海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >マレーシア >クアラルンプール >マレーシアで旧正月のこの時期限定でしか食べられない中国祝膳イーサン

マレーシアで旧正月のこの時期限定でしか食べられない中国祝膳イーサン

2017年01月27日

野菜の細切りに刺身をのせてスパイスをトッピング

アジア地域でチャイニーズ・ニューイヤー(旧正月または春節)となる1月末、各地でお祝いムード。親戚や親しい人たちと集まり、食べて飲んで新年を祝います。さまざまなご馳走や珍味が食卓やレストランに並びますが、マレーシア、シンガポール、インドネシアの一部のみで食べられる祝膳のようなもの、それがイーサン(Yee SangまたはYuu Sahng)です。漢字では「魚生」と書きます。大皿の上に魚の刺身と細く切った野菜を乗せ、スパイスや魚のフレークなどをトッピングして準備完了。その後、同席者みんなで箸を突っ込み混ぜ合わせて「ハッピーニューイヤー」「グッド・ラック」などと言いながら、来る年の幸を願います。

中華系マレー人に圧倒的人気のレストランは大行列

ワン・ウタマ人気の中華料理店
新年メニューも用意されている
クアラルンプールの中心地からもほど近いショッピングセンターのワン・ウタマ(1 Utama)。
今回訪れたのは香港、台湾、シンガポールなど東南アジア一帯で人気の野菜を中心にした料理で知られるプティエン(Putien)です。
イーサンは通常の場合、予約をしなければなりません。人数は4-5人以上で食べるのが一般的です。
また縁起物という位置付けのため、今回は他にメインとなる料理もいくつか頼みました。

ちなみに他にもイーサンを提供しているレストランなどでは2人前、またスーパーなどでも3人前程度の小さめなサイズを扱っているところもあります。


メイン料理も充実

生ゴーヤは苦味よりも水々しさが際立つ
かさごのフライの餡かけは人気のメニュー
ビーフンの炒めものは、あっさりでピーナッツがアクセント
イーサンが出てくるまでは人気のメニューを堪能。
前菜のゴーヤのサラダは苦味よりも水々しい味わい。何もつけずにいただきます。
他にもかさごの姿フライのあんかけ、ビーフンなどなどなど。
中華は何皿もとって、みんなでシェアするのが醍醐味ですね。


イーサン登場

イーサンはこのサイズで5人前ほど
お店のスタッフがスパイスの小袋を開封しふりかける
準備が整いあとは混ぜるだけ

お店のスタッフがイーサンの準備。
まずは大量の細切り野菜とサーモンの刺身が乗った大皿に、スパイスやフレークなどのトッピングや甘酸っぱい醤油系のタレなどをかけます。これで準備完了。
テーブルの中央におかれたイーサンに、みな箸を持って集まってきます。
そして、全員で一気に混ぜ合わせます。
この時に箸を高く持ち上げるほど、テーブルを汚すほど縁起がよいとされています。

混ぜ合わされたイーサン

混ぜ合わされたイーサンがこちら。
新年を祝う気持ちで各々が小皿にとって食べます。

味は醤油ドレッシングベースのさっぱりとした野菜サラダ。
刺身は入っていても数切れなので、シーフードサラダという感じではありません。

毎年旧正月限定メニューのイーサン。この時期にマレーシアを訪れる機会がありましたら、ぜひ注文してみてはいかがでしょうか。

【データ】
店名:プティエン(Putien)
住所:G213A Ground Floor, Promenade,1 Utama (Old Wing), Lebuh Bandar
Utama,Bandar Utama,47800 Petaling Jaya, Selangor
Tel:+603 7722 1539
URL:http://www.putien.com/
営業時間:11.30am - 10:00pm (ラストオーダー: 9.30pm)
休み:不定休


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース