の壁画アート
地球の歩き方 D09 香港 マカオ 深圳 2018~2019』』P.142に掲載中


2018年5月にオープンした新名所「大館」もチェック!

旧警察署をリノベーションしてできた「大館」はいま話題のスポット。館内にはおしゃれなレストランやショップが続々とオープン中、歴史遺産の展示スペースなど見所満載です。

■大館 Taikwun
住所:  香港中環荷李活道10號
URL: https://www.taikwun.hk/en/


イートインスペースがないので、その場でパクつこう♪

おやつには、行列のできるお菓子ショップ「泰昌餅家」でエッグタルトを食べるのを忘れずに。プリン生地の口当たりがトロトロなめらかで、ひと口食べるごとに幸せな気分に!

■泰昌餅家 Tai Cheong Bakery
aruco香港2018~2019』P.95に掲載中


カップは様々な色柄があり、どれもかわいい!

コーヒータイムには「半路咖啡」のシノアデザインがキュートなカップ&ソーサーでカフェラテを。テイクアウトの紙カップもかわいいと評判です。

■半路咖啡 Halfway Coffee
住所: 上環東街12號地舖
URL: https://ja-jp.facebook.com/halfwaycoffeehk/

17:00 ペニンシュラの「ザ・ロビー」でアフターヌーンティー

英国文化が香る優雅な体験に癒やされる

お次は尖沙咀(チムシャツォイ)へ。ホテル「ザ・ペニンシュラ・ホンコン」のまさにロビースペースにある「ザ・ロビー」は、コロニアル建築の優美な内装が美しい空間。2階のバルコニーからは、カルテット(四重奏)の生演奏が心地よく響き、そのなかでいただく、クラシカルなスタイルのアフターヌーンティーは格別!特にスコーンの味が秀逸で、程よい甘さのクロテッドクリームをつけると絶品です。

宿泊者以外は予約ができないので、週末は1時間以上並ぶ覚悟で。アフターヌーンティーがスタートする14:00より30分~1時間ほど早く行って並ぶといいですが、平日は比較的すいています。

■ザ・ロビー The Lobby
aruco香港2018~2019』P.98に掲載中

19:30 香港の夜を楽しむ町歩き

香港の夜空を彩る色鮮やかなレーザービーム(©iStock)

「ザ・ペニンシュラ・ホンコン」から徒歩5分ほどの「尖沙咀プロムナード」へ。写真がきれいに撮れるベストポジションをゲットして、毎日20:00からスタートする音と光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」観賞しましょう♪

■シンフォニー・オブ・ライツ Symphony of Lights
aruco香港2018~2019』P.31に掲載中


MTR旺角駅から徒歩3分ほどのストリート「金魚街(通菜街)」は夜に行くのがおすすめ。風水タウン香港で縁起がいいとされる金魚や飼育用品を売るお店が立ち並ぶストリートで、ライトアップされた水槽で泳ぐ熱帯魚が幻想的に目に映ります。

■金魚街(通菜街) Tung Choi Street
aruco香港2018~2019』P.146に掲載中


気になる場所はありましたか?『aruco香港』には、外せない定番スポットから、女子旅におすすめの最新エリアまで、香港で訪れたい人気のスポットを掲載中。奥深い香港の魅力に触れられる『地球の歩き方 D09 香港 マカオ 深圳』、香港在住経験のある著者、清水真理子さんが案内する『HONG KONG 24 hours 朝・昼・夜で楽しむ 香港が好きになる本』 もチェックしてみてくださいね。

aruco編集部 福井由香里

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 aruco 7 香港 2018年~2019年版

地球の歩き方 aruco 7 香港 2018年~2019年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,200円+税
発行年月: 2017年07月
判型/造本:A5変並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-06076-6

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事