海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >アジア >台湾 >タイチョン(台中) >まるでおとぎ話の世界!アイスクリームもお土産も人気の「宮原眼科」

まるでおとぎ話の世界!アイスクリームもお土産も人気の「宮原眼科」

2015年10月19日

まるで絵本のような世界に包まれる「宮原眼科」の店内

台北、高雄に続く台湾第3の都市と言われる台中。台中にもたくさんの観光スポットがありとても人気のある場所です。今回はその中でも台中の新たな名所として名高い「宮原眼科」をご紹介します。

日本統治時代に建てられた台湾鉄道の台中駅

台北から台中までは高速鉄道(新幹線)を利用すれば約1時間ほどで到着します。新幹線の台中駅から台中市内までは少し距離があるため、バスまたは台湾鉄道に乗り換えて、台中中心部にある台湾鉄道の台中駅まで移動します。

宮原眼科の外観
台湾鉄道の台中駅から「宮原眼科」までは徒歩5分ほどで到着します。

「宮原眼科」と言う名前が不思議に聞こえるかもしれませんが、こちらはパイナップルケーキやアイスクリームを販売するお店です。
宮原眼科の建物は日本統治時代に宮原さんという日本の方が開いた本物の「宮原眼科」だったからです。その後、宮原眼科閉鎖後も「台中市衛生院」としてこの建物を利用していました。その後、衛生院が閉院後も赤レンガの建物だけは残されており、現在その建物を台中のチーズケーキの有名店「日出」グループが買い取り、改装してスイーツなどを販売するお店「宮原眼科」をオープンさせました。
現在は眼科ではありませんが、名前にはしっかりとした由来がありました。


中に入るとまるでおとぎ話のような世界感

店内に入って最初に目に留まるのは天井まで高く続く本棚のデザイン。とてもかわいくてまるでハリーポッターの世界に来たかのような気持ちになります。

台湾全土、世界中から写真を撮りに来る人でにぎわいます

素敵な店内は写真撮影のスポットとしても大人気で、世界中からお客さんが訪れます。

店内には様々な商品やスイーツが販売されています

宮原眼科の中にはいくつかのコンセプトの違うお店が入っています。
まずは「宮原眼科冰淇淋」。台湾名産物をたっぷり使用したこだわりのアイスクリームを販売するお店です。ほとんどのお客さんがこのアイスクリームを食べるために訪れ、長蛇の列になっています。
「宮原珍奶」はタピオカミルクティーなどの飲み物を販売するお店。
「宮原巧克力」はこだわりのチョコレートを販売しています。
また日の出グループの出発点、「日出」というチーズケーキやパイナップルケーキを販売するお店の「宮原店」が入っています。

おしゃれなお土産用のお茶の入れ物
タッセルが付いたかわいいデザインの箱

なんといってもこちらのこだわりの商品たちは味だけでなく見た目も美しいです。どこにも見たことのないようなデザインの箱や入れ物は見ているだけでうっとりしていまいます。

ナッツやキャラメルなどのお菓子類もあります

さまざまなコンセプトによって作られているお菓子の箱は、例えば本のようになっていたり、CDケースのようになっていたりとおしゃれでおもしろいアイデアが溢れています。大切な人へのお土産に購入すればきっと喜ばれること間違いなしです。

アイスクリーム購入に並ぶ行列
「宮原眼科冰淇淋」というアイスクリーム店はその場で食べられるアイスクリームを販売しています。台湾で採れる厳選された食材たちを使ったアイスクリームはとても評判でアイスクリームを買い求める人で長い行列になっています。この日も1時間待ちとのことで泣く泣くあきらめました。


「酔月樓」サロンへ続く階段

アイスクリームが食べられなかったことを残念に思いながらお店を散策していたところ「酔月樓沙龍」という2階のサロンなら並ばずに同じアイスクリームが食べられると教えてもらい、そちらへ行ってみることに。店内の長い階段はサロンに行く人だけが上がることが出来る階段です。

2階の「酔月樓沙龍」

サロンでは食事や1階で販売されているアイスクリームはもちろん、タピオカミルクティー、チーズケーキなど宮原眼科で販売されているスイーツをいただくことが出来ます。ただしこちらのサロンは最低消費量が1人400元(約1500円)ほどと決まっているためご注意ください。

店内はサロンの名にふさわしくとても美しいインテリアで飾られており、またサロンを利用した人たちは1階の商品はこちらで全て選んで購入し、食事と一緒に会計してお土産も2階で受け取ることができると言うサービスまであります。1階の売り場はとても混雑しているので列に並ばず欲しいものをゆっくりと考えることが出来るのはとてもありがたいです。

「酔月聖代」450元は宮原眼科冰淇淋のアイスがたっぷり。

宮原眼科冰淇淋のアイスクリームが食べたいという人には「酔月聖代」がおススメです。すごいボリュームながら宮原眼科冰淇淋のアイスクリームを思う存分堪能できます。

「宮原珍奶」のタピオカミルクティー230元
「宮原珍奶」のタピオカミルクティーなども味わうことが出来、ミルクティー、タピオカ、シロップは全て別々に出てきます。お好みの味わいを自分で調節できる飲み方はサロンでしか体験できません。

この日は偶然2階のサロンは空いていましたが、人気の為、予約なしでは入れない日もあるそうなのでご注意ください。

2013年には近くに新しい店舗がオープンし、そちらは1966年に建てられた「台中市第四信用合作社」の建物を利用しているそうです。お店の名前も「台中市第四信用合作社」だそうです。そちらでも様々な趣向を凝らした食べ物が味わえるそうなので合わせて行きたいですね。

台中はおしゃれなカフェやお店などが集まる注目の都市です。台北観光だけでは物足りないという人は是非台中にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

【データ】
店名:宮原眼科(Miyahara)
住所:台中市中區中山路20號
営業時間:10:00~22:00
URL:www.miyahara.com.tw/


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

台湾の現地ツアー