海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >シンガポール >シンガポール >シンガポールで絶対行きたいおすすめレストラン3選

シンガポールで絶対行きたいおすすめレストラン3選

2016年07月11日

シンガポールおすすめレストランの料理

シンガポールは、B級から高級までおいしいものがたくさんあるグルメ天国です。その中で今回は、シンガポールで絶対行きたい定番の人気レストランを3つご紹介します。

レッド・ハウス・シーフード
レッド・ハウス・シーフード
まず、最初にご紹介するのは「レッド・ハウス・シーフード」です。
このレストランは、ロバートソンキーとプリンセプ通りの2か所にお店がありますが、今回取材したのはプリンセプ通りのお店です。ロバートソンキーのお店は、オープンエアーでシンガポール川に面しており、こちらの方が人気があります。ただし、いつも混雑していますので、比較的すいていて落ち着いて食事ができるプリンセプ通り店も悪くはありません。もちろん、料理は同じです。


マテ貝のスチームガーリック添え

ここのシーフードはとにかく新鮮でおいしいです。
まずは、このお店の名物の一つ、マテ貝のスチームガーリック添えです。
日本でも九州や山口県を中心に食べられているマテ貝ですが、それ以外の地域の人には馴染みのない食材かもしれません。
ソフトな歯ごたえがあり、ほんのり甘味を感じます。くせ、臭みなどは全くありません。やみつきになるおいしさです。

海老のグリル

ガーリックが効いたエビのグリル、チリソースを付けて食べると最高です。

帆立貝とブロッコリーの炒め物

帆立貝とブロッコリーの炒め物。この帆立貝、新鮮でサクサクした歯ごたえがあり、絶妙の塩加減ですばらしいお味でした。産地はわからないのですが、もしかしたら北海道産かもしれませんね。

チリクラブ

やはり、シンガポールのグルメと言えばチリクラブですね。身がぎっしり詰まったノコギリガザミを、エプロンをして手を汚しながら豪快にいただきましょう。カニの甘味、旨味にスパイスの効いた甘辛いソースが絡んで絶妙な味わいです。写真の左上にちょっと写っている、マントウという揚げパンにソースを付けて食べたり、このソースをチャーハンにかけたりと、2度、3度楽しめる逸品です。

チャターボックス

続いては、マンダリンオーチャードホテル内にある「チャターボックス」です。屋台や街中のお店で食べるのとはちょっと違う、レベルの高いローカルフードが食べられるお店です。

豆乳 ホット
豆乳 アイス

飲み物でお勧めは豆乳。ホットはポットに入って出てきます。2~3杯分はあります。アイスの方は、細かいゼリーが入っていて、ほんのり甘みがついています。
豆臭さがなく、あっさりした飲みやすい豆乳です。
(いずれも9シンガポールドル)

チキンライス 胸肉
チキンライス モモ肉
チャターボックスと言えば、やはりチキンライスですね。
海南鶏飯(ハイナンチキンライス)は、シンガポールの代表的なローカルフード。その発祥を巡っては、シンガポールとマレーシアが双方発祥国であると主張し、国家間の争いになっているほど庶民に親しまれている料理です。
何度もベスト・チキンライス賞を受賞している、チャターボックスのチキンライスは、柔らかくジューシーな鶏肉を使用しており、臭みもなく、上品な味わいです。
胸肉かモモ肉を選ぶことができます。胸肉はあっさりしていますがパサついた感じはありません。脂分が少なくヘルシーです。モモ肉はジューシーで、ややこってりしています。どちらもおいしいので、お好みで選んでください。
(27シンガポールドル)


ソルテッドエッグ・チキン・ウイング

こちらの「ソルテッドエッグ・チキン・ウイング」もお勧めです。ローストした手羽先に味付けした卵を絡めたものです。もともと肉は少ないものの旨味の強い手羽先に卵のコクが加わり、さらに絶妙な味付けで、いくらでも食べられます。ビールのお供に最適です。
(20シンガポールドル)

この他、ラクサ、チキンカレー、ロジャックなど様々なローカルフードが揃っています。

ココナッツアイスクリーム

デザートは、「ココナッツアイスクリーム」がお勧めです。見た目のインパクト、ボリュームがすばらしく、旅先の思い出の一皿として最適の一品です。
ココナッツの殻の中には、たっぷりココナッツ風味のアイスクリームが詰まっており、クルミ、ライチ、チョコレートがその上に乗っています。
(12シンガポールドル)

スーパーツリー・バイ・インドシン

最後は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの中心にある広場「スーパーツリー・グローブ」の真ん中にある一番大きなスーパーツリーの上にあるレストラン、「スーパーツリー・バイ・インドシン」です。

スーパーツリー・バイ・インドシン

スーパーツリーの幹の部分にある入口から入り、ガラスの器が展示されているスペースを過ぎるとエレベーターがあります。このエレベーターで、スパーツリーのてっぺんまで一気に昇ります。

スーパーツリー・バイ・インドシン

レストランの内部は円形になっており、大きな窓からはシンガポールの夜景が見渡せます。

エビの生春巻き

メニューは無国籍料理です。定期的にメニューが変わります。
写真は、エビの生春巻き(16シンガポールドル)です。
ナッツが効いたちょっとピリ辛のソースをつけていただきます。

黒豚のオードブル

取材に訪れた際は、鹿児島産黒豚を使った料理のキャンペーン期間中でした。黒豚のばら肉をミルフィーユ状にして衣を付けて揚げたものにマヨネーズとトビコが乗っています。(24シンガポールドル)

ガーデンサラダ

アーティチョークや半熟卵が入ったサラダです。(20シンガポールドル)

黒豚のグリル

こちらも、鹿児島産黒豚の料理です。日本の食材をニョクマムやスイートチリでアジアンテイストに味付けした、まさにフュージョンな一品です。(36シンガポールドル)

ルーフトップバーへの階段

レストラン内から階段を登って行くと、スーパーツリーの一番上の部分に出ることができます。

ルーフトップバー

そこは、ルーフトップバーになっています。
レストランで食事をすれば、ドリンク等を注文せず、景色を眺めるだけでもOKです。写真も自由に撮れます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー