海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >台湾 >ペンフータオ(澎湖島) >台湾の美しき離島、澎湖(ポンフー)の歩き方。リゾート気分満点!

台湾の美しき離島、澎湖(ポンフー)の歩き方。リゾート気分満点!

2020年06月07日

ダブルハートで有名な七美嶼 ©iStock

台湾には絶景を楽しめる離島が点在しています。それぞれ個性豊かで、独自の文化と秘境のロマンが味わえます。なかでも澎湖(ポンフー)はいちばん規模が大きく、インフラもしっかりしているので、初めての台湾離島旅におすすめ。国内線航空機への乗り換えがあると思うと、週末に訪れるのはハードルが高そうですが、その気になれば意外と簡単に行けてしまいます。それでは、2泊3日の澎湖のバーチャル旅行に出発です!

【はじめに】2020年6月7日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。

世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

まずは澎湖について下調べ

夜は観光客でにぎわう馬公市中心部

澎湖(ポンフー)は、台湾本島から50kmほど西の海上に位置しています。大小90余りの島々で構成され、そのうち最大の島が澎湖島です。その次に大きい白沙島と漁翁島とは橋でつながっていて、おもな見どころはこの3島に点在しています。行政の中心地は澎湖島の馬公市(マーゴンシー)で、澎湖縣の人口は約10万人。

ダブルハート(雙心石滬)で有名な七美嶼など、周辺に点在する小島は、アクセスに難がありますが、その分手つかずの美しい自然が残っています。美しい海と珊瑚礁に囲まれた澎湖は、ビーチや奇岩観賞、新鮮な海の幸を楽しめるアイランドリゾートとして大人気です。

中秋節以降は季節風が強くなり、天気も荒れがちなので、台湾人の間では、春から中秋節の間に訪れるのがいいとされています。

澎湖の歴史は深く、台湾侵攻の足がかりとなる軍事拠点として元、明、オランダなどから重要視されていました。台湾のなかでもいち早く中国大陸からの移住が開始された場所でもあります。古い町並みや史跡が多いので、歴史好きな人も満足できることでしょう。

【1日目】台湾入国後、国内線で澎湖空港へ

台北からの飛行時間は約45分

日本から澎湖への直行便はありません。澎湖と結ぶ国内線は、台北(松山)、高雄、台中、台南、嘉義、金門島から発着しています。

高雄(通年)と嘉義(4~9月のみ)からは船も運航しています。

澎湖に到着。まずはホテルへ

まず荷物を置きましょう

到着すると、ホテルの車が待っています。澎湖の多くのホテルが空港まで無料で送迎してくれます。送迎がない場合は、市バスを利用します。

今回泊まるのは、澎湖長春大飯店。町の中心部にあり、観光や食事に便利です。日本語堪能なオーナーが経営する旅行会社の系列で、現地ツアーの相談にものってくれます。

■澎湖長春大飯店
・URL: https://www.everspring-hotel.com.tw/

澎湖の交通事情

市バスもあるが効率的な移動には不向き

澎湖島は見どころが広範囲に散らばっています。観光はホテルで車を手配するか、観光バスの台湾好行バス、一般の市バス、レンタルバイクのどれかを利用することになります。

台湾好行バスは、地方の観光スポットを回る地元のバス会社が運営する観光バス。台湾各地で運航していますが、澎湖はほかのエリアと違い、各スポットで一定時間停車するので、ツアーバスとして利用できます。1日券は350元。1日1便運行です。

■台湾好行
・URL: https://www.taiwantrip.com.tw/(日本語あり)

ガジュマルに覆われた通梁保安宮

廟の境内をガジュマルが覆いつくしている

ホテルに荷物を置いたら、さっそく観光へ! 

今日はタクシーをチャーターして、澎湖メイン3島の見どころを回ります。 陽射しが強いので、帽子や日焼け止めなど、UV対策を忘れずに。馬公の町にはドラッグストアやコンビニ、ダイソーまであるので、日用品を忘れた場合は現地購入も可能です。

準備ができたら、白沙島の端にある、通梁保安宮へ。樹齢300年を越えるガジュマル(榕樹)が成長し、廟の境内を覆いつくす様子は圧巻。自然のパワーを感じます。強い日差しをさえぎる天然のアーケードとして地元の人の憩いの場になっています。

■通梁保安宮(トンリアンバオアンゴン)
・住所: 澎湖縣白沙郷通梁村149
・TEL: (06)921-1652
・営業時間: 24時間
・料金: 無料
・交通: 「通梁古榕」バス停下車

サボテンアイスでひと休み

周辺には、澎湖島名物のサボテンアイスを売る店が並んでいます。鮮やかなピンク色はサボテン独自の色。みずみずしくて、さっぱりした味です。

■自由冰店
・住所: 澎湖縣白沙郷通梁村39-1
・TEL: (06)993-1188
・営業時間: 8:00~21:00
・URL: http://freeice.idv.st

澎湖のシンボル、跨海大橋で記念撮影

青い空に白いアーチが映える

通梁保安宮のすぐ近く、白沙島と漁翁島を結ぶ全長2600m跨海大橋(クアハイダーチャオ)の前は、人気の記念撮影スポット。撮影するときは、車とバイクに気を付けてください。

澎湖の伝統家屋が残る二崁傳統聚落保存區を散策

壁にサンゴが使われている

明代末期に移住してきた陳一族の村で、建築資材にサンゴを使う澎湖の伝統的な家並みが保存されています。現在も人が住んでいる家もあります。ショップやカフェに利用されている家屋もあるので、のぞいてみましょう。

■二崁傳統聚落保存區(アルカンチュアントンジュールオバオツンチュー)
・住所: 澎湖縣西嶼二崁村二崁古厝群聚
・営業時間: 9:00~17:00
・交通: 「二崁聚楽」バス停下車

美容と健康にいい杏仁茶

陳一族の末裔が営むカフェで、杏仁茶をいただきます。

■二崁杏仁茶館(アルカンシンレンチャーグアン)
・住所: 澎湖縣西嶼郷二崁村20號
・TEL: (06)998-3891
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 無休
・URL: http://erkantea.magong.com.tw/

伝統的な製法で作る蚊取り線香

店先で天日干ししているのは、澎湖で三宝と呼ばれる天仁菊、山芙蓉、ヨモギで作ったお香です。

■二崁傳香(アルカンチュアンシアン)
・住所: 澎湖縣西嶼郷二崁村24號
・TEL: (06)998-1698
・営業時間: 8:30~19:00
・定休日: 無休

ユニークな地形の大菓葉柱狀玄武岩を見学

澎湖諸島の海岸で多く見られる独特の地形

さらに車を走らせて、大菓葉柱狀玄武岩へ。溶岩が冷え固まって六角形の棒状のひび割れが発生する「柱状節理」を見ることができます。


■大菓葉柱狀玄武岩(ダーグオイエヂュウヂュアンシュアンウーイエン)
・住所: 澎湖縣西嶼郷池東村10號
・TEL: (06)921-6521
・営業時間: 24時間
・定休日: 無休
・料金: 無料
・交通: 「大菓葉玄武岩柱」バス停下車

海割れを見に奎壁山赤嶼地質公園へ

「モーゼの海割れ」として親しまれている

干潮の時間に合わせて、澎湖島の西にある奎壁山赤嶼地質公園へ。ここでは、海で隔てられている向かいの小島への道が干潮の時間だけ出現する「トンボロ現象」を見ることができます。

■奎壁山赤嶼地質公園(クイビーシャンチーユィーディーヂーゴンユエン)
・住所: 澎湖県湖西郷北寮村奎壁山
・TEL: (06)921-6445
・営業時間: 24時間
・定休日: 無休
・料金: 無料
・交通: 「北寮終点站」バス停下車

ディナーは新鮮そのものの海鮮料理

澎湖に来たら海鮮料理

観光を終えて馬公に戻ったら、夕食を食べに出かけましょう。澎湖で獲れる魚介のおいしさは、台湾全土で知られています。馬公には生けすから選んだ魚を好みの調理法で出してくれる海鮮料理店がたくさんあります。

■來福海鮮餐廳
・住所: 馬公市新村路23號
・TEL: (06)926-2249
・営業時間: 11:00~14:00、16:30~21:00
・定休日: 無休
・カード: JCB マスター VISA
・URL: https://www.facebook.com/pages/來福海鮮餐廳/178660918838849/

■長進餐廳
・住所: 馬公市民族路9號
・TEL: (06)927-1686
・営業時間: 11:00~14:00、17:00~21:00
・定休日: 無休
・カード: JCB マスター VISA
・URL: https://www.facebook.com/pages/長進海鮮餐廳/124833627585925/

【2日目】船に乗って絶景の小島へ

船で出発!

2日目は絶景に出合える七美嶼と望安嶼、ふたつの小島を訪れます。馬公の南海旅客中心から複数のツアー船が運航されています。

ダブルハートが見られる七美嶼

魚を捕るためのしかけと考えられている ©iStock

七美嶼(チーメイユィー)は澎湖最南端の小島です。船を降りたら、港の前で電動自転車を借りましょう。事故を起こさないよう運転は慎重に。ツアーの場合は車が待機しています。ダブルハートの雙心石滬(シュアンシンシーフー)は港の反対側、島の北東端にあります。

解放感たっぷり

ツーリングを楽しみながら港へ戻ります。

絶景が広がっている

海岸沿いには「小台湾」「望夫石」などの奇岩があります。

360度の絶景を楽しめる望安嶼

天台山からの眺め。サボテンが自生している

望安嶼(バオアンユィー)はところどころに古い石造りの集落が残っています。島の西側にある天台山からは、360度に広がる空と海がおりなす絶景パノラマを楽しめます。七美嶼と同様、港の前にレンタルバイク店があります。

