海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >シンガポール >シンガポール >カラフルな町並みにひと目ぼれ!シンガポールのレトロ&ポップなスポット巡り

カラフルな町並みにひと目ぼれ!シンガポールのレトロ&ポップなスポット巡り

2019年01月25日

多民族国家シンガポールには、中華系・インド系・マレー系など、多種多様な文化を感じられるスポットがいっぱい。なかでも、いま人気のフォトジェニックな場所を『arucoシンガポール2019〜2020』よりピックアップ。女子旅が一層盛り上がる楽しいフォトツアーへいざ出発!

旧警察署をリノベしたおしゃれなクラシック建築に注目

5色に塗り分けられた窓枠が目をひきます

カラフルな窓枠がとってもキュートなこちらの建築は、1934年に警察署兼宿舎として建てられた「オールドヒル・ストリート・ポリス・ステーション」。いまは情報通信芸術省が入っていて、1階部分を中心にアートスペースも併設しています。

■ オールドヒル・ストリート・ポリス・ステーション Old Hill Street Police Station
arucoシンガポール2019〜2020』P.21に掲載中

上品にライトアップされた夜の外観も必見!

見ているだけで気分がアガる虹色のお屋敷へ

極彩色に目が釘付けになるド派手なお屋敷へ

シンガポールにいながらインドを感じられるエキゾチックなエリア「リトル・インディア」をお散歩していると目に入る、鮮やかな建築。これは「タン・テンニア邸」という1900年に中国人事業家が建てた屋敷。窓枠や手すりなど、細部まで細かく彩色され、まるでおもちゃの家のよう!

■タン・テンニア邸 Residence of Tan Teng Niah
arucoシンガポール2019〜2020』P.21に掲載中

細部にいたるまでかわいらしいプラナカン建築

玄関の装飾に使われているプラナカン・タイルもキュート!

美しいプラナカン・ハウスが残る「カトン」エリアには、中国やマレー、ヨーロッパの文化がミックスした独特のスタイルの建築が建ち並ぶストリートがあります。「クーン・セン・ロード」という道で、パステルカラーの外観が愛らしい家々はいまも実際に住居として使われています。住人の迷惑にならないように撮影を楽しみましょう。

■クーン・セン・ロード  Koon Seng Road
arucoシンガポール2019〜2020』』P.20に掲載中

シンガポールならではのフォトジェニックな建築を巡る旅はいかがでしたか?『arucoシンガポール2019〜2020』には、このほかにも人気の壁画や、旬のデジタルアートなど、写真を撮るのが楽しくなる女子旅スポットを紹介しています。SNSにアップして、「いいね!」をたくさんもらっちゃいましょう♪

aruco編集部 福井由香里
写真 ©iStock

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 aruco 22 シンガポール 2019年~2020年版

地球の歩き方 aruco 22 シンガポール 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,200円+税
発行年月: 2019年01月
判型/造本:A5変並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-82284-5

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事