海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >シンガポール >シンガポール >【女子旅におすすめ】シンガポール旅行で人気のフォトジェニックな観光名所はココ!

【女子旅におすすめ】シンガポール旅行で人気のフォトジェニックな観光名所はココ!

2018年11月27日

女子旅人気のシンガポール

シンガポールへの女子旅におすすめの人気フォトジェニックなインスタ映え観光スポットを紹介します。マリーナベイにある大きな木が特徴の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、チームラボとコラボした映像作品が楽しめる「FUTURE WORLD(フューチャー・ワールド)」展が大人気の「アートサイエンス・ミュージアム」、数々のウォールアートがありカメラ女子必見の「リトルインディア」や、おしゃれなカフェが立ち並ぶ「ハジレーン」など行ってみませんか?

巨大な近未来型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

ライトアップされたスーパーツリーグローブ

シンガポールのマリーナベイにあるガーデンズ・バイ・ザ・ベイは巨大な植物園です。入り口から様々な植物に出迎えられ、そこはまるで異空間のよう。癒される事間違いなしの注目観光スポットです。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには2種類の温室「フラワードーム」と「クラウドフォレスト」があります。そして外には植物に覆われた大きな木「スーパーツリーグローブ」が立ち並び、その間を繋ぐ橋が「OCBCスカイウェイ」です。OCBCスカイウェイを歩きながら、シンガポールを一望しましょう。夕方に行けば綺麗な夕焼けを楽しむことが出来ますし、夜のライトアップの時間に行くと木の上からライトショーを楽しむ事が出来ます。

無料で楽しめる、夜に行われるガーデンズ・バイ・ザ・ベイのナイトライトショー「ガーデン・ラプソディ」は、毎日19:45と20:45の1日2回行われます。毎月違った音楽と共に、スーパーツリーグローブが色鮮やかに光を放ちます。

■「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」(Gardens by the Bay)
住所:18 Marina Gardens Dr, Singapore 018953
最寄駅:MRTのベイフロント(Bayfront)駅
TEL:(+65) 6420 6848
料金:フラワードームとクラウドフォレスト:(大人)28SGD(子供)15SGD/OCBCスカイウェイ:10SGD/その他の施設:無料
URL:https://www.gardensbythebay.com.sg/en.html

色鮮やかな花が沢山!「フラワードーム」

カメラ女子ならココは外せない!それがフラワードームです。ここでは四季によって様々な花が咲き誇る温室の空間。色鮮やかな花々はインスタ映え間違いなしの注目スポットです。

春は満開の桜で埋め尽くされ、夏はひまわりを始めとする夏の花々で有名画家の絵画を模した作品が連なります。秋にはカボチャや案山子を用いてハロウィーンを表現したり、冬にはライトアップされたイルミネーションと共にクリスマスツリーが見られます。どの季節に訪れても新たな一面を発見することができる施設になっています。

巨大な人口の滝が突如出現「クラウドフォレスト」

巨大な人口の滝が突如出現「クラウドフォレスト」

クラウドフォレストの入り口を入ってすぐに現れるのが巨大な人口の滝。訪れる人々を圧巻される高さのこの滝は35メートルにも及び、室内にある世界最大の滝だそうです。滝の周りをぐるっと一周するとエレベーターで頂上に登ることが可能です。滝の上からの景色を眺めてみましょう。滝の水しぶきが心地よく舞う空間で、マイナスイオンをたっぷりと浴びながら癒されてみませんか?夜に訪れるとライトアップされているので、より綺麗な写真が取れます。

チームラボとコラボ「アートサイエンスミュージアム 」

「FUTURE WORLD」展の様子

チームラボとコラボレーションを果たした展示「FUTURE WORLD(フューチャー・ワールド)」が楽しめる「アートサイエンスミュージアム 」は、日本のチームラボ作品を訪れた事がある人でも楽しめるような施設になっており、「映える写真が沢山撮れる!」と、カメラ女子に大人気の観光名所となっています。シンガポールの旅行中、少し屋内で涼しく楽しみたいなと思ったら、ぜひ行ってみてください。


■「アートサイエンスミュージアム」 (Art Science Museum Singapore)
住所:6 Bayfront Ave, Singapore 018974
最寄駅:MRTのベイフロント(Bayfront)駅
TEL:(+65) 6688 8888
営業時間:FUTURE WORLD展への入場は次の時間で区切られています:10:00/11:30/13:00/14:30/16:00/17:30(最終入場)
料金:(大人)18SGD(シニア/子供)14SGD
URL:https://www.marinabaysands.com/museum/future-world.html

