海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >香港 >ホンコン(香港) >絶品!思い出しただけで花椒の香りがよみがえりよだれのでる四川料理!

絶品!思い出しただけで花椒の香りがよみがえりよだれのでる四川料理!

2016年02月01日

これがウワサの絶品麻婆豆腐

香港で美味しい四川料理が食べたーい!ということで本場中国四川省に本店のあるこちらのお店へ。四川料理はただ辛いだけではなく、中国料理でつかう山椒(花椒)の舌に感じる刺激とよだれの出る舌で感じる香りと鼻に抜ける香りと唐辛子の辛さと甘みのバランスで味が決まります。美味しい四川料理のお店はそのバランスが最高!四川料理といえば一番有名なのが麻婆豆腐。ひとくち食べると甘辛な味が口にひろがり、お肉のうまみを感じたら鼻につく花椒の刺激がピリピリ、キターーー!!!!!この花椒のバランスが美味しい四川料理。弱すぎてもダメだし強すぎてもダメ。こちらのお店はとてもバランスのいい調味料の配分。さすがです!

口水雞(別名よだれ鶏)
「よだれ鶏」は、その名の通り「よだれが出る」ほど美味しいという意味。
中国・四川省出身の文筆家が、著書のなかで「その美味しさを想像しただけで、よだれが出てしまう」と書いたことからその名がついたとされています。

茹でた鶏肉を冷やしてスライスしたものに辛いソースをかけ、その上にナッツや香辛料や薬味がたっぷり入った冷菜です。辛いソースとピーナッツの甘さと食感が合いバランスよくビールと最高に相性抜群!



唐辛子を食べるのか!と思うような覇王辣子鶏
これは覇王辣子鶏と言って赤唐辛子スパーシーチキンで四川料理のお店では麻婆豆腐よりこちらを注文する人のほうが多いくらいのキングオブ四川の一品。
大量の唐辛子と小さくぶつ切りにされた骨付きチキンをカリカリに炒めたもの。

もちろん食べるのはチキンのみ。
唐辛子の山からチキンを堀り出し、骨に注意しながら食べると、カリカリチキンがピリ辛で美味しく止まらないやめられない。
これを食べていると蟹を食べている時のように周りが静かになるくらい。



こちらの看板目印で

火鍋も有名なようなので本格的な火鍋を食べたいときにもぜひ利用したいお店です。またランチもやっていますので手頃に本格四川料理を試したい方にはランチから入門でもいいかもしれません。

尖沙咀駅から徒歩3分くらいでthe Oneの並びのわかりやすい場所にありますので、お買い物ついでなど、短い時間の香港滞在のときにはとても利便性のいい場所にあります。

あー、この文章書いているだけで思い出してよだれが出てきます。。
そんな本場の四川料理の体験ができるレストランです。

【データ】
店名:満江紅(マンジャンホン)
Man Jiang Hong Restaurant
住所:1&2/F, No. 27 Gravanille Road,, Tsim Sha Tsui 
(尖沙咀加連威老道27號1樓及2樓)
Tel: +852-2312-0823
営業時間: 月曜~日曜:12:00pm-1:00am
休日:なし
備考:夜は1人予算250HKDから300HKDくらい


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー