海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >シンガポール >セントーサ >多彩なアクティビティも魅力!進化し続けるシンガポール観光の定番『セントーサ島』

多彩なアクティビティも魅力!進化し続けるシンガポール観光の定番『セントーサ島』

2018年10月29日

セントーサ島の一部

シンガポールに来たら一度は訪れたいセントーサ島。市内から車で20分程しか離れていないリゾートアイランドです。1970年代以降リゾート地として観光開発がすすめられ、今では島全体がエンターテインメントで構成されています。また、このセントーサ島は2018年6月におこなわれた米朝首脳会談の会場となったホテルもあり、海外旅行で気になる安全面でも、各国のお墨付きをもらっているシンガポール!お勧め観光地もご紹介していきます。

まずはアジア大陸最南端の地があるパラワンビーチへ

吊り橋の先に展望台があります

パラワンビーチにある吊り橋を渡った先にはアジア大陸最南端地点The Southernmost Point of Continental Asiaと書かれた看板があります。本当にここが最南端なのか地図を見てみると何か違うような…そんな噂もありますが、ここがアジア大陸最南端地点とされています。

都会にある離れ小島のセントーサ島でもビーチの砂はとても綺麗です。海水も魚や海底が見えるくらいに透き通っています。

国内1の大きさを誇る公式マーライオン像

夜になると目からビームが出て迫力満点だとか

高さ37mを誇るシンガポール1大きいマーライオン。マーライオンタワーの頭上と口の中が展望台となっており、天気が良い日にはインドネシアの島々まで見えます。場所は、セントーサ島の中心地点。セントーサ島内モノレールのインビア駅の目の前です。ユニバーサルスタジオシンガポールから一駅と、アクセスも良く徒歩でも全然歩ける距離にあります。

また、マーライオンタワーの中ではシンガポールの成り立ちが分かるショートムービー、記念コインがもらえます。

世界最大級の水槽がある「シーアクアリウム(水族館)」

圧巻の巨大水槽

世界最大級の水槽があることで知られるシーアクアリウム(マリンライフ・パーク)。南シナ海やマラッカ海峡などのエリアに分かれて約10万匹以上の海洋生物を見ることができます。

まるで海のトンネル「シャーク・シー」やヒトデやウニに触れる「コーラル・ガーデン」、5万匹の海洋生物が泳ぐ、大迫力の巨大水槽「オーシャンギャラリー」が人気の水槽。オプショナルツアーでも約1時間弱のフリータイムを設けられるので、館内をゆっくりと見学できます。炎天下の中歩き疲れた後にエアコンの聞いた水族館は別の意味の爽快感もあります。

■シーアクアリウム(マリンライフ・パーク)
住所:8 Sentosa Gateway, Sentosa Island
電話番号: (+65)6577-8888 (リゾート・ワールド・セントーサ)
営業時間:10:00-19:00 (無休)
利用料金:料金: 大人29 Sドル/子供20 Sドル(4~12歳)/シニア20 Sドル(60歳以上)シー・アクアリウムとアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの一日共通券は大人92 Sドル/子供66 Sドル(4~12歳)/シニア50 Sドル(60歳以上)
URL:http://www.visitsingapore.com/ja_jp/see-do-singapore/nature-wildlife/fun-with-animals/sea-aquarium/
※visitsingapore内

おすすめツアーのご紹介

一度は訪れたいセントーサ島へ!

本記事にて紹介した観光地をギュっとまとめて島内を効率良く周遊出来るオプショナルツアーもあります。アジア最南端のパラワンビーチ、世界最大級の水槽で有名なシーアクアリウム、シンガポール1大きいお父さんマーライオンへの入場や、島内のモノレールやビーチトラムといった特徴的な交通機関にも体験乗車が含まれている、オプショナルツアーへお申し込みください。シンガポール旅行で一度は訪れたいセントーサ島、この機会にいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事