ここでしか食べられない海産物も

ランチは望安ならではの海鮮料理を味わいましょう。この店は、事前に予約をしておけば、地元の食材を使った料理をひとり200元程度のコースで出してくれます。

■岩川観光養殖休閒中心
・住所: 澎湖縣望安郷中社村60-2號
・TEL: (06) 999-1440
・営業時間: 完全予約制
・定休日: 無休
・カード: 不可

馬公の町を散策

レトロな雰囲気の中央老街

小島のツアーから戻ったら、澎湖島の中心である馬公の見どころ回りましょう。中央老街は、澎湖島が開拓された際に最初に開発されたという歴史ある市街地。おみやげ店が並び、夜はランタンに灯がともって雰囲気がアップします。

昔はここから生活用水をくみ上げていた

老街の中ほどにある古蹟、四眼井(スーイエンジン)は、明代に作られた井戸です。

台湾最古の媽祖廟「澎湖天后宮」

台湾の第一級古蹟に指定されている

明代の1590年に建てられた媽祖廟は、開拓時代からの信仰のよりどころ。馬公の町はこの廟を中心に発展したといわれています。台湾本島の色鮮やかな廟と比べて地味な印象を受けるのは、大陸から来た職人によって建てられたため。

廟内には、明朝の将軍 沈有容がオランダ人を追い払ったということを記録した台湾最古の石碑「沈有容諭退紅毛番韋麻郎」があります。

■澎湖天后宮(ポンフーティエンホウゴン)
・住所: 馬公市正義路1號
・TEL: (06)926-2819
・営業時間: 7:00~17:00(夏季~19:00)
・定休日: 無休

人気ローカル食堂にてディナー

ほんのり甘味のあるスープ

地元で大人気の食堂へ。人気の排骨餛飩麵(150元)は揚げたスペアリブが入ったワンタン麵。麺は意麺、米粉(ビーフン)、冬粉(春雨)の3種類。地元の人と相席で、ローカル気分を満喫。

■福台排骨麵(フータイパイクーミエン)
・住所: 馬公市民族路40號
・TEL: (06)927-3397
・営業時間: 16:00~22:30(不定)
・定休日: 不定休
・カード: 不可

【3日目】最終日は早起きして朝食街へ

できたての朝食をいただく

樹德路と民生路に挟まれた文康路はおいしい朝食店が集まる通り。作りたての豆漿や揚げたての油條など、伝統的な中華風の朝食を楽しめます。燒餅のサンドイッチ、モツスープの牛雑湯も有名です。以下は特に人気の店です。

■益豐豆漿(イーフォントウジャン)
・住所: 文康街48號
・TEL: (06)926-1184
・営業時間: 5:30~11:00
・定休日: 無休

■鐘記燒餅(ジョンジーシャオビン)
・住所: 馬公市文康街37-1號
・TEL: (06)926-0700
・営業時間: 6:00~11:00
・定休日: 無休
・URL: https://www.facebook.com/鐘記燒餅-477591435661034

■北新橋牛雑湯(ベイシンチャオニュウザータン)
・住所: 馬公市文康街34號
・TEL: (06)927-0549
・営業時間: 5:40~11:30
・定休日: 無休
・URL: https://www.facebook.com/pages/北新橋牛雜湯/130985990375254/

大人気のピーナッツクッキーをお土産に

老若男女に喜ばれるお土産

空港へ向かう前に、澎湖名産のピーナッツクッキー、花生酥をゲット。ピーナッツの濃厚な香りと素朴な甘さがお茶請けにぴったりの、いま台湾通の間で人気急上昇中のお土産です。

■正一食品店(ヂォンイーシーピンディエン)
・住所: 馬公市惠安路6號
・TEL: (06)927-3008
・営業時間: 7:30~22:00頃
・定休日: 無休
・URL: https://www.facebook.com/zhengipeanut

お疲れさまでした!

帰国前においしい物を食べる時間を考慮して、少し早めに台北へ出発

2泊3日の澎湖の旅、いかがでしたか? リゾート気分満点の澎湖はひとり旅でも家族旅行でも楽しめます。実際に目の当たりにする景色は、写真よりずっとすばらしいので、ぜひいつか澎湖を訪れてみてください。

TEXT:谷口佳恵
PHOTO:itock、谷口佳恵

≫≫≫ 台湾旅行に役立つ記事はこちら

※本記事の観光関連情報は2020年4月27日現在のものです。

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2020年6月7日現在、台湾への日本からの観光目的の渡航はできません。渡航についての最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL:  https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版

地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2020年03月
判型/造本:A5変並製
頁数:416
ISBN:978-4-478-82467-2

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

台湾の現地ツアー