特徴的な建物が目印

アートサイエンスミュージアムは、シンガポールの代表的な建物マリーナベイサンズの近くにあります。特徴的な形をしているため、初めて訪れた方でもすぐに見つかるはず。アートサイエンスミュージアムの中では、FUTURE WORLD展だけではなく、様々な期間限定展示やイベントを催しており、カフェも入っています。各展示を楽しんだ後はカフェで一息ついてみましょう。

シンガポール随一のお洒落街:ハジレーンとリトルインディア

おしゃれな店舗やウォールアートが目立つハジレーン

シンガポールのカラフルなウォールアートを楽しむならハジレーン(Haji Lane)がおすすめです。MRTブギス(Bugis)駅の近くにあり、おしゃれなカフェやレストランが立ち並び、いつも若者で賑わっています。色鮮やかなウォールアートが目立ち、狭い路地が入り組みどの道にも様々なウォールアートが施されているため、隅々までチェックするのを忘れないようにしてくださいね。近くにはアラブストリートもあるため、観光名所として、シンガポールに旅行で訪れている多くの観光客が来る場所です。カラフルなカフェに入ってコーヒーや紅茶で一息つくのにもってこい。インスタ映えの写真が沢山撮れること間違いなしです。

カラフルでおしゃれなお土産ならリトルインディア

シンガポール屈指のインスタ映えスポット、リトルインディア(Little India)。MRTのリトルインディア駅が目印で、降りるとすぐにシンガポールの街並みとは一点、まるでインドに来たような異世界感を感じられます。カラフルな雑貨をリーズナブルな価格で購入できるのもリトルインディアの魅力。ところどころに立ち並ぶ様々な寺院は外から見るだけでも圧巻のデザインです。またインド料理のレストランも多いため、本場の味を確かめてみたい方はぜひ立ち寄ってみてください。

マリーナベイエリア

ホテル宿泊者限定!マリーナベイサンズのインフィニティ・プール

携帯電話会社のCMで話題になったインフィニティプールは、シンガポールへ旅行に来たら外せない観光名所。世界中の有名人やセレブが訪れる、マリーナベイ・サンズホテルの宿泊者限定で立ち寄ることが出来るスペシャルなプールです。プールに入ってシンガポールの街並みを眺めながら、素敵な1枚をカメラに収めましょう。

■マリーナベイサンズ
住所:10 Bayfront Ave, Singapore 018956
最寄駅:MRTベイフロント(Bayfront)駅
営業時間:06:00〜23:00
URL:https://www.marinabaysands.com/sands-skypark/infinity-pool.html

マリーナベイサンズのスカイパーク展望台

マリーナベイ・サンズに来たら一度訪れて見て欲しいのが「スカイパーク展望台」。地上200メートルから、シンガポールの絶景を360度のパノラマビューで堪能出来ます。スカイパーク展望台はホテル宿泊者じゃなくても訪れることができます。

夜に最適!マリーナベイを周遊するリバークルーズ

少しリラックスして、落ち着きながらシンガポールの街並みを楽しみたい方は、シンガポール伝統のバムボートに乗ってマリーナベイを堪能できるリバークルーズへの乗船がおすすめ。1周40分のリバークルーズに乗船して、シンガポールの歴史とともに風景を堪能できます。時間を合わせれば、マリーナベイサンズで1日行われるライトショー「SPECTRA」を楽しむこともできます。


・営業時間:(毎日)09:00〜23:00。最終出発は22:30。30分ごとに出発。レーザーショークルーズ乗船は19:30と20:30の1日2回。
・料金:
<通常のリバークルーズ>(大人)25SGD(子供)15SGD
<レーザーショークルーズ>(大人)38SGD(子供)22SGD

世界最大級の観覧車「シンガポールフライヤー」

マリーナベイを一望できる世界最大級の観覧車「シンガポールフライヤー」への乗車が人気です。夕方に乗車してタイミングが良ければ、綺麗な夕焼けを見ることが出来ます。シンガポールフライヤーは常に長蛇の列なので、時間に余裕を持って行くことをおすすめしています。


■「シンガポールフライヤー」(Singapore Flyer)
住所:30 Raffles Ave, Singapore 039803
最寄駅:MRTプロメナード(Promenade)駅
TEL:(+65) 6854 5200
営業時間:08:30〜22:30。最終乗車時間は22:15。
料金:(大人)33SGD(子供)21SGD(シニア)24SGD

